未分類

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

投稿日:2017年5月17日 更新日:

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。

現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。

しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動を始める必要が出て、途方に暮れるかもしれません。

フリーターの就職活動は困難が予想されます。

どういう職種なら採用されやすいのかを知っておかないと、無駄な時間を過ごすことに、就職活動が長期化してしまいます。

そうならないためにも、本記事では、フリーターが正社員になりたい時のおすすめの職種3つをご紹介していきます。

フリーターの就職環境は厳しい

ご存知の通り、就職市場の中心は新卒です。

また、転職市場においては、正社員での就業のみが職歴とされ、フリーターでの職歴は履歴書上ではなかったものとされます。

そのため、フリーターが就職活動をする時には、働いていたにも関わらず、ニートと同じ土俵に立つことになります。

もちろん、面接まで行けば、アルバイト経験をアピールできるのですが、そこまでたどり着くのが大変で、書類選考で落とされることが多いことは覚えておきましょう。

また、新卒採用の様に一斉に就職活動を行うわけではないので、大抵の場合、一人で就職活動を行います。

情報交換を行う相手がいないので、選考に落ちた場合に何がいけなかったのかと客観的な意見をもらうことや、どういった企業なら選考を通過しやすいのかといった情報を得ることができません。

孤独な戦いは精神をすり減らしますので、挫けて就職活動を止めてしまう人もいます。

フリーターは、就職サイトのエージェントや、ハローワークの相談員を上手く利用することをおすすめします。

こうした状況を踏まえた上で、就職活動に臨みましょう。

以下では、フリーターでも正社員で採用されやすい職種を3つ具体的に紹介します。

1. 営業職

営業職と言っても様々ですが、フリーターが正社員として採用されやすいのは、専門的な知識が必要となる法人営業ではなく、自動車や保険、浄水器に化粧品といった個人向けの営業です。

個人向けの営業には、もちろん商品やサービスに関する知識が必要になるのですが、それよりも円滑なコミュニケーションを行う能力が重視されます。

コミュニケーションをより良く行うために、多くの営業員を確保しておく必要があるため、人出不足になりがちです。

ですので、フリーターでも正社員での就職がしやすいです。

特に、接客業を行っているフリーターは、接客能力があると見なされるので、採用される確率が高まるでしょう。

ニートでも営業マンになれる?営業職に向く人とは?


2. 販売職

営業職と似ていますが、店舗で商品やサービスを販売するのが販売職です。

こちらも営業職と同じく、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

特に、アパレルや化粧品、家電関係の販売職は、お客さんと話す時間が比較的長いですので、コミュニケーションもさることながら、豊富な業界知識、製品知識も必要となってきます。

販売職の仕事の種類が幅広く、求人数も多いという特徴もあります。

また、学歴を問わないことも多いですので、フリーターであることが不利にはなりません。

フリーターでの経験もそのまま活かせることが多いので、フリーターにも正社員のチャンスが大いにあります。

保育士から1年のニート期間を経て販売業へ!その道のりとは?

3. 介護職

介護職は人出が足りないことで有名です。

高齢者や障がい者の生活を支える仕事で、コミュニケーション能力も問われますが、それよりも体力が必要になります。

介護職になる人の多くが、介護業界で働くのが初めてという人ですので、フリーターにも十分にチャンスがあります。

ただし、介護職で正社員になるには、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)という資格を取得した方がよいでしょう。

介護職員初任者研修はスクールに通学しなければなりませんが、まともに通っていれば誰でも取得できる資格です。

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

まとめ

フリーターの就職活動は厳しいものですが、正社員になることは不可能ではありません。

フリーターでも正社員になりやすい職種を狙って、できる限り早くフリーターから抜け出しましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

ニートの多くは、ホワイト企業へ就職できるのだったら働いてもよいと考えているのではないでしょうか。 しかし、ホワイト企業は、ニートに限らず人気の高い企業ですので、競争率が非常に高く、ニートには狭き門とな …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

元専業主婦・職歴なし女性が就職するために有効な3つの選択肢、おすすめの仕事

働いた経験がないまま結婚して専業主婦をしていた女性も多いことでしょう。 そうした女性が離婚などで働く必要が出てくると、どうやって就職すればよいものかと途方に暮れてしまう人もいます。 そういった女性は職 …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。 大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。 そこで、本記事では …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …

チャンスはまだある!ニート女子が就職するために大事なポイント4つを解説

家事手伝いという言葉に隠れて、女子のニートも数多くいます。 ニートというと男性のイメージが強いので、一般的なニート対策も男性向けのものが多くなっており、女子のニートはなかなか参考になるものがあまり見当 …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …