未分類

ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

投稿日:2017年7月17日 更新日:

ニートの多くは、ホワイト企業へ就職できるのだったら働いてもよいと考えているのではないでしょうか。

しかし、ホワイト企業は、ニートに限らず人気の高い企業ですので、競争率が非常に高く、ニートには狭き門となっています。

それでもホワイト企業への就職にこだわりたいという人向けに、ホワイト企業の特徴や具体的な探し方、どういったことに気を付けて就職活動をするべきかについてご紹介します。

ホワイト企業の特徴3つ

まず、ホワイト企業とはどういった企業なのかを知りましょう。

ホワイト企業とは、福利厚生が整っていたり、離職率が低かったり、休日が多かったりと社員を大事にしている会社のことです。

明確な基準があるわけではありませんが、若手社員の定着率、有給休暇の取得率、女性の採用率、育児休暇取得率などが目安として挙げられます。

仕事上の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

1 ノルマが合理的

1つ目は、ノルマが合理的なことです。

ブラック企業は達成不可能なノルマを社員に課しますが、ホワイト企業は実現可能で合理的なノルマを設定します。

そもそもノルマが存在しないこともあります。

ノルマが合理的、あるいはないことで、社員は伸び伸びと働くことができます。

2. 残業が少ない

2つ目は、残業が少ないことです。

ブラック企業は人手不足のことが多く、残業が常態化しています。

家に帰れないなんて話もよく聞かれます。

ホワイト企業は、残業が全くないとは言いませんが、適切に業務を分担しているため、残業は最小限に抑えられています。

3. 残業手当が出る

3つ目は、残業手当がちゃんと出ることです。

残業手当が出るのは本来当たり前のことなのですが、世の中には残業代を出さなかったり、タイムカードを早めに押させて残業をしていないことにしたりして、人件費を減らそうとする会社が少なからずあります。

ホワイト企業は働いた分はちゃんと手当を出すという当たり前のことを当たり前にこなします。

ニートからのホワイト企業の探し方

大手企業だからホワイト企業だとは限りませんし、中小企業がブラック企業ばかりではありません。

ちゃんと求人票を確認することが大切です。

まずは年間休日を確認しましょう。

土日に祝日を加えると、およそ120日です。

暦通りに休める企業はホワイトと言えますので、年間休日は120日以上の会社を選びましょう。

次に、残業について確認します。

固定残業、みなし残業という言葉には気を付けましょう。

固定残業、みなし残業とは、外回りの営業など会社が残業時間を把握できないので、固定で残業を支払うという制度です。

固定残業(30時間)という表記であれば、30時間分を予め給与として払うということです。

30時間を超えた分は通常の残業代を払わなくてはいけませんが、固定残業を悪く解釈する会社もあり、30時間を超えた分は全てサービス残業にしていることもあります。

また、固定残業制を採用している会社では、残業が枠内で収まることはほとんどありません。

30時間であれば、実際の残業は倍の60時間なんてことも珍しくありません。

固定残業、みなし残業であれば、避けた方が無難です。

求人票に、当たり障りの良い言葉があるかも確認しましょう。

例えば、夢、希望、やりがいといった言葉が並んでいることがあります。

そういった言葉があることは悪くはありませんが、本来書くべき業務内容がちゃんと書いておらず、当たり障りの良い言葉で空白を埋めている求人がけっこうあります。

ネガティブな業務内容をポジティブな言葉で胡麻化しているのです。

当たり障りの良い言葉を真に受けず、その裏側を読み取りましょう

求人票の記載だけでなく、求人票自体がどれだけ頻繁にアップされているかも確認しましょう。

何度も頻繁に求人票をアップするということは、人が定着していない企業ですのでホワイト企業とは言えません。

ホワイト企業は人が定着しているので、それほど頻繁に求人を出しません。

ハローワークであれば担当者に求人票のアップ頻度を確認しましょう。

また、転職サイトでは、複数のサイトを確認して、同じような求人がないか確認しましょう。

まとめ

ホワイト企業の特徴や探すときのポイントをご紹介しました。

中小企業や同族企業にもホワイト企業はありますので、一度偏見を捨てて、本記事でご紹介したポイントを参考にして、求人を探してみましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。 学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就 …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

第二新卒ニートからの転職活動!おすすめの職種、業界、有利な資格を紹介

新卒で1度就職したものの、訳あって離職し、第二新卒となってしまった人も多いのではないでしょうか。 そのまま疲弊し、ニート生活へ移行してしまっている人も中にはいるのではないかと思います。 しかし、近年、 …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。 大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。 そこで、本記事では …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …