ニート向けの仕事一覧

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


投稿日:2017年1月2日 更新日:

 

ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。

ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。

営業職にはどんな種類がある?

まずは、営業職にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

大きく2つに分けることができます。

新規開拓営業・飛び込み営業

新規開拓営業・飛び込み営業というのは、新しいお客さんを開拓していく仕事です。

例えば、薬の営業であれば、販売したい薬を実際に持ち、調剤薬局を回ります。

すでに安定した取引が継続している製薬会社がいるので、町の処方箋調剤薬局は営業が成り立っているのですが、その中に割り込む形で、「自社製品を置いてください」と、お願いしに行く仕事です。

ルート営業

あらかじめ会社が決めている地域を受け持ち、既にある顧客への新商品の提案や、製品の交換を積極的に提案していく仕事です。

例えば、数年に一度 、家の外壁の塗装を塗り替えてくださっているお客様のお宅へお伺いします。

「そろそろ外壁をお塗り替えの時期ではありませんか」と提案をしたり、

「数年前には開発されていなかったこんな塗料が、こういった価格です。」と説明をするのです。

営業職に合ったタイプはどんな人?

営業とはどんな仕事かは分かりました。

では、どんな人が営業職に合っているのでしょうか?

営業職に向いている2つのタイプを紹介します。

1. 人が好きであること

営業に向いた1つ目のタイプは人が好きであることです。

営業の仕事は物を売ることですから、そこにはいつもお客さんのニーズというものがあります。

人が好きだということは、会話のキャッチボールができることの土台です。

お客さんとの会話は楽しい話ばかりではありません。

お客さんの日々の生活や、業績の変化といった悩みを、信頼関係のもとに話して頂かなければなりません。

そこまで深い信頼関係を結べるようになるには、人が好きであることが必要なのです。

2. 打たれ強いということ

営業の仕事がハードな職種であるということを聞くことは多いと思います。

すべての職業はハードですが、営業の仕事が中でも特にそう言われているのは、会社にとって重要な役割を担っているからです。

どれ程素晴らしい製品を作り出しても、売れなければ意味がありません。

それがお客さんに買って頂けて初めて、会社には利益がもたらされます。

メーカーと言われるモノ作りの会社では、営業の仕事に配属される多くの新人はまず、工場の製造ラインをこの目で見ることを経験させられます。

これは、これから自分が売ることになる製品が、どれくらいの熱意と苦労で作り出されるのかをこの目で見て感じるためです。

しかし、どれだけ自分が会社の製品の素晴らしさを理解したとしても、その素晴らしさがすべてのお客さんに伝わるとは限りません。

時には、耳を塞ぎたくなるような言葉や態度を見せられる事もあるかもしません。

だからこそ、営業マンは何度も営業の仕方を工夫したり、お客さんとの信頼関係を構築するために努力できる打たれ強い心が必要なのです。

タフな心が必要になるのが営業という職種です。

ニートという時期を経て、これから営業職を目指したいと希望する人は、その時点で、営業職に向いているともいえます。

おそらく、人とのかかわり合いが本来好きな人なのでしょう。

そして、チャレンジの結果が目に見えて表れることに喜びを見いだせる、前向きな人なのでしょう。

 

あなたが営業に合っているのか?強みはなんなのか?を知りたい時には、下のリクナビのグッドポイント無料診断で分析してみることをおすすめします。

まとめ

営業の仕事内容は、その会社ごとにまったく異なります。

自分が興味のある会社で求められる営業の仕事内容を、説明会への参加や、電話や、メールでの「問い合わせ」欄の利用によって具体的に知っていく方法もおすすめできます。

自らコンタクトを取ることは、就活の中でも貴重な体験になります。

 

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

一発逆転が狙える!学歴が関係ない仕事5選

以前よりも緩やかになったとはいえ、世の中は依然として学歴社会です。 高学歴でないとなれない職業も多くありますし、大手企業であれば学歴がないと門前払いなんてことも珍しくありません。 ニートの中には学歴が …

転職に人気の職種ランキングトップ10

人気の職業といっても、転職活動を始めるにあたって、求人数が少ないものだとどうしようもないですよね。 新しい職に就くために資格取得の計画を立てている、など明確なビジョンがある人ばかりではないのも事実です …

空白期間も関係ない!ニートも募集している仕事4選

ニートの就職活動においては、ほとんどの企業は空白期間を問題視しますので、書類選考で落とされることがざらになってきます。 そのため、就職活動が長期化するのがほとんどです。 そうならないためにも、ニートで …

楽な仕事なんてないは本当?楽なお仕事につける方法と対策

今しているお仕事、もしくはこれまでについていたお仕事より楽なお仕事に就きたいと思っている方は多いと思います。 しかし、たいていの方は、楽なお仕事なんてないと考えていると思います。 しかし、それは大きな …

一番楽な仕事は大学職員!仕事内容、年収、待遇、大学職員になる方法を紹介

ニートに限らず、とにかく楽な仕事をしたいと考えている人がほとんどではないでしょうか。 しかし、楽な仕事は誰でもできるので、給料が安いことが多く、それだけでは生活できないということも少なくありません。 …

ニートにデータ入力の仕事はおすすめ?主な3つの仕事内容、条件・待遇、よくある質問

ニートの方で再就職を考えている方におススメのお仕事があります。 それはデータ入力のお仕事です。 データ入力と言っても勤務先により仕事の内容は様々です。 売り上げなどを入力する経理的なデータ入力もあれば …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

ニートが土方(土木作業員)として働くことはできる?仕事のメリットとデメリット

私がニートをしていた頃の話です。 求人誌や求人サイトで仕事を探していると、土木作業員の求人をよく見かけました。 土木作業員という仕事はいわゆるガテン系で、屈強な体つきをした男性が働いているイメージがあ …

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。 専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。 そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートで …

社会復帰はもう目前!ニートでもできる仕事5選

ニートの中には、ニートでも簡単にできる仕事さえあれば、すぐにでも働きだすのに、と考えている人が多いのではないでしょうか。 しかし、簡単な仕事はなかなか見つかりませんので、諦めてしまっているかもしれませ …