未分類

第二新卒ニートからの転職活動!おすすめの職種、業界、有利な資格を紹介

投稿日:2017年7月26日 更新日:

新卒で1度就職したものの、訳あって離職し、第二新卒となってしまった人も多いのではないでしょうか。

そのまま疲弊し、ニート生活へ移行してしまっている人も中にはいるのではないかと思います。

しかし、近年、第二新卒を求めている企業や業界も多いそうです。

という訳で、ここでは第二新卒の就職方法や、比較的第二新卒の受け入れ体制のある業界、また、持っていると有利な資格について書いていきます。

第二新卒ニートからの就職方法

第二新卒は、どの枠で受け入れられているのかというと、「新卒枠」もしくは「中途採用枠」となります。

1度就職の経験があるという方が大半なので、就職活動についてはもう知っている、という人も多いかと思います。

なので、就職活動においての違いはやはり「新卒ではない」というところとなります。

「第二新卒歓迎」という文字を、求人サイトなどで目にしたことはないでしょうか。

歓迎される理由としては、短い期間だとしても、社会経験を詰んでいるので、ビジネスマナーが身に付いていて、研修が省け、即戦力となってくれる人材だからです。

なので、就職活動の際にアピールするポイントは、以前正社員で学んだビジネスマナーや技能、そして今後の熱意です。

「今回は辞めない」という姿勢を強調することも、1度離職を経験した第二新卒として、大切なことです。

では、どういう業界や職種が第二新卒を受け入れいれているのか、また、有利な資格についても書いていきます。

第二新卒ニートを受け入れてくれる業界

IT業界

インターネットに触れる機会が多い年代ということもあり、比較的第二新卒を受け入れてくれる業界です。

ゲーム制作、システムエンジニア、Webデザイナーなど仕事内容は会社により様々です。

興味がある人は、自分が意欲を持って続けられる仕事内容を選ぶことをおすすめします。

建設業界

正社員として勤めていく上で、社内でもランクアップを計りたい人も居るかと思います。

その為には、一級建築士や一級施工管理技士の資格を持っていると有利です。

サービス、販売系の業界

ここもまた、比較的第二新卒を受け入れてくれる業界です。

この業界ならではの資格、「販売士検定」を持っていると有利な職種もあります。

上記に挙げきれないほど、第二新卒を受け入れてくれる業界は他にも沢山あります。

挙げきれなかったものの一部分を列挙すると、保険会社、住宅販売や不動産なども、比較的受け入れてくれる業界とされています。

ちなみに前職と同業界であったり、同職種であったりすれば、就職の困難さは軽減されることが多いです。

異業界や異業種であれば、就職の難しさはありますが、あくまでも難しさなので一概には何とも言えません。

それに、せっかく就職するのであれば、望んでいる業種や職種のほうが、続けやすいとも思います。

第二新卒ニートの就職に有利な資格

ここからは、希望する職種があるとして、特に持っていると有利な資格を列挙していきます。

事務職を希望している人は、「秘書技能検定」を持っていると有利です。

また、それに並び、パソコンを使用する機会が多い職場では「マイクロソフトオフィススペシャリスト」を持っていると有利です。

経理事務に就きたいという人は、「日商簿記検定」を持っていると有利です。

グローバルな企業であれば、TOEICの高い点数がアピールポイントとなる場合もあります。

まとめ

第二新卒を歓迎している業界は、とても多いです。

熱意を持って就職活動に取り組み、前職の学びを自分のアピールポイントとして前面に押し出すことをおすすめします。

また、持っている資格とやりたい業界や職種が合致していれば、有利に就職活動を行うことも可能です。

この記事が、第二新卒で就職活動をしたいニートの人への、参考になれば嬉しいです。

-未分類

執筆者:

関連記事

ニート女子におすすめのバイト、仕事は?結婚は間に合う?

ニートを脱出したい女性も多いはずです。 女性は「家事手伝い」や「花嫁修業中」と名乗れるという意見もありますが、女性も働いていないことで男性と同じように精神的に追い込まれるものです。 ニート経験があり女 …

10年間ニートだった人が就職を成功させるための戦略3つ

ニート歴がずるずると延びて、いつの間にか10年経っていたというニートも数多くいることでしょう。 ニートを脱出するため、いよいよ就職活動を始めようと思った経緯は、親が退職したり、家から追い出されたり、ニ …

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。 社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。 また、年齢が高くなればな …

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。 学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就 …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

ニートが知っておくべき正しい会社選びの方法と意外と忘れがちな落とし穴

人生において就職活動を行っている時間はあまりにも短いです。 なので長い期間社会人として働いていても求人の情報を鵜呑みにしてしまい、失敗してしまう事も少なくありません。 ということで、今回の記事では就職 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …