未分類

元専業主婦・職歴なし女性が就職するために有効な3つの選択肢、おすすめの仕事

投稿日:2017年6月26日 更新日:

働いた経験がないまま結婚して専業主婦をしていた女性も多いことでしょう。

そうした女性が離婚などで働く必要が出てくると、どうやって就職すればよいものかと途方に暮れてしまう人もいます。

そういった女性は職歴が無いため、ほとんどニートと同様の扱いになりますので、就職活動は非常に大変なものとなります。

本記事では、職歴の無い女性に向けて仕事の探し方や、おすすめの仕事をご紹介します。

職歴無し女性が就職するための3つの方法

職歴無しの女性の就職活動は非常に厳しいものがあります。

年齢にもよりますが、職歴の無さがネックとなりますので、いきなり正社員というのは現実的ではありません。

職歴無し女性が就職するためには、3つの方法があります。

1. アルバイトなどの非正規から始める

1つ目はアルバイト、パート、契約社員など非正規雇用から仕事を始めることです。

職歴が無くても非正規雇用であれば、かなりハードルが下がりますので、職歴無しの女性でも採用される可能性が高くなります。

非正規雇用での経験を元に、正社員への就職活動を行っていくという道筋になります。

2. 職業訓練に通う

2つ目は職業訓練に通うことです。

職業訓練を行うことで働くための基礎的な訓練や、各分野で役立つ技術を身に付けた上で、就職を目指す方法です。

授業料は無料で、テキスト代は実費であることが多く、訓練期間は3ヶ月から1年とかなり幅があります。

今すぐ働きたい人には遠回りの様にも思えますが、条件をみたせば職業訓練受講給付金を受け取ることもできるので、検討する価値はあります。

3. 資格を取得する

3つ目は資格を取得することです。

簿記2級やITパスポート、MOSなど、どの職場でも役に立つ資格を取得することで就職活動を有利に進めることができます。

行きたい業界が決まっている場合は、その業界で役に立つ資格(不動産業界なら、宅建士など)を取得するのもよいでしょう。

求人サイトを活用しよう!

職歴無しの女性が仕事を探す時には、求人サイトを利用するのが良いでしょう。

職を探すとなると、求人誌やハローワークを思い浮かべるかもしれません。

しかし、求人誌では情報が古い上に限られてしまいますし、ハローワークではカラ求人やブラック企業の求人が多くなっています。

求人サイトは、一般の転職者が使うイメージがありますが、職歴がなくても使うことができます。

無料で利用することができるので、まずは登録しましょう。

求人サイトでは、履歴書や職務経歴書の作成方法、面接での受け答えなど就職活動の基本となることが掲載されていますので、就職活動を始める前から確認しておくとスムーズに就職活動を進められます。

掲載されている求人は最新のものですし、様々な業界、規模の求人が集まっています。

その中には、職歴を問わない求人も数多く掲載されていますので、職歴無しの女性はぜひとも活用したいところです。

職歴なし女性におすすめの仕事

職歴無しの女性でも、就職しやすい仕事としては、介護職があります。

どんどん老人が増えていますので、介護職の需要は増えています。

そのため、職歴無しでも受け入れてくれる可能性が高いです。

特に、職歴無しの女性でもやりやすい介護職は、訪問ヘルパーです。

訪問ヘルパーは、高齢者のお宅に伺って、料理や掃除といった日常生活の支援を行う仕事です。

日常生活に関連したことが仕事の中心になるため、特別な知識は必要ありませんし、新しく覚えることも少ないです。

また、期間工もおすすめの仕事です。

医療機器や精密機器の組立といった期間工では女性が主力となっていることも少なくありません。

住込みで働ける求人もあるので、生活に困っている人には特におすすめできます。

給与も比較的高く、休日手当や皆勤手当なども充実していることが多いです。

大変なしごとではありますが、しっかり稼ぐことができる上に、期間工の経験は正社員への転職でも有利に働くので、期間工も考慮に入れておくとよいでしょう。

まとめ

職歴無しの女性の就職活動は非常に厳しいですので、どうやって正社員になるのかといったことをしっかりと考えた上で、アルバイトを始めるのか、職業訓練に通うのか、資格取得を目指すのか決めましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

チャンスはまだある!ニート女子が就職するために大事なポイント4つを解説

家事手伝いという言葉に隠れて、女子のニートも数多くいます。 ニートというと男性のイメージが強いので、一般的なニート対策も男性向けのものが多くなっており、女子のニートはなかなか参考になるものがあまり見当 …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

ニートが知っておくべき正しい会社選びの方法と意外と忘れがちな落とし穴

人生において就職活動を行っている時間はあまりにも短いです。 なので長い期間社会人として働いていても求人の情報を鵜呑みにしてしまい、失敗してしまう事も少なくありません。 ということで、今回の記事では就職 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …