未分類

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

投稿日:2017年5月7日 更新日:

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。

大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。

そこで、本記事では大学中退者を取り巻く就職環境と大学中退ニートが就職するにはどうしたらよいのか、について書いていきたいと思います。

大学中退者を取り巻く就職環境

まず、大学中退者を見る目は非常に厳しいものがあります。

学力的には高卒よりも高くポテンシャルもあると判断されますが、一方で、途中で学業を投げ出した中途半端な人だと思われてしまいます。

就職しても、途中で仕事を投げ出すのではないかと疑われることが多いです。

実際、中退には様々な理由があり、本当にただ投げ出した人もいれば、経済的に困窮し学費を払えなくなった人もいますし、病気で大学に通うことが困難になったという人もいます。

しかし、そういった理由は面接にならないと相手に伝わりません。

書類上ではどんな理由でも中退であることには変わりないのです。

まして、ニートともなれば、より見る目が厳しくなるのは言うまでもありません。

以下では、大学中退ニートが就職するにはどうしたらよいのか、2つのケース別に見ていきたいと思います。

1. 正社員での採用を目指す

アルバイトで経験を積む、資格を取得するなどせずに、正社員募集の求人に真正面から体当たりするケースです。

このケースで注意すべき点は、業種職種が限られるということです。

たくさんの求人を見るとわかりますが、条件の良い求人は漏れなく大学卒業以上の経歴が応募条件となっています。

ですので、大学中退では受けることができません。

実際に受けられる求人は高卒以上、あるいは学歴不問のものとなります。

その多くは飲食店や個人向けの営業マン、介護業界など肉体的、精神的にきついと言われている仕事です。

きつい仕事での正社員の就職になる可能性が高いですが、今後のステップとして考えるのであれば悪い選択肢ではありません。

一度正社員になってしまえば、次に就職活動をするときには正社員経験者として評価されますので、ニートであるときよりも断然有利になります。

2. アルバイトをしながら正社員登用を目指す

アルバイトをしながら、正社員登用を目指すケースです。

アルバイトなら、正社員よりもハードルが低いですので、大学中退ニートでもわりと簡単に働き始めることができます。

大卒や院卒であれば、高学歴がネックとなってアルバイトに受からない事もありますので、これはメリットと言えるでしょう。

アルバイトからの正社員登用はあることはありますが、あまり多くないのが現実です。

正社員登用を期待して年単位の時間を費やすよりも、アルバイトをしながら就職活動を行うのが得策と言えるでしょう。

アルバイトをしていることで労働意欲が高いと見なされますので、ニートのまま就職活動を行うよりも断然有利になります。

また、アルバイトをしている業種や業界が、正社員として応募する企業が同一の方が好印象になりますので、アルバイトを選ぶときには、どの業界、業種で正社員になりたいのかを見据えておくとよいでしょう。

大学を中退した女性の場合は?

女性の場合、男性との違いはほとんどありません。

正社員をまっすぐ目指すにしても、アルバイトをしながら就職活動をするにしても、女性だからといって、面接で不利になるということはほとんどありません。

ただ、女性の方が就職しやすい業種、業界があります。

一般的に女性が多い職場であれば、女性であることが有利と考えてよいでしょう。

例えば、保険や化粧品の営業、アパレルやケータイショップの店員、飲食店でのホールなどは女性が勤めることが多く、就職もしやすいです。

そうした業種、業界を狙えば、男性よりも早く就職する事が可能です。

>>医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

まとめ

以上、大学中退ニートを取り巻く就職環境と実際に就職する道をご紹介しました。

大学中退ニートでも正社員で働くことは決して不可能ではありませんので、上記を参考にして就職活動に励んでください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

ニートの多くは、ホワイト企業へ就職できるのだったら働いてもよいと考えているのではないでしょうか。 しかし、ホワイト企業は、ニートに限らず人気の高い企業ですので、競争率が非常に高く、ニートには狭き門とな …

ニートにおすすめの短期バイト3つと誰でも使える志望動機例文

本格的に就職する前に、まずは短期バイトから始めて慣れていきたいと考えているニートは多いと思います。 でも、どんなバイトをしたらよいかわからないと悩んでしまったり、バイト先を決めても志望動機が書けなかっ …

ニートから再就職時の履歴書の書き方、面接の自己PR方法

一度就職したものの、退職してニートになってしまった人は数多くいます。 やがて、再就職に向けて動き出すことがほとんどですが、その心中は不安なことばかりかと思われます。 履歴書の書き方や面接での受け答えな …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。 学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就 …

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …