ニートの就職体験談

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

投稿日:2019年9月25日 更新日:

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。

それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。

作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半続けたあとアルバイトをやめる。

しばらくして就職活動を続けるがうまくいかず、日雇いアルバイトで生計をたてようとするが、それも少し立つとやめて完全な無職になる。

ここでは無職生活からプログラミングの職業訓練に通い、最終的にプログラマーとして正社員に就職できるまでを書いていこうと思う。

無気力な日々、不安で行動を起こせなかった無職生活

無気力な日々をおくる。貯金がへること焦り、働かないことに罪悪感を覚えた。

それを忘れようとしてかゲームやアニメ、漫画、小説、映画、様々なもので時間を埋めようとした。やるべきことがある日常では考えられない無駄なことくだらないことに時間を費やし、芸能ニュース・ネットニュース・個人のブログ・レポートなどを読み漁った。

あるいは一日中なにもせず寝て過ごしたこともあった。時間の感覚が狂い、目覚めた時間が早朝か昼前か夕方かわからなくなる。

しかし生活自体はつらいものではない。楽しくはないが楽ではある。

しかし無職の日々を過ごすごとに、肉体的に能力はさがっていき頭は冴えなくなり精神的に行動力をうしなっていく。

2年も立つとあらゆることが億劫になっていた。その間まったく行動しなかったわけではない。無料で支援をしている団体のもとにいくつか相談には向かった。

とかく相手が言うには現状は厳しく、今後一緒にがんばっていきましょうということだった。

しかし相談にいったこと自体で満足して行動を起こさずにいると、相手側からの直接的な行動をうながすような連絡がなかったこともありそのまま忘れていった。

他にも就活サイトは情報サイトはいくつか見て回った。しかし街歩く人も口を開けば「仕事がつらい・今日も残業・ブラック企業」だと仕事への不満をかかえている時代、求職情報を信じることもできない。

見れば見るほど不安はつのり仕事を探す気がなくなる。気まぐれに応募をしてみても面接でうまく話すこともできず落ちる。

ハローワークの職業訓練でプログラミングを学ぶ

ネットを利用しての就職に触れることは減っていた。そしてある時なぜか後回しにしていたハローワークに行くことにした。

そこで職業訓練をうけることにした。プログラミングのコースである。そこでゼロからプログラミングを学んだ。半年もの長い期間ある講義であった。

授業で技術を学ぶだけでなく、就職の支援体制も整っていた。定期的に社員を募集する会社が説明会のために職業訓練校にやってきたり、就活を円滑に的確に進めるための心構えや技術、ちょっとしたテクニックなどを教える授業が行われた。

そこで同じくゼロからプログラミングを学ぶ人たちに出会って情報共有をしたり、切磋琢磨することでモチベーションをもらったりした。

途中で就職してぬけていく生徒もたびたびあらわれた。結局重要なのは技術ではなく、学ぶ姿勢と就活に望むありかたなのだと感じた。

私は無事、職業訓練を終えることになる。それまで大した就職活動は行っていなかったが、用意された就職に対する直接的な支援によってどうするべきかはわかりつつあった。

 

IT系の求人サービスで就職活動を再開し、みごと正社員就職に成功!

私はIT系のしごとを中心に紹介するサービスへ登録をして再び就職活動をはじめることにした。そして基本的な受け答え、履歴書・職務経歴書のなどの添削を受け、拙かった部分を改善していった。

プログラミングの技術は個人で必要として身につけるものでは、業務として行うプラグラミングに足りないものが多いということは学んでいたので、新しい勉強まではせず趣味で復習する程度におさめた。

その後何十社も落ちることになったが、なんとかプログラマーとして正社員就職に成功した。学んだものを活かすというよりは、職業訓練であがったモチベーションによる情熱をかって頂いたようだ。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

なんとなく入った会社はブラック。3年間の引きこもりと簿記取得を経て26歳でIT会社の経理として再就職!

私は現在40代の男性です。 高校大学と音楽活動にすべてを捧げて、勉強をほとんどしてこなかったので、大学卒業が近くなり、周りの友達が就職活動を始めていた時期でさえも毎日、一人で酒を飲む日々を過ごしていま …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

新卒で入った会社がブラック!?25歳無職から過去のバイト経験を活かして塾講師の正社員に就職できた

僕が25歳で塾講師として正社員に就くことができた時の話をします。 今になって考えてみると、僕は学歴もそれほどなかったので、いきなり正社員に採用されるというのも難しかったと思います。 しかし、大学時代に …

会社が倒産して26歳無職に!負のスパイラルを抜けて28歳で旅行業に再就職できた話

私は現在は35歳の主婦です。 私が26歳で無職になり28歳で旅行業に正社員として再就職したお話をしていきます。 目次会社の資金繰りが悪化して倒産、26歳で無職になる2年間無職になったり、派遣社員で食い …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …