ニートの就職体験談

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

投稿日:2019年9月25日 更新日:

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。

それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。

作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半続けたあとアルバイトをやめる。

しばらくして就職活動を続けるがうまくいかず、日雇いアルバイトで生計をたてようとするが、それも少し立つとやめて完全な無職になる。

ここでは無職生活からプログラミングの職業訓練に通い、最終的にプログラマーとして正社員に就職できるまでを書いていこうと思う。

無気力な日々、不安で行動を起こせなかった無職生活

無気力な日々をおくる。貯金がへること焦り、働かないことに罪悪感を覚えた。

それを忘れようとしてかゲームやアニメ、漫画、小説、映画、様々なもので時間を埋めようとした。やるべきことがある日常では考えられない無駄なことくだらないことに時間を費やし、芸能ニュース・ネットニュース・個人のブログ・レポートなどを読み漁った。

あるいは一日中なにもせず寝て過ごしたこともあった。時間の感覚が狂い、目覚めた時間が早朝か昼前か夕方かわからなくなる。

しかし生活自体はつらいものではない。楽しくはないが楽ではある。

しかし無職の日々を過ごすごとに、肉体的に能力はさがっていき頭は冴えなくなり精神的に行動力をうしなっていく。

2年も立つとあらゆることが億劫になっていた。その間まったく行動しなかったわけではない。無料で支援をしている団体のもとにいくつか相談には向かった。

とかく相手が言うには現状は厳しく、今後一緒にがんばっていきましょうということだった。

しかし相談にいったこと自体で満足して行動を起こさずにいると、相手側からの直接的な行動をうながすような連絡がなかったこともありそのまま忘れていった。

他にも就活サイトは情報サイトはいくつか見て回った。しかし街歩く人も口を開けば「仕事がつらい・今日も残業・ブラック企業」だと仕事への不満をかかえている時代、求職情報を信じることもできない。

見れば見るほど不安はつのり仕事を探す気がなくなる。気まぐれに応募をしてみても面接でうまく話すこともできず落ちる。

ハローワークの職業訓練でプログラミングを学ぶ

ネットを利用しての就職に触れることは減っていた。そしてある時なぜか後回しにしていたハローワークに行くことにした。

そこで職業訓練をうけることにした。プログラミングのコースである。そこでゼロからプログラミングを学んだ。半年もの長い期間ある講義であった。

授業で技術を学ぶだけでなく、就職の支援体制も整っていた。定期的に社員を募集する会社が説明会のために職業訓練校にやってきたり、就活を円滑に的確に進めるための心構えや技術、ちょっとしたテクニックなどを教える授業が行われた。

そこで同じくゼロからプログラミングを学ぶ人たちに出会って情報共有をしたり、切磋琢磨することでモチベーションをもらったりした。

途中で就職してぬけていく生徒もたびたびあらわれた。結局重要なのは技術ではなく、学ぶ姿勢と就活に望むありかたなのだと感じた。

私は無事、職業訓練を終えることになる。それまで大した就職活動は行っていなかったが、用意された就職に対する直接的な支援によってどうするべきかはわかりつつあった。

 

IT系の求人サービスで就職活動を再開し、みごと正社員就職に成功!

私はIT系のしごとを中心に紹介するサービスへ登録をして再び就職活動をはじめることにした。そして基本的な受け答え、履歴書・職務経歴書のなどの添削を受け、拙かった部分を改善していった。

プログラミングの技術は個人で必要として身につけるものでは、業務として行うプラグラミングに足りないものが多いということは学んでいたので、新しい勉強まではせず趣味で復習する程度におさめた。

その後何十社も落ちることになったが、なんとかプログラマーとして正社員就職に成功した。学んだものを活かすというよりは、職業訓練であがったモチベーションによる情熱をかって頂いたようだ。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

目次無職になるまでの経緯無職になってからの心境や生活状況就活しようと思ったきっかけ就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など無職からの就活に大切なこと経験談を語る上で欠かせないことまとめ 無職になるま …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …