ニートの就職体験談

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

投稿日:2017年6月7日 更新日:

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。

ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。

閉じこもっていた期間は短く、私塾などを使い高校を受験、単位制の高校では上手く友達もできました。

しかし、不登校系の子の他、ヤンキー系の子もいて、卒業したときはもう22歳でした。

その後、通信制大学に入りました。(メンタル面では通学生にも行けると思いましたが、不登校により学力的に受験が難しかった)

その通信制大学は、卒業についてきわめて難関で、いつしか「卒業が全く見えないが、勉強していればいいだろう」と、中学での閉じこもり期間のような、無気力な感じに戻っていったのです。

目次

失敗してはいけないという焦り

学校という空間には、適応できるようになっていました。

中学の特定のクラスが問題だっただけなのです。

でも、「何か失敗するのではないか」という不安が出やすく、「バイトの面接に仮に受かっても、やめてしまうのではないか」と考え、二の足ばかり踏んでいました。

とにかく「失敗してはいけない」のような強迫観念が常にありました。

世間で「ニート」という言葉が現れる

私の場合、もとは「登校拒否」という言葉があてがわれました。

1980年代終わりでしたからね。

それが「不登校」に変わったのはやや良かったのです。

しかし、当時なかった「ニート」という言葉の響きが非常に悪いと感じていました。

不登校から10年以上経つのに、またそんな言葉を浴びなければならないのか?と悲しくなったのです。

「仕事なんてしなくていい」とか真剣に考える人に投げるならともかく、学校や仕事に行きたいのに行けない人にとっては、厳しい言葉でした。

仕事なら、何でもいいとは思えなかった

よく、「とにかく何でもいいからアルバイトをしてみたら?」などと両親に言われました。

ですが、20代前半の自分にとっては「やはり勉強を続けて、本来の自分(不登校にならなかった自分)」がやっていただろう仕事に就きたいという思いが強かったですね。

でも現実としては、卒業のあてもなく通信制大学で勉強をしているだけでした。

もっとも、スクーリングなどは非常に楽しく、学問が自分に向いている面も感じてはいました。

ネット求人サイトなどで仕事を探し始める

まだ、ブロードバンドが普及したかどうか?ぐらいの時代でしたが、ネットの就職サイトなどで、仕事をとりあえず探すことをしてみました。

すると、できそうなもの、将来に繋がりそうなものも、大分あると感じました。

でも「失敗してしまうのじゃないか」という気持ちが大きく、なかなか応募には踏み切れませんでした。

思い切ってデータ入力の仕事に応募したら採用された

もう25でしたし、まあ、25ぐらいで大学を出て就職という人もいますが、自分としては「高校を出て以来、ほとんど何もしていない」という気持ちが強かったですね。

だからとても勇気が必要でしたが、ある出版系の会社の、PCデータ入力みたいなものに応募してみました。

すると、面接でもそれほど嫌なことを聞かれたりせず、合格しました。

1ヶ月で退職するも成功体験は残る

そのせっかく受かった会社ですが、やはり「失敗してしまうんじゃないか」という気分が高まり、何ら嫌なことがないのに辞めてしまいました。

1ヶ月持たなかったですね。

でも、一度でもこういった成功体験(やめたにしても受けられた)を作ったのは大きい、と感じました。

雑誌のライター仕事が舞い込み、自信に繋がる

そんな時、全くの偶然ですが、雑誌に記事を書いてみないか?という誘いがありました。

スポーツ系の趣味のことでウェブサイトをやっており、その趣味の経験のほか、文章や思考能力などを評価してくれたようなのです。

これは単発で終わりましたが、とても自信がつきました。

さらに、オークションに挑戦し自信をつけた

バイトをしたり辞めたりを繰り返しながらも、ネットオークションで出品していました。

20代後半ぐらいですね。

すると、きちっとしたサラリーマンのように感じる人でも、ずいぶん雑な落札者がいることに気づきました。

また、銀行振込のことがわからないとか、大人でもずいぶん「ダメ」感がある人がいる、と思ったんです。

それと比べると私は非常に丁寧に、礼儀正しくオークションをやっていると自覚しました。

ものを送ったり、お金を受け取ったりすること全般の知識も十分あることに気づいたのです。

また、オークションは、出品して何か失敗したら全て自分の責任です。

これも当時の自分には自信になりましたね。

医療機関でカウンセリングを受けてみた

カウンセリングは不登校時代にも受けて良いと思っていたので、20代後半でまた受けてみました。

医療機関(不眠もあったので)を通したものです。

すると、色々と心境が変わりました。

あまり細かくは言えませんが、何か少しでも生活を変えていこう、と思えてきました。

最大の問題である「失敗しそうな気がして、仕事ができない」は一旦置いておき、他のことをなにか動かせないか、と。

通信制大学を変更した

なかなか卒業ができないまま、籍だけは置き続けていた通信制大学。

「やめる」ということが不登校を思わせ、意地になっていた部分もあったと気づきました。

この学校を思い切って辞め、別のもう少し簡単な大学に変更しました。

すると、ここはスムーズに最低年数で卒業できたのです。

これも自信となっていきました。

色々と失敗しつつも30代で出版関係の仕事が安定してくる

バイトを辞めたり、また始めたりは30代になってもありました。

ですが、この頃から出版関係の仕事が多くなってきて、30代の途中でだいたい安定してきました。

また一人での書き物は大変ですから、「これに比べれば外でやる仕事なんて簡単だ」とも思えるようになってきました。

ニートや職歴なし状態は「つらい」と思いますが、「その状況に耐えられたのだから、仕事もできる」のような発想もおすすめですね。

「成功体験を重ね、外を埋めていく」

職歴がないで年齢を重ねていくと、「働かなくては」「働かなくては」と考えては「やっぱり働けない」とグルグル考えがちですよね。

余裕があればですが、その「本体になっている(と思われる)問題」から少し目をそらし、スポーツや趣味、芸術、勉強、資格取得、友達作り、恋愛、あるいはボランティアなど、いろいろなことで「成功体験」を積み重ねていくのが、経験上おすすめです。

私の場合、最初に就職できたことよりも、いろいろな成功経験を積んでいたことが、安定した状態を招いたと感じています。

またしっかりしたところであればカウンセリングもおすすめですね。

また、「もし資産があれば働かなくたって良いんだ」などと考えるのも悪くないです。

私の両親はそれを良く言ってくれていました。

同じ問題で悩む人、似た問題で悩む人は多いので、是非諦めずゆっくりいろいろとトライしてみてください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次 26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる 私はこれまで高校生の頃、不登校とな …

きっかけは家に来た保険担当者!27歳職歴なし女が保険会社の営業に就職できた話

私が職歴なし状態から保険会社に就職したときのエピソードを書こうと思います。 当時の私は27歳無職。 女といえども、フリーターではそろそろ厳しい年齢です。 女だったら結婚して専業主婦という手もあるかもし …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …