ニートの就職体験談

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

投稿日:2018年4月21日 更新日:

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。

新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。

新卒で就職した友人たちの初任給に比べ、バイトを掛け持ちしている私のほうが、収入がよかったため、自分の選択が間違ってるとは疑わず現状に満足している状態でした。

バイトでは年下の子たちがが入ってきては、就職して辞めていく。このサイクルを何度見たことでしょう。

そのうち新しく派遣されてくる正社員の人でさえ、私より年下になってきました。

そんな年下の、勤続年数の長い私は上司からしたら、扱いにくかっただろうと思います。

実際、職場での居心地はよくなく、仕事と割り切っていたため、職場で友達と呼べる信頼できる人はいませんでした。

実家には月々5万円ほど入れてはいましたが、だんだん両親の反応も変わっていき、いつまで将来設計や今後のプランなど、顔をあわせれば聞かれて、両親との関係もギクシャクしていました。

それでも別段したいこともないし、どのようにこの状態を変えるかもわからず、結局何も変わらない日常が過ぎていくだけでした。

自分の生活に焦りを感じ始めた20代後半

だんだん自分の生活に疑問を持ってきたのは20代後半頃。

新卒で就職していった友人達が寿退社をして、家庭を持ち始めたときでした。

その時に、自分はいったい何をもっているんだろう?何をしているんだろう?と焦りのようなもどかしい感情が生まれてきました。

もしこのまま結婚することなく、両親も年老いていった場合、一体何歳までこのまま同じアルバイトを続けていけるのだろう?と不安になりました。

そこで、手始めにバイト先でバイトしていた同僚がそのまま社員になったケースを見ていたので、私にもそのチャンスがないか聞いてみることにしました。

社員さんが教えてくれた情報によると、それでもバイトから社員への道はあるけど、研修や資格を取得して初めて正社員になれると聞かされて、時間がかかりすぎると思い、断念しました。

就職するには、この年になって資格も経歴もないと大変だという事が身に染みた瞬間でした。

友人のアドバイスで行ったハローワークが転機に

そこから、求人情報誌を読み漁り、手当たり次第履歴書を送ってみましたが、書類で落とされることがほとんどでした。

恥を忍んで友人にもその現状を話し、仕事をしたいと周りにいっていました。

そうすると、友人たちからいろいろな情報を得られることができました。

求人情報誌だと、倍率も高く、経験者が優遇されていくので、求人誌に載っていないような会社も視野に入れるべきだということでした。

求人誌に求人を出すのもお金がかかるので、求人誌に載っていない企業となると、かなり小さな会社とかになりますが、採用される可能性がたかいのでは?ということでした。

あと、友人の勧めでハローワークにも通い始めました。

これはかなりいい情報で、親切に手取り足取り、仕事を見つけるのに何が重要か、どのような職種を希望するのか?など細かく指導してもらえたので、漠然としていて、どこから手を付けていいのかわからなかった就職活動に、道が見え始めた瞬間でした。

履歴書の書き方も教わり、徐々に面接にまでいくことも増えてきました。

あまり高望みせず、何でも挑戦していこうと決めて、正社員雇用ありというアルバイトまで視野に入れて探しました。

まとめ

私の場合は幸運だったのですが、周りの友人達に仕事を探していることを伝えまくっていたので、友人からの紹介で、バイトだけどやる気次第で正社員雇用もあるという小さな個人旅行会社を受けることができました。

無事、合格通知をもらった瞬間の達成感は今も忘れません。

その後、無事1年後に正社員になることができました。

どこにチャンスが落ちているかわからないので、とりあえず、あきらめずに、やれることはやりつくすことが大事だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。 それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。 作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …