ニートの就職体験談

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

投稿日:2017年7月30日 更新日:

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。

営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。

具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介するといったものです。

メーカーや商社など他業界と違い、いわゆる無形商材で人材という一人一人が全く異なるものと対峙するため、苦労することは多いですが、その分自分の提案を受け入れていただいたときの嬉しさは大きいものがあります。

大学卒業後、販売・技術・建築職を経験するも退職し無職へ

そんな僕ですが、以前は求職側でした。

大学卒業後販売職、技術職として働いた後、当時在籍していた建築企業を退職しました。

転職活動をしてから退職すればよかったのですが、複雑な人間関係と過度な残業など就業環境に耐えられず次の仕事を考えないまま退職してしまいました。

逃げたい一心でその後のことを考えられなかったというのもあります。

しかし退職後数日はゆっくりしていたのですが、日々時間が余るほどあり、だんだん自分が無職であるということ、このままだと生計を立てられないという恐怖が襲ってきました。

そこで一旦派遣会社に登録して、日雇いの工事現場での作業や引っ越しのアシスタントなどいわゆるブルーワーカー的な仕事でしばらく稼いでいました。

頭を使う場面は少なく、日雇いで人間関係のことを考える必要がなかったため、ある意味気が楽で「悠々自適」という言葉がよく似合う生活でした。

ただ給与が安定せず、将来への不安は常に感じていました。

給与だけでなく、時給で体力的・時間的にわりに合わない仕事が多く、そのことがストレスになりさらに不安が増えていきました。

とにかく色々な本を読み、いろんな人にアドバイスを聞いた

当時会社員時代に比べて時間が余っていたので、いろいろな本を読みました。

その多くは自己啓発本や仕事についてのもので、本の中に今後の生き方のヒントを探しました。

正解が載っている訳ではなかったのですが、いろいろな成功者のストーリーに触れ、「お金を稼ぎたい」という気持ちが強くなりました。

そこでお金を稼ぐために「今後自分は何をするべきなのか」、「他の人は仕事に対してどう感じているのか」など大学の同期や地元の友人、行きつけの古着屋の店長や以前の職場でお世話になった先輩などの話を聞きに行きました。

みんな親身に相談に乗ってくれ、仕事や友人を紹介されました。

そうやって色々な人の話を聞くうちに、まずはもう一度社員として企業で働こうという気持ちが固まりました。

複数の転職サイトに登録して転職活動を開始

1回目の転職で使用していたリクナビNEXTに登録をして、自分の履歴書・職務経歴書を作成し、どんな仕事に就きたいかを考えました。

大学の同期の1人が人材会社で働いており、その当時就職の相談に頻繁に乗ってもらっていたこともあり、人材業界に興味を持ちました。

営業職は経験がありませんでしたが、販売職として働いていた時にBtoCで人に商品を提案し、購入してもらうことに楽しさややりがいを感じていたので、金額やスケール、そして何より転職というその人の今後の人生を左右するイベントに関われるということに強く関心をもち、人材業界で働こうと決めました。

いくつかの企業にエントリーし、現在在籍している企業に内定をいただくまでに半年程度かかりました。

その間、日雇い派遣や単発のバイトで働いており、生活は厳しかったので、無職になる前にある程度転職資金として貯金はしていた方が良かったというのは感じました。

これから就職活動をする方は貯金だけはしていた方がいいと思います。

まとめ

無職というのは世間から見ると本当に後ろ盾のない立場になりますので、自由ではありますが孤立感からのストレスも多く感じます。

ただ何のキャリアビジョンを持たないで働くよりは、無職という期間は時間がたっぷりありますので、いろいろな人の意見を聞いて、いろいろな本を読んで、自分の将来、やりたいことについて腰を据えて考えるいい機会だと思います。

そして働こうと決めたら、どんな会社であれプライドを捨てて就職すれば、なんとかなります。

世の中悪いことばかりではありませんので、無職期間を楽しみつつ今後の仕事を楽しめるよう準備を整えて行ってくだい。

応援しています!

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

海外留学のため退職!33歳で生命保険会社の内勤職として再就職できた話

 大学を卒業してから生命保険会社の内勤として勤務しました。 大手企業だったので、収入は男性の平均以上あり、金銭面でも特に不満もなく勤務していました。 ところが、31歳の時にふと「このまま安定した生活を …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …