ニートの就職体験談

キッカケはある芸能人!25歳職歴なしニートだった私が医療事務に就職できた体験談

投稿日:2017年6月4日 更新日:

私は29歳の女性です。

25歳まで実家でニートを続けていました。

そんな私ですが、リスペクトする人を持ったことから就職活動に励む気になったのです。

私が見つけたリスペクトする人と、私が就職に成功した医療事務はまったく関係なかったのですが、この人のおかげで目標を持つことができました。

そんなお話をしましょう。

専門学校を卒業後、ぐだぐだのニート生活へ

私がニートになったきっかけはしょうもないことでした。

親が甘やかしてくれたからなのです。

私の両親はお金持ちで、昔から娘に甘い家庭でした。

そして私が専門学校を卒業した後に「ちょっとだけ休みたい」とお願いしたら許してくれました。

最初はほんの数か月休むだけのつもりでした。

仕事をする前に休息がほしかったのです。

そしたら親が思わぬOKをくれて、家でぐだぐだニート生活をしました。

そしたらいつの間にか20代中盤になっていたのです。

そうなってさすがに両親も我慢できなくなったのか「仕事を探しなさい」と口うるさく言うようになりました。

ニート脱出のきっかけは、ある芸能人にハマったこと

私はニートの間、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトを見て楽しく過ごしていました。

母が主婦なのでご飯も作ってもらい、私はすごく楽していました。

でも段々そんな楽な生活にも飽きてくるんですよね。

それに密かに「就職しないといけない」という焦りも感じていました。

自分でも今の自分の状態がどんなに良くないのか内心では分かっていたのです。

同年代の子たちが仕事で大変な思いをしている中、私はのうのうと家で遊んでいるのはさすがにいけないんじゃないかと不安になっていました。

そんな時に、とある芸能人にハマったのです。

その人はすごく前向きで夢を諦めなかったことで有名になった人でした。

それを聞いてちょっとずつファンになり、応援するようになりました。

私はその人を見ていて「私ももっと自分の夢を持って頑張りたい」と思いましたね。

そして私は「○月までに就職する」という目標を決めたのです。

この人を好きなったおかげで私は勇気をもって、ニートから抜け出そうという気になれました。

医療事務の資格を武器に就活し、採用された!

実は専門学校は医療事務の専門学校に通っていたのです。

一時ですが医療事務に興味がありました。

実際に学校に行ってみて、一度は「もっと違う仕事に就きたい」と気持ちが変わっていたのですが、今までニートをしてきただけに他の強みがありませんでした。

医療事務の資格なら持っていたので、これを武器に就職しようと考えたのです。

なりたいからというよりも、これしかないからという理由で医療事務を選びました。

就職活動は予想以上に大変です。

絶対に聞かれるのが「職歴がない間に何をしていたか」です。

これに上手く答えて乗り切ることが就活のポイントだったと思います。

私は多少の嘘も織り交ぜて、「うちの家事をしたり、祖父がしている農業を手伝っていた」というように話したのです。

実際に祖父が農家だったので、それが役立ちました。結果的に採用されました。

職歴なし就活では、自分の武器を活かし多少の嘘はうまく使うこと

職歴なしの人が就活に成功する秘訣は、自分の武器(私の場合は医療事務の学校卒業履歴と資格)を最大限に活かすことと、多少の嘘をついてでも自分を良く見せることにあると思います。

完全に嘘を吐くとバレるのは時間の問題ですが、上手に嘘をついて職歴なしだった間のことをうまく取り繕うことは大事です。

私はそれで就職できました。

社会に出るためには正直すぎる人はダメなのです。

「職歴がない間に何をしていたか」を素直に答えすぎると失敗するので、その点に注意してください。

まとめ

就活は戦いです。

自分が他のライバルたちにどうやって打ち勝つかが大事です。

面接では演じてください。

そして自分がニートだったことは忘れ、絶対に秘密にしましょう。

「私はニートでした」と言って採用してくれる企業は本当に稀だと思います。

うまく生きていくには多少の嘘は必要ですよ。

 

こちらの記事もおすすめ

>> かつてはニートだった!歴史上の偉人、成功者5人の紹介

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

海外留学のため退職!33歳で生命保険会社の内勤職として再就職できた話

 大学を卒業してから生命保険会社の内勤として勤務しました。 大手企業だったので、収入は男性の平均以上あり、金銭面でも特に不満もなく勤務していました。 ところが、31歳の時にふと「このまま安定した生活を …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

私は28歳男性で、製造業で働いています。 高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。 ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。 目次化学系 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …