ニートの就職体験談

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

投稿日:2017年10月16日 更新日:

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。

家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様になりました。

自社で販売するスタッフの管理を担当していた私には、部署の変更が待っていました。

極端にハードになった仕事を辞めるまで、おおよそ2ヶ月くらいのことでした。

退職してから3日間はスマホゲームに没頭

しい部署は別の企業との折衝役としてのもので、仕事に対する取組み方が極端に変わりました。

体育会系としての色が強い相手企業に合わせ、事務所を出るのが日付が変わってからということも珍しくありません。

同期の人間などは私より早く転職していましたし、その代役は経験不足の人間が行う様になっていきました。

私個人にかかる負担が許容量を超え、体と心が持たないと思い、会社を辞める決断をしました。

一度リフレッシュしたかったので無職を1ヶ月経験しようと思いました。

実際、無職になってからの3日間はスマホゲームばかりやっていました。

時間をかけてゲームをすることで、ゲーム内のレベルは上がっていきます。

今までなかなか時間が取れずにできなかったイベントなどもランクインするほどでしたが、心に高揚感は生まれませんでした。

無職になってから5日目くらいには、妻が不安そうな顔をしていました。

子供はもうすぐ小学校に上がるという頃でもあり、無職の期間はもういらないかなと思う様になりました。

同時に、不安にさせて申し訳なかったと後悔もしました。

転職サイトは自分にあった条件を指定できて便利!

私はハローワークに行ったことがなく、転職は全てインターネットを使っています。

もし、インターネット上に魅力的な就職先がみつからなければハローワークにも行くのだと思いますが、実際はそこに沢山の仕事が溢れています。

場所を選べるのは当然ですが、仕事の種類や希望年収、休みのスタイルなどからも選ぶことが出来ます。

私が当時使用したのはリクナビNEXTです。

沢山の求人情報があり、それはまさに目移りする程です。

大事なのは企業に合った思考を作ること

インターネット求人の調べ方で大事なことは、自分を受けいれてくれる企業がどれくらいあるのかを把握することだと思います。

たくさんある仕事の中には必要なスキルや資格があるものもあり、自分が受け入れてもらえないだろうという職業も多いです。

そういった求人情報を眺めていると、自分を否定されている様な感覚に陥る為、オススメできません。

初心者OKの仕事も多いですから、まずはそこから確認すると良いです。

誰でも歓迎の仕事は、給料が安く仕事に面白味のないものが多いかもしれません。

しかし、自分を受け入れてくれる素晴らしい企業達です。

この枠にある企業のおかげで、生活ができなくなることはないのです。

初心者OKの部分を確認し終わった頃に、自分が何をしたいのかをみつめ直すと良いです。

無職の期間が長い人は、自分が働いている姿を想像するのが難しくなっていきます。

趣味の延長でもいいですし、給料重視でハードな仕事でもいいのです。

働いてみないことには理解が出来ないのですから。

ただし、最低でも3か月は続けられる意志は必要な為、自分自身とよく相談することが大事です。

私の場合、未経験のものをやってみたいという意識が強かったと思います。

自分の世界を広げたかった為、世の中をもっと知ることが出来る様な仕事をしたいという考えでいました。

結果的に、WEBディレクターとして就業したのですが、8名の応募のうち1人の採用というものでした。

1/8の採用にかかることが出来た要素は、その業務を知ろうとする意志をくみ取っていただいたことだったと思っています。

即戦力募集という募集内容ではあったのですが、即戦力=経験があるということではないはずだと面接時に説きました。

大事なのは企業にあった思考を作ることです。

企業が何を求めていて、自分はそれに対してどういった思考で行動を出来るのか。

面接官がそこに感銘を受けてくれれば、採用にもたどり着くことができると考えています。

まとめ

就職活動において、一番大切なことは前向きになることです。

仕事をしようと思う為のきっかけでもいいです。

私の場合は家族がいましたので、その家族を不安にさせた申し訳なさから頑張ろうと踏ん張ることが出来ました。

就職活動がうまくいかない時は、周りにいる自分にとって大切な人との時間を作ってみると良いと思います。

仕事をする本質が、そこに見えるはずです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

バブルが崩壊し35歳でリストラされ無職に。1年間の転職活動から再就職できるまで!

40歳、男性です。 私は、大学を東京の大学を卒業してからそのまま東京で証券会社に就職しました。 当時はバブルの時代だったので、公務員よりも一般企業のほうが人気があり、みんな一般の会社に就職していました …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

20代の引きこもりから就職できた成功体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代で引きこもりから脱出して就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 いま現在引きこもりで悩んでいる方に少しでも役に立てば嬉しいです。   …

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。 うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。 今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …