ニートの就職体験談

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

投稿日:2017年3月21日 更新日:

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。

しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。

ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。

ここでは、私が25歳で家業を辞めて無職ニートになり、28歳で地元の洋服屋に就職できるまでの話をしたいと思います。

25歳で職を失ってから無職ニートになるまで

私がニートになったのは25歳の時でした。

高校を卒業してからずっと家業を手伝っていました。

しかし景気の悪化と地域の人口減少のせいもあり、家業を辞めざるを得なくなったのです。

両親は新たな仕事を見つけましたが、その仕事は特に私が手伝いをする必要はありませんでした。

田舎なので周囲には簡単にバイトを見つける事も出来ませんし、バイトをしている所を知り合いに見られたくありません。

実家住まいでおこずかいも貰えたので、そのままズルズルとニートになってしまったのです。

危機感の無い気楽なニート生活

ニートになってからは、ずっと自分の部屋で趣味に没頭したりゲームを楽しんでいました。

働かずに一日中気楽に生活するのは、とても楽なものです。

働いている友人を、大変だな、なんて思いながら優雅な気分でお茶を飲んだりして過ごしました。

現在も将来にも危機感なんて全く持たずに気楽に生活していたのです。

突然の叔母の入院に、ニート生活に不安を持つようになる

しかし、そんなニート生活に不安を持つ様になりました。

景気の悪化が進み、両親の収入が少なくなってきたのです。

フリーターをしている親戚もバイトを辞めさせられそうだと話していました。

そんな不安が多くなって来る時に、叔母が病気で入院したのです。

今まで家族や親しい親戚が病気や怪我で入院するような事はありませんでした。

この叔母の入院は私の将来への考えを改めるきっかけになりました。

両親だってこのままずっと元気でいる保証はありません。

親戚や友人だって、環境が段々と変化しています。

私だけニートのままずっと変化も無く生活できるなんてわけは無いのです。

28歳無職ニートの女がついに就職を決意!

叔母の入院をきっかけに、私は就職をする決意をしました。

ニートになってから3年、28歳の時です。

地元の求人広告を見て早速電話をかけました。

しかし、求人広告を見て面接をする為の電話をする事さえ緊張したり、正しい敬語がわからない事実に気が付いたのです。

世間から離れて自分の部屋だけで過ごしていたニート期間。

すっかりと社会人としての振る舞いを忘れてしまっていました。

何とか最初に求人広告を見て応募した会社で面接をしましたが、結果は散々でした。

質問にすぐに答えられずに黙ってしまう、正しい敬語が使えない、など社会人としてダメな事ばかりだったのです。

努力して社会性を身につけ、やっとの思いで洋服屋に就職

最初の面接の失敗を糧に、くじけずに頑張ろうと思いました。

社会人のマナー本や、正しい敬語の本を良く読んでみたり、明るい表情作りも勉強しました。

声もハキハキする様にハッキリと話が出来る努力もしました。

とにかくニートしていた時に失われた社会性を身につける努力と勉強をしたのです。

そして努力が実り、地元の洋服屋に就職出来たのです。

元々は接客業をしていたので、慣れればもうお客様との会話も接客も大丈夫です。

今では、すっかりと仕事にも慣れ、毎日充実感のある気分で過ごせています。

仕事をしているだけで、将来への不安も解消しました。

まとめ

ニート生活はとても楽ですし、自由です。

しかし心のどこかに常に不安も持っていると思います。

働く事は、自信をつける事や不安の解消になる素敵な事です。

もし働くことにマイナスイメージを持ち、前に踏み出せない方がいたら私の体験談が何か参考になればうれしいです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

35歳になる女性です。 氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。 一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。 しかしそこは強烈な …

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

震災で転職の話が白紙に。完全未経験の工場職に正社員として30歳で再就職できるまで

私は現在36歳男です。 私は29歳の時それまで勤めていた会社を自己都合で退職しました。 退職理由は残業が多く、残業代もまともに払われない事と、ボーナスが10万円以下という事が原因です。 当時、私は結婚 …

30歳でコンビニバイトを辞め無職になった私が製線会社に就職することになるまで

私は現在32歳の男です。 二年前の30歳の時、私は勤めていたコンビニエンスストアの建て替えの影響で無職となりました。 それから無職の期間を経て正社員になったので、その経緯をお話ししたいと思います。 目 …