ニートの就職体験談

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

投稿日:

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。

しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。

私が25歳の職歴なしから、どのように就職したのかをお話ししたいと思います。

公務員試験に落ちて生活費だけを稼ぐフリーター生活へ

正直、私はそこそこ学力の良い大学を卒業しています。

大学在籍時は、公務員になりたく大学と並行して公務員学校にも通い、日々公務員になるために頑張って勉強をしていました。

そのため、民間企業の就職活動は捨て公務員試験一本に集中していました。

しかし、公務員試験の倍率の高さから残念ながら落ちてしまい、大学を卒業するまでに就職先が決まらず、ずるずると生活費のみを稼ぐ毎日になってしまいました。

正社員を目指したきっかけは貯金がないこと

フリーター生活をずるずると続けていた時にふと通帳を見たときに貯金がないことに気づきました。

しかし、どんなにバイトのシフトを多く入れても貯金をするには厳しいと感じ初め、正社員を目指す意識が芽生え始めました。

幸いなことに家にはスマートフォンやパソコンがあるため、近所の正社員の求人を見るようになりました。

求人情報をみるとわかりますが、給与が思いのほか高い求人が多かったのにはびっくりしました。

また、同時に年齢で区分されている求人も多くあり、20代のうちに正社員に就職をしようと決意をしました。

ハローワークのメリットは相談できる相手がいること

まず、私が就職をするためにしたことは、最寄りのハローワークに行くことです。

就職したいが、まず初めに何をしたらいいのかわからない方は、まずはハローワークに行きましょう。

今では、若者を対象にしたブースやお子さんを生んだ人の再雇用のブースなど様々な分類に分かれています。

初めてハローワークに行くと自分の情報や希望職種などを記載する紙を渡されます。

その紙をもとに職員の方と面談をし、今後の方針やアドバイスを受けたりすることができます。

また、同時にハローワークでは求人検索もでき、地域に密着した求人が多くあり、引っ越しや遠方に面接に行くことのない求人を選ぶことができます。

求人を検索する際の私が意識したことは、あまり条件のいいもののみを選ぶのではなく、数で勝負することです。

それはなぜかというと、職歴がないため数で勝負するしかないと考えていたからです。

しかし、あまりにも条件面が悪い求人は、就職できたとしても長く続かない可能性があるため、絶対に譲れない休日日数や給与を設定して応募していました。

ハローワークに行く最大のメリットは、相談できる相手がいることだと思います。

一人で就職活動を行うのではなく、相談できるので履歴書の志望動機や自己PRの添削、面接対策ができるため、就職できる確率が大幅にあがります。

また、おすすめの求人も教えてくれるので、就職活動の幅が広がります。

若いうちは職歴はそこまで重要でない?

応募した企業に面接に行った際に感じたことは、若いうちは職歴はあまり重要視されていないと感じました。

ただ、大学卒業後は内をしていたかは必ず聞かれました。

これは、事前に考えていたことなので問題はなかったです。

面接官を質問内容の意図を読み解く練習をしておけば、職歴なしでも内定をいただくことはかなりの確率で可能です。

私は、3か月程度の就職活動で5社内定をいただきました。

まとめ

私は運よく、優良企業に就職することができ現在、就職して3年が経とうとしています。

ただ、個人的には正社員になってよかったと思います。

非常に親もフリーター時代は心配していたみたいでしたが、正社員になり涙をこぼすくらい喜んでいました。

また、今の時代は不景気の時代になっています。

正直、正社員で安定して稼いでいかないと厳しい世の中になっています。

仮にフリーター時代に病気にかかっていたら、どれだけ大きな負担になっていたかわかりません。

自分、一人で生きていけるようになるために、一歩を踏み出しましょう。

意外にも就職すること自体は、職歴がなくても簡単です。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …