ニートの就職体験談

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

投稿日:2017年3月28日 更新日:

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。

そう、あの事件が起こるまでは。

財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することに

ある日、会社で専務の財布が盗まれて大騒ぎになる事件がありました。

そして、同僚の仲の良い女性から思いもよらない言葉が発せられたのです。

その女性は私の事を指を指して財布を盗んだのを見たと言うのです。

私は何の事かわからずに否定しましたが、その女性が私の鞄を勝手に開けて中から何と専務の財布が出て来たのです。

もちろん本当に私は盗っていなかったので、はめれたんだと思います。

内気だった私は自分が盗ってしまったと認めてしまい、専務に謝罪をして会社を自主退職という形にして辞めました。

あんなに仲が良かったと思っていた同僚に裏切られ、会社のみんなから冷たい目で見られて、私は精神を病んでしまい部屋に引きこもる言わばニートになったのでした。

ただ無の日々、人間不信の5年のひきこもりニート生活

そして私は家の外に出る事はなくなりました。

父親も母親も私を気遣ってか何も言わずに見守ってくれました。

あの仕事場での一件から社会という組織や他人というか人が怖くなり、何もする気にもなれず常に体がダルいという状態でした。

1日の大半は何をするわけではなく、ぼーっとしたりパソコンでネットサーフィンをしたりと過ごしていました。

母親が私の部屋に朝と昼と夜の3食の食事を運んでくれて、それを食べていたので食事には困る事もありませんでした。

最初の頃は母親がドア越しに話かけてくれたりとしていましたが、ある時から一切返事も返さずにいて次第に会話もなくなりました。

寝ては起きて与えられた食事を食べて1日感情の起伏もまったくなく、なんで生きているんだろうとも思える日々でした。

それがいつの間にか5年も経っていたのです。

5年のニート生活で初めて知った両親の本音

そんな生活が5年続き、ある日の事です。

ドアの向こうでなにやら、両親が怒鳴り合っているのが聞こえてきたのです。

その内容は、私の事で両親が精神的に追い詰められてるのがわかるような話でした。

母親も父親も泣きながら怒鳴り合っているのがわかりました。

今まで私に気を遣ってか、見守りながら何一つ何も言わなかった5年間の両親の本音を聞きました。

私は心の中で自分を殴りました。

自分の事しか考えてなくて、私を抱えて両親がこんなに苦労していたなんて考えていなかった自分に物凄く腹が立ったのです。

そして、私はこんなに今まで暖かく見守ってきてくれた素敵な両親に、これ以上迷惑をかけたくないとニート生活を脱出する事を心に決めたのです。

同じ境遇者の体験談を参考にして真似てみた

しかし、0の状態の私は何からどうしていいのかがわかりませんでした。

そこで私と同じ様にニートから就職をしようとしている人の体験談などを片っ端から読ませて頂き参考にさせてもらいました。

私はそれを読んで、やはり同じ境遇の人の話は本当にタメになるんだなと思いました。

その中で、1番心に刺さった言葉がありました。

それは「駄目で当たり前であって自分が変わろうとしている事が重要なんだ」という誰かが書いていた言葉でした。

そして私は、一緒になって就職先を探してくれるからおすすめという、ハローワークに出向いて就職の相談をする事にしたのです。

私が参考にさせて頂いた方達はハローワークで仕事を探したというのが多かったです。

ハローワークはニートの人が仕事を探すのに相談に来る事例が多いらしく、職員の人も慣れているみたいです。

そしてハローワークでは職員さんが私の経歴やニートになった経緯などを親身に聞いてくれて、何日かに渡って通い一緒に仕事を探してくれました。

一生懸命探してくれた甲斐があってか、自宅から近くにある小さい簡単な事務作業の会社に就職する事が出来たのです。

まとめ

そして私は就職して3年が経ちました。

就職したばかりは、色々と気を遣ったり周りを気にしながら仕事をしていましたがある時に気付いたのです。

人は自分が思うほどこちらの事を何とも思っていないという事です。

それに気付いてからは仕事だけではなく、人生を生きやすくなったように思います。

あの時ハローワークに相談して正解だったと思います。

ニートの人の就活相談に慣れているのか、見つけてくれた就職先が私に合った職場だったからです。

私が働き始めてからは両親も明るくなり、今では笑いながら話せる仲です。

ニート生活から脱出できて本当に良かったです。

何か変えるのは難しい事ですが、少しでもこちらが動けばそれに合わせて小さくか大きくかはわかりませんが周りが動く事もあります。

勇気を持って少しずつでも動いてみてください。

何か変わるかもしれませんよ?以上が私のお話になります。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …