ニートの就職体験談

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。

日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。

就職のきっかけは彼女の存在でした。

この人を幸せにしたい!」と一念発起し、公務員試験を受けて合格。

20代後半で初めて、自由人を脱却して一社会人として働きはじめました。

その就職活動の過程をお話したいと思います。

25歳で日本に帰国後、好きな女性のために就職することを決意

20歳を過ぎても就職のことなど考えもせず、自分が見たい場所を見ようと、海外を渡り歩いて放浪していました。

1日100円くらいの安いメシを食べては、寝て起きてムダに歩いての繰り返し。

その頃、日本にいる友人たちはとっくに就職して結婚している人もいました。

海外にいるときも日本人とは接点がありました。

しかし、そこでの会話は「帰ってからどうする?」的な楽観的なことで、誰も焦ってはいませんでした。

海外とはそういう場所だったのです。

中には私の生活スタイルに辛辣な意見を言う人もいて、「そんなんじゃ生きていけない!」と叱咤されることもありました。

彼の言葉が強く耳に残ったこともあり、25歳で日本に帰ってから「とりあえず就職のためにパソコンでも習うか」と思ってスクールに通いました。

そこで、好きな女性ができ、その人を見ているうちに、「この人と一緒に生活するためには、自分が働かなきゃ!」と思い、真剣に就職することにしました。

就職しようと思ったのはたったそれだけの理由です。

仕事に対する希望や適性などは考えていませんでした。

自分探しはたっぷりやってきたので、バックパックのノリで職場を放浪してやろうくらいの気持ちです。

コンビニでバイトをしつつ公務員試験に向けて必死に勉強

遊牧民だった私を正社員で採用する企業はどこにもありません。

数社受けましたが、バイトでも落ちてしまい、生活はキリキリまい。

そんな中、ハローワークで紹介してもらったコンビニバイトを続けながら、社員として生活できるような仕事につきたいと思い勉強を始めました。

彼女を幸せにするためには、放浪人生とは真逆の堅い仕事につかなければと思い、地元の地方公務員の試験を受けることにしました。

1日5時間勉強して、お金がないために公務員受験のための学校は聴講生として週2回程度通うだけ。

それでも必死で勉強し夜はバイト、と忙しい日々を送りました。

1年間の勉強の末、公務員試験に合格

あの仕事がいい、あの仕事が向いてる、などは一切考えていません。

考えないほうが楽に一歩を踏み出せるからです。

一流企業に勤めようとしたらそれはハードルが高くて大変です。

とにかく、真人間になって彼女を振り向かせたいという思いで勉強しました。

そして、1年後の春には試験を突破して公務員になることができたのです。

どんな仕事に就くかは結果論であって、仕事=人間への愛情と言ってよいと思います。

この仕事でこんな人と関わりたいとか、あの場所に行けばあの人に会えるとか。

色んな理由がありますが、仕事をすることは人と関わることで、人への愛情がどんな適性や困難もひっくり返すパワーがあるのです。

一歩を踏み出す勇気はいらない

仕事とか就職とかいうと、いかにもリクルートスーツを着て、企業に勤めて希望を胸に仕事するという印象でした。

しかし、仕事とは人と関わることであって、アルバイトでも派遣でもいいから、ちょっと外へ出ればみんな普通に働いているのです。

誰も特殊な人間などいません。

みんな姿かたちの変わらない同じ人間です。

その同じ人たちが普通にしていることが、自分だけできないということはないのです。

長く続くかどうかは、適性や能力なども関わってくるでしょう。

しかし、働くことは決して敷居の高いことではなく、それに一歩を踏み出すような勇気も必要ありません。

普通にほかの人がやっていることと同じように、普通に履歴書を出してみて、職場を放浪でもしようではありませんか。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

高校中退して入った会社を廃業退職後、42歳でベンチャー企業の営業職に再就職できた話

16歳で高校中退した私に、たまたま応募した会社の社長が教えてくれた社会人のルール。 それだけが武器でした。 学歴なしで資格は普通免許だけ。 そんな私が42歳で再就職できました。 目次高校中退後自分の居 …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 話すととても長くなってしまうので割愛しま …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

30歳でコンビニバイトを辞め無職になった私が製線会社に就職することになるまで

私は現在32歳の男です。 二年前の30歳の時、私は勤めていたコンビニエンスストアの建て替えの影響で無職となりました。 それから無職の期間を経て正社員になったので、その経緯をお話ししたいと思います。 目 …