ニートの就職体験談

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

投稿日:

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。

私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。

26歳だった私は就職もしていて彼女もいました。しかし、ギャンブルにのめりこみ借金を抱えて疲れていた私に追い打ちをかけるように彼女から振られ、生きていく希望を見失います。

さらに不運は続いて仕事で大きな損害を出してしまうのです。社内では左遷となりその職場の人間関係になじめず退職しました。これが無職となるきっかけです。

絶望しかない。親も身内もいない車中無職生活

無職になってから不安がたくさんありました。お金もないし住むところもなく車中生活をしていました。親も身内もおりませんので行く当てもありません。

とにかく何もない状態になりました。本当に死んでしまいたいと思うようになります。

ある時、夢を見ました。自分の親や親しかった人が昔の思い出のように何とも言えない気持ちになりました。

おなかもすいて、今この現状を変えなきゃならない、就職せねばと何とか立ち上がることができました。

根気強くハローワークに通い、ついに人材派遣会社に入社!

それから私はハローワークへ通いました。前職から期間が空いていたので断られることも多く自分が働けそうな職種がなかなか見つからないでいました。

しかし根気よく諦めずにいたとき、自分の持っている資格に合った仕事が見つかるのですがなんと人材派遣会社でした。窮地だった私は寮もあるからとりあえずここでしのごうと安易な気持ちで入社しました。これが私の人生を決めたのです。

派遣会社に勤めて3年がたったころ「正社員にならないか?」と派遣先の部長に言われました。すごくうれしかったですね。そのころには借金も完済していました。

彼女はいませんでしたけれど私はもう昔の私ではないんだと辛かったあの時と全く違う実感があふれるほどわきました。それから正社員となりその後結婚して、二人の子供に恵まれ、家も購入しました。就職して頑張ってきたことで私は自分の力で幸せを手に入れたのです。

「無職=悪」というのはもう古い

無職は世間では物珍しかったり否定的な立場に受け止められる傾向にありますが、無職は悪いことではないし様々なライフスタイルが選べる今の時代に働くことは正義だなんて時代はもう古いと思います。

また幸せのつかみ方や感じ方も人それぞれです。私の場合は自分が生きていくための手段が就職でした。今では家族を幸せにするものとなっています。

就活していた当時も就職氷河期と言われていた時代に仕事を選べる立場にないのに、偶然にも派遣という形でしたが仕事に恵まれました。それが今も続けていってるのですが仕事も人との出会いのようにめぐりあわせなんだなと思います。

そして会社を好きになることで自分の境遇も変わっていき、その見返りかのようにまた会社も自分が好きなのかのように恩恵をたくさん与えてくれます。私は今の会社が大好きだしたくさんの恩もあります。

今辛くても絶望せず何度でも立ち向かう勇気を持ってほしい

今現在、無職で就活している人へ言いたいです。

焦らないで縁を待ってみるのもいいと思います。やりたいことが見つからなければゆっくり自分を分析してみるのもいいです。「最低何年は我慢」とよく言いますがもうその考えも古いと思います。やりたいことや好きなことに時間が使えるようになってほしいです。

そのためには自分をよく知ることが大事です。また、思わぬ運命的な出会いのような仕事に巡り合えるかもしれません。辛くても絶望してもあきらめないことが大事で、ダメだったとしても何度でも立ち向かうほどの勇気を身につけてほしいです。

最後に就職したら好きなことをぜひ見つけてほしいです。できることなら集中してできることがいいです。なぜならそれが自分にとって一番やりがいがあることだからです。

それを見つけたらそのことについてはだれにも負けないよう知識や技量を身に着けてほしいです。自分を変えられるのは自分だけなんだとどうか自信をもって就活に挑んでほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

高校中退して入った会社を廃業退職後、42歳でベンチャー企業の営業職に再就職できた話

16歳で高校中退した私に、たまたま応募した会社の社長が教えてくれた社会人のルール。 それだけが武器でした。 学歴なしで資格は普通免許だけ。 そんな私が42歳で再就職できました。 目次高校中退後自分の居 …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …