ニートの就職体験談

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

投稿日:

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。

私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。

26歳だった私は就職もしていて彼女もいました。しかし、ギャンブルにのめりこみ借金を抱えて疲れていた私に追い打ちをかけるように彼女から振られ、生きていく希望を見失います。

さらに不運は続いて仕事で大きな損害を出してしまうのです。社内では左遷となりその職場の人間関係になじめず退職しました。これが無職となるきっかけです。

絶望しかない。親も身内もいない車中無職生活

無職になってから不安がたくさんありました。お金もないし住むところもなく車中生活をしていました。親も身内もおりませんので行く当てもありません。

とにかく何もない状態になりました。本当に死んでしまいたいと思うようになります。

ある時、夢を見ました。自分の親や親しかった人が昔の思い出のように何とも言えない気持ちになりました。

おなかもすいて、今この現状を変えなきゃならない、就職せねばと何とか立ち上がることができました。

根気強くハローワークに通い、ついに人材派遣会社に入社!

それから私はハローワークへ通いました。前職から期間が空いていたので断られることも多く自分が働けそうな職種がなかなか見つからないでいました。

しかし根気よく諦めずにいたとき、自分の持っている資格に合った仕事が見つかるのですがなんと人材派遣会社でした。窮地だった私は寮もあるからとりあえずここでしのごうと安易な気持ちで入社しました。これが私の人生を決めたのです。

派遣会社に勤めて3年がたったころ「正社員にならないか?」と派遣先の部長に言われました。すごくうれしかったですね。そのころには借金も完済していました。

彼女はいませんでしたけれど私はもう昔の私ではないんだと辛かったあの時と全く違う実感があふれるほどわきました。それから正社員となりその後結婚して、二人の子供に恵まれ、家も購入しました。就職して頑張ってきたことで私は自分の力で幸せを手に入れたのです。

「無職=悪」というのはもう古い

無職は世間では物珍しかったり否定的な立場に受け止められる傾向にありますが、無職は悪いことではないし様々なライフスタイルが選べる今の時代に働くことは正義だなんて時代はもう古いと思います。

また幸せのつかみ方や感じ方も人それぞれです。私の場合は自分が生きていくための手段が就職でした。今では家族を幸せにするものとなっています。

就活していた当時も就職氷河期と言われていた時代に仕事を選べる立場にないのに、偶然にも派遣という形でしたが仕事に恵まれました。それが今も続けていってるのですが仕事も人との出会いのようにめぐりあわせなんだなと思います。

そして会社を好きになることで自分の境遇も変わっていき、その見返りかのようにまた会社も自分が好きなのかのように恩恵をたくさん与えてくれます。私は今の会社が大好きだしたくさんの恩もあります。

今辛くても絶望せず何度でも立ち向かう勇気を持ってほしい

今現在、無職で就活している人へ言いたいです。

焦らないで縁を待ってみるのもいいと思います。やりたいことが見つからなければゆっくり自分を分析してみるのもいいです。「最低何年は我慢」とよく言いますがもうその考えも古いと思います。やりたいことや好きなことに時間が使えるようになってほしいです。

そのためには自分をよく知ることが大事です。また、思わぬ運命的な出会いのような仕事に巡り合えるかもしれません。辛くても絶望してもあきらめないことが大事で、ダメだったとしても何度でも立ち向かうほどの勇気を身につけてほしいです。

最後に就職したら好きなことをぜひ見つけてほしいです。できることなら集中してできることがいいです。なぜならそれが自分にとって一番やりがいがあることだからです。

それを見つけたらそのことについてはだれにも負けないよう知識や技量を身に着けてほしいです。自分を変えられるのは自分だけなんだとどうか自信をもって就活に挑んでほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

大学卒業後、小説を書く道を選び無職に。27歳の実家ニート状態だった私が医療機器メーカー営業職に就職できたきっかけ

私は現在29歳の男です。 27歳のときに無職から医療機器メーカーの営業職に就職することができたのでその話を書こうと思います。 目次東京の大学を卒業するも、就職せずに小説を書く道を選ぶ26歳の夏にエアコ …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。 今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。 目次26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に2年間の …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …