ニートの就職体験談

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

投稿日:2019年9月14日 更新日:

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。

無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。

新卒で入った会社で鬱になり、25歳で退社

私は大学卒業後に事務職でIT系の会社に就職しました。

私は通っていた大学があった県でそのまま就職したのですが、大学の友人たちは東京、大阪などの大都市に散らばってしまい、近くに愚痴を言い合える仲の人がいなくなってしまいました。

そして、入った会社はIT系だったのですが、事務員は少ししかおらず、私が入社した年に入った事務員は私だけでした。

同期は私以外全員がシステムエンジニアだったこと、女性が私一人だったことで仕事の話が合わず、飲み会などで楽しめはしましたが仕事の愚痴などは話せなかったため、入社当時から精神的に辛いものがありました。

事務の部署は10人ほどしかいない閉鎖的なところで、部長が幅を利かせていたため私はいびられるような形になってしまい、だんだん精神的に参っていましたが、決定的なパワハラとまではいかなかったのと、私が小心者だったことから誰にも相談できず、入社して3年経った25歳のときに鬱病を発症してしまいました。

そして、3か月休職しましたが治らず、その状態でまた部長と接することは不可能だと思い、休職明けに自主退社をすることに決め、無職になってしまったのです。

鬱病で2年間ニート生活ののち、就活を開始

鬱病になったことでアパートを引き払って実家に帰り、半年ほど通院しながら療養をしているとだんだん回復していくのがわかりました。

しかし、鬱病を経験したことで体力的にも弱ってしまい、気力も戻らなったためその後もニート生活を続け、気付けば2年間ニート生活をしてしまっていたのです。

そして、退職から2年後の27歳のときに「さすがにこの状態ではまずい」と思い、就職活動を開始することにしました。

就職活動を開始したものの、また病気が悪化したらと思うと怖くなり、実家から通えるように地元で事務員の募集をしている会社に応募すると決めました。

具体的には、ハローワークから12社応募したものの、10社は書類選考で落とされ、2社で面接、そして1社で採用していただきました。

ありのままを話したことで採用してもらえた

書類選考で落とされた10社は、無職だった空白の2年間のせいで落とされたのだと思います。

しかし、面接してもらえた2社では正直に2年間のことを話しました。面接の結果不採用だった会社も、病気に対して差別的なことは言われずに終始穏やかな雰囲気で面接をしてくださったのでありがたかったです。

そして、採用していただいた会社の面接では、前の職場で部長からパワハラまがいな扱いを受け鬱病になったことも正直に話しました。

すると、採用担当の方が「そんな部長だったら僕でも怖いです」などと優しい言葉をかけてくださり、病気のことについても理解をしてくださいました。そして「仕事が出来れば個人的な事情などは問いません」と言ってくださり、採用していただいたというわけです。

会社にもよると思いますが、変に隠し事をして後でトラブルになってしまうより、ありのままを話した方がよいのかなと思います。あとで採用担当の方に聞きましたが、私がありのままを話したので誠実な人間に思えたそうです。もちろん、そのようにプライベートなことを話すような社風ではない会社もあると思いますので、全ての就職に当てはまるわけではないと思います。

しかし、私は上司との人間関係で鬱病になってしまったので、次に働くところはアットホームで人間関係の風通しがいいところにしたいと思っていました。

そして、私がありのままを話した結果、好印象を持ってくださる優しい社風の会社とご縁が出来たということですので、再就職をしたい方は「どのような会社に就職したいか」というビジョンは譲らずに、自分のビジョンを理解してくれる会社を見つけた方が良いかと思います。

社風が合わない会社に就職しても、精神的に満たされないまま働くことになり、その結果、また無職になってしまったら元も子もないからです。私は自分の希望通りの社風の会社と出会えたことで、就職してからも健康で働くことができました。

まとめ

私は27歳で就職活動を始めたとき「もしかしたら一生どこにも採用されないかもしれない」と思い、そして、途中諦めかけましたが、何とか再就職をすることができました。

現在無職でお悩みの方も決して一生働けないということではなく、環境が整いさえすれば働けるのだと思います。現在再就職を希望している方はぜひ頑張ってほしいです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …