未分類

ニートから再就職時の履歴書の書き方、面接の自己PR方法

投稿日:2017年5月22日 更新日:

一度就職したものの、退職してニートになってしまった人は数多くいます。

やがて、再就職に向けて動き出すことがほとんどですが、その心中は不安なことばかりかと思われます。

歴書の書き方や面接での受け答えなど正解がわからず、かといって正解を教えてくれる人が周りにいなくて、ただただ困ってしまうこともあるでしょう。

本記事では、ニートが再就職するときに不安に感じやすい、書類作成や面接についての注意点をお話していきます。

ニートから再就職!履歴書の書き方

ニートが就職活動を行う際、一番の難関は書類選考です。

空白期間を問題視する企業がほとんどですので、なかなか書類選考を通過することができません。

ただ、履歴書の見栄えを良くする方法はありますので、少しでも書類選考を通過する確率を上げるために、しっかりとコツを把握しておきましょう。

職歴欄

まず、履歴書の職歴欄についてです。

マニュアル本などを見ると、短い職歴なら書かない方が良い、といったアドバイスがあります。

これは無視しましょう。

短い職歴でも、ちゃんと書きましょう。

職歴欄が真っ白になるよりも見栄えが良いですし、働いたことがあることはプラスに働きます。

また、アルバイトをした時期があるのであれば、それも書きましょう。

アルバイトは職歴にならないのですが、ニートの場合は働くことができる人材であることのアピールになります。

とにかく職歴欄は埋めると覚えておきましょう。

自己アピール欄

次に、履歴書の自己アピール欄です。

日本人は主張が苦手な人が多いですので、ニートに限らず困るところです。

どんな些細な事でも書いた方が良いのですが、ニートの場合は職場での経験が乏しいので書きづらいと思います。

困ったら、体力があることをアピールしましょう。

どんな仕事でも体力を使いますし、ニートは体力の無さが不安視されるからです。

実際に体力がなければ、すぐにでもトレーニングを開始して、体力をつければ嘘ではなくなります。

志望動機

志望動機もなかなか書きづらい箇所です。

求人を見るまで聞いたこともない企業に応募するのですから、志望動機など無いことがほとんどでしょう。

しかし、ここをちゃんと書くことで他の応募者と差をつけることができます。

ホームページで会社のことを調べてわかったことを志望動機に結び付けましょう。

たったそれだけでも、志望動機の質は格段に良くなります。

ニートから再就職時の面接での受け答え

書類選考を通過すれば、いよいよ面接です。

ニートには聞かれやすい質問がいくつかありますので、その質問に対してどう答えればよいか提示します。

前職について

まず、前職についてです。

これはニートに限らず聞かれる質問ですが、なぜ辞めたのかといったことが質問の中心になります。

多くの場合、辞めた理由は残業が多かったり、パワハラがあったり、人間関係が悪かったりといったネガティブな理由でしょう。

そのまま面接官に伝えると印象がよくありません。

ポイントとしては、自分が未熟であったこと、今は未熟さを克服した、あるいはしつつあるといった言い方をすることです。

例えば、「前職は残業が多く、体調を崩してしまいました。現在は、ランニングや筋トレを行い、体力面を強化しましたので、問題なく働くことができます」といったように、他人のせいにせず、未熟さを改善してきたことをアピールしましょう。

自己PR

次に、自己PRについてです。

基本的には、履歴書に書いた、自己アピールについて話せばよいです。

履歴書の自己アピールでは、記述欄の制約から自分ができることしか書けないことが多いです。

面接での自己PRではそれに加えて、自分ができることを使って、どうやってその会社に貢献することができるかを付け加えると良いでしょう。

体力がある事を自己アピール欄に書いたなら、「体力があるのでいくつもの客先に対して粘り強く交渉をすることができますので、売上アップに貢献できます」といった具合に、役に立つことをアピールしましょう。

空白期間

最後に、空白期間についてです。

空白期間が長ければ長いほど重要さを増す質問です。

空白期間に何をしていたのかと問われれば、多くのニートはダラダラしていたと答えるでしょう。

面接でそのように答えるわけにはいきませんので、資格勉強をしていた、自分のキャリアプランをじっくりと考えていた、病気を抱えていた、身内の介護をしていたなどの理由を答えましょう。

そういった理由がなければ、正直にダラダラしていたと答えましょう。

ただし、今はダラダラした時間を後悔している、といった反省の弁も付け加えて、悪い印象を与えないようにしましょう。

まとめ

以上、ニートが再就職するときに不安に感じやすい、書類作成や面接についての注意点についてお話しました。

事前に対策を立てておけば、不安はいくらか解消されると思います。

本記事を参考にして、対策の上、履歴書作成や面接に臨みましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。 なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。 しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。 …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …

高学歴ニート女性の特徴2つとおすすめの仕事3選

ニートには男性が多いイメージがありますが、実際には男女比は1対1で、女性のニートも数多くいます。 さらに、大学進学率が上昇していくにつれて、高学歴のニートもどんどんと増えています。 女性も高学歴も世間 …