ニートの就活のやり方

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。

そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。

しかしどのように就職活動をしたら良いのか、分からないですよね。

 そこで、大卒ニートはどのように就職活動をしたら良いのか、お伝えしていきます。

自分の得意分野を知る

大卒ニートが就職活動する際は、まず「自分が得意なことは何なのか」を把握しましょう。

例えば、大学ではレポート作成の時、パソコンを使用することが多いです。

その経験をもとに、面接ではパソコンを使った文書作成が得意だということをアピールすることができます。

ただし、単に「パソコンが得意だ」というだけでは採用されない場合もあります。

どの程度までパソコンが得意なのか、面接の段階では把握することが困難だからです。

マイクロソフト認定資格(MOS)や、日商PC検定など、初対面の人でもパソコンスキルがあることをアピールできる資格を取ることをオススメします。

また、「自分が大学の中で経験したことや学んだことを活かす」ということも、1つの方法です。

具体的な例を挙げると、「学祭の委員会に入り、企画や運営を通して○○の経験を体験することができた。」と、アピールすることができます。

プレゼンや企画がある職場の場合、このアピールは好印象を持ちます。

「大卒」という学歴のプライドを捨てる

大卒ニートの人が気にしがちなのが、学歴です。

就職すると、様々な人がいます。中には高卒の人や年下の人が自分の上司となる場合もあるのです。

大卒ニートの中には、劣等感を感じる人もいます。

職場の人も、「大卒のくせに・・」と、斜め上に物事を見る人もいます。

社会に出たら、先に働いた人が先輩です。

学歴ではなく、仕事ができる人が評価されます。

仕事に取り組むときは、「大卒」というプライドを捨てましょう。

仕事に真摯に取り組むことで、周りの評価も変わりますよ。

単発のアルバイトや派遣に取り組む

 職歴がない人や、在学中アルバイトをしたことがない人は、単発のアルバイトや派遣をしてみましょう。

まずは「働く」ということに慣れることが大切です。

単発のアルバイトや派遣は、ハローワークよりもネットの求人サイトに多くあります。

5月の連休や8月の長期休みの時は、多くの観光施設やレジャー施設で臨時のアルバイトを募集しています。

興味のある仕事を見つけたら、どんどん取り組んでみましょう。

 また単発のアルバイトをするメリットとして、「職歴に記載できる」ということが挙げられます。

職歴が空白よりはあったほうが、採用されやすいからです。

もちろん、単発のアルバイトをする傍ら、転職サイトなどを利用して就職活動することを忘れずに。

おすすめは転職・求人サイト最大手のリクナビNEXTです。

登録は無料なので、この機会に登録しておきましょう。

>> 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

公務員試験を受ける

 30歳前の大卒ニートであれば、公務員試験を受けることをオススメします。

公務員の種類として、市役所勤務の他に、警察官や消防官などがあります。

公務員試験は大卒程度の学力を必要としているので、他の人に比べて合格しやすいです。

また受験は併願受験が可能なので、自分が働きたい地域で受験することができます。

 公務員のメリットとして「安定している」ことが挙げられます。

福利厚生もしっかりしているので、長期的に働きたい人にはオススメです。

デメリットとして、「給料が上がりにくい」ことが挙げられます。

公務員の給料は税金です。

なので、残業代も出ない場合が多いです。

自分がどのような生活をしたいのか考えてから、公務員を検討してみましょう。

>> ニートから公務員試験を受ける方法!合格確率(倍率)、面接の内容は?

まとめ

 いかがでしょうか。大卒ニートは、仕事を選ばなければ就職口はあります。

大切なのは、「自分が今後どのような生活を送りたいのか」を考えながら仕事を探すことです。

そして仕事が決まったら、真摯に取り組んでください。

その仕事ぶりが評価され、仕事ができるようになったとき、社会復帰が成功したことになります。

-ニートの就活のやり方
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

ニートから派遣で働くのはおすすめ?メリットとデメリット

 ニートの人にとって、仕事を見つけて働くというのはとても勇気のいることですよね。 「仕事が出来なかったらどうしよう」「人間関係が上手く行くか心配」と悩んで、一歩を踏み出せないと考えている人も多いです。 …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

30代から楽な仕事に転職するためには?具体的な方法やコツを紹介

20代の頃はがむしゃらに働いて、30歳を過ぎた中堅になれば、どんどん給料も地位も上がっていって余裕も出てくる。 だから辛いこともあるけど頑張って働いていたのに、いざ30歳になってみると、給料は全然上が …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

ニートの復帰は無理?バイトと正社員はどっちからがいい?おすすめの仕事

ニート生活を経てからの社会復帰、となると「まずはアルバイトから肩慣らししたほうが良いのかな」など、様々な不安や疑問が頭をよぎると思います。 ニート生活で趣味として武道や格闘技をやっていたなど、何か力の …

女性ニートは脱出できる!結婚、家事手伝い、仕事におすすめの資格3つ

ニートというと男性を思い浮かべがちですが、実際には女性のニートも数多くいます。 ニート=男性という世間のイメージから、女性ニートに向けた対策などはあまり取られておらず、なかなかニートから抜け出しにくい …