ニートの就活のやり方

社会人経験なしで就職する方へのアドバイス

投稿日:2017年4月30日 更新日:

社会人になる時には誰もが不安を感じるものです。

新卒の方はもちろんですが、しばらくニートを続けていて、ようやく就職にたどり着いた方はなおさら不安に思うことでしょう。

そこで本記事では、ニートが初めて就職した時に気を付けた方がよいことをご紹介したいと思います。

大切なのは挨拶

まず、大切になるのは挨拶です。

社会人になるにあたって、挨拶がまともにできなくては話になりません。

職場に入ったら、元気よく挨拶するところから始めましょう。

元気がないとやる気がないように見えます。

社会人になったばかりの新人は当然ながらまともに仕事をすることができません。

その上にやる気がないように見えると、周囲からの評価はひどいものとなっています。

新人は仕事ができるかどうか、を評価されているわけではありません。

仕事を覚える気があるか、やる気があるのかを評価されています。

やる気があるのかを表現するのは非常に難しいです。

いくらやる気があっても外から見えなければ、もっと具体的に言えば、上司がやる気があると判断しなければ、意味がありません。

そして、一番やる気があるかどうかを判断しやすいのが挨拶です。

挨拶がまともにできない人は仕事もできないと思っている人は非常に多いです。

ですので、挨拶が大切となります。

長期間ニートを続けてきた人は声を出すのが苦手な傾向があります。

しばらく喉を使っていないと、声がまともに出せなくなっています。

入社前に発声練習をした方がよいでしょう。

年齢、学歴は関係ない

社会人において重要視されるのは、社会人での業務経験です。

業務経験の長さで上下関係が決まる、といってよいでしょう。

しばらくニートを続けてから就職すると、上司や同僚が年下であることはざらですし、業種によっては学歴も下であることも普通にあります。

それでも、社会人経験が彼らの方が多いので、社会においては彼らの方が上の立場になります。

そうしたことを心に留めておきましょう。

ニートを続けてようやく就職した人の中にはプライドが高い人がいます。

表面上は年下の上司や同僚に従っているのですが、言動の節々に「年下のくせに」とか「高卒のくせに」といった気持ちが出てしまっている人が少なからずいるのです。

そうした言動は周囲の人に伝わってしまうものです。

当然評価は下がってしまいますし、せっかく勇気を出して社会に踏み出したのに職場での雰囲気が悪くなって働きにくくなってしまいます。

そうならないように、社会人での経験がものをいう、ということをあらかじめ理解しておきましょう。

失敗しても落ち込まない

新人に失敗はつきものです。

毎日が初めてのことだらけですので、いくらメモを取っていてもすべてを覚えきることができず、言われた事でも失敗してしまうことがあります。

失敗してしまえば落ち込んでしまうのは当然なのですが、落ち込んだままでは仕事はまともにこなすことができません。

失敗したら、落ち込まないようにしましょう。

失敗した時には、まずは迷惑をかけた相手に謝罪します。

その後は、落ち込まずに反省するに留めましょう。

どうして失敗したのか、その原因をしっかりと把握して、次回には同じ失敗をしないようにすれば、それで十分です。

いつまでもうじうじと落ち込んでいると、周囲も扱いに困ってしまいます。

そうなると上司も仕事を頼みにくくなりますので、職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

失敗したらしっかり反省して、その後は引きずることなく努めて明るく振舞うことが大切です。

まとめ

以上、社会人経験なしで就職した時に注意すべきことを3点ご紹介しました。

新しいステージに向かう時にはどうしても不安になってしまいますが、ご紹介した心得を参考にしていただいて、少しでもその不安が解消されればと思います。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【チャンスあり】アルバイトから正社員になるきっかけやパターン5つ!

企業のなかには、労働力を安定的に確保したいなどの狙いからアルバイトを正社員に登用する取り組みを積極的に行っているところがあります。 ただ、それらの企業においても、人によっては早い段階でアルバイトから正 …

ニートがバイトに受からない4つの原因と対処方法

アルバイトを始めて社会復帰しようと考えているニートは数多くいると思います。 その中には、実際にアルバイトへ何度か応募したものの全て落ちてしまい、落ち込んでしまっている人もいることでしょう。 本記事では …

既卒からの就活を成功させるための方法全まとめ!

目次既卒とは?既卒からの就活の実態、現実既卒が就活で不利になる理由と対策既卒の就活の流れエントリーする会社探し書類と面接対策をする既卒からの就職活動の方法ハローワーク会社ホームページから応募求人サイト …

30代ニート職歴なしが就職をするために必要な3つのこと

30代職歴なしのニートが就職するのは非常に大変です。 履歴書を送っても門前払いとなることも多いですし、公務員などではそもそも年齢制限で引っかかって応募すらできないこともあります。 しかし、決して就職が …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

新卒カードは既卒と比べてどれくらい就活で有利?新卒だからこそ入りやすい職種5選

新卒カードということばがありますが、就職活動において新卒は圧倒的に有利だと言われています。 当記事ではその理由を中心に、既卒と比較しながら説明しています。 目次新卒カードとは?新卒は有名な大企業への就 …

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …