ニート向けの仕事一覧

ニートからbtob企業への就職はおすすめ?メリット、デメリット、求人の探し方

投稿日:2017年10月11日 更新日:

ニートが就職活動を行っていても、大手や有名企業は新卒などに採用が決まりがちですよね。

また仕事を探していても、「とりあえず聞いたことがある会社に応募してみようかな」と考えるも、人気のある職種はすぐに応募が締め切られます。

そこでオススメなのが「btob企業(ビートゥービー)」です。

しかし名前を聞いただけでは、どんな企業なのか、分からないですよね。

ここでは、btob企業とはどんな企業なのか、メリットやデメリットを交えながらお伝えしていきます。

btob企業とは?

 btob企業とは、「取引相手が会社」である企業を指します。

例を挙げると、福祉施設や病院に、ベッドなどのリネン類を販売する会社は、btob企業となります。

それに対し、お客さんが一般の消費者の場合、btoc企業となります。

例えば、アパレルショップがお客さんに服を売るのは、btoc企業です

btob企業のメリット

btob企業への就職のメリットとして、優良企業が多いということが挙げられます。

btob企業は会社が取引相手となります。

なので、質の高い商品やサービスを提供することが求められています。

質を重視しているので、職員も仕事に対するモチベーションが高いです。

自分が興味のある仕事がbtob企業であれば、仕事に対して意欲的に取り組むことができますよ。

また、競争率が低いので採用されやすいというのも、btob企業のメリットです。

btoc企業の場合、ブランド力があるため知名度は高いです。

その為就職の競争率も高く、ニートが就職するのは困難です。

それに対してbtob企業は、広告などは行っていない為、知名度は低いです。

「本当にこの仕事がしたい」という人には、btob企業がオススメです。

btob企業のデメリット

 btob企業のデメリットとして、「多様なスキルが必要になる」ということです。

あるプリンター会社を例に挙げると、相手(会社)に自社のプリンターを使ってもらう為に、自社製品をアピールすることが求められます。

「なぜこのプリンターが便利か」「このプリンターを使うことで、あなたの会社にどのようなメリットがあるか」を、説明しなければいけません。

また、その場で上手く説明できたとしても、リースするかどうかは複数の会社役員が決めます。

なので、第三者が見ても分かりやすい資料を作成する能力も必要です。

勿論、初対面の人でも上手く対応できるコミュニケーション能力も重要です。

また「求人を探しにくい」というデメリットもあります。

btob企業の仕事内容が分かりづらく、求人票を見てもbtob企業か判断できない場合が多いからです。

学校であれば、就職担当者が学生にアドバイスをすることができます。

しかしハローワークの職員は、仕事内容を十分に把握していない場合が多いです。

ニートがbtob企業に就職するには?

 btob企業に就職したいと思っても、中々求人を見つけるのは難しいですよね。

btob企業を見つける方法として、「ホームページを見る」ことがあります。

btob企業の場合、宣伝としてホームページを作成している職場があります。

その中に「企業様向け」のページがある会社は、btob企業である可能性が高いです。

もう一つより効率よくbtob企業の求人を探したい!という人におすすめなのが、転職サイトで検索することです。

例えば、求人サイト最大手のリクナビNEXTだと、キーワードから求人を探す機能があるので、そこに「btob」と入れて検索すると多くのbtob企業の求人が出てきます。

転職サイトを使うことで、一度により多くの求人を見つけることができるので、ぜひ活用してみてください。

登録も利用もすべて無料です。

>> リクナビNEXT

また「仕事内容を直接聞きたい」という人にオススメなのが、「就職面接会」です。

ハローワークでは年に数回、様々な企業が集まる就職面接会を開催しています。

そこでは企業の採用担当者も来るので、実際の仕事内容を聞いたり、その場で面接を行ったりすることもできます。

まとめ

 いかがでしょうか。

btob企業は取引相手が会社なので、商品やサービスの質を重視します。

なので、ブランド力ではなく、仕事を真面目に取り組みたい人にはオススメです。

半面、コミュニケーション能力やプレゼン能力など、様々なスキルが求められます。

しかし、最初から上手くできる人はいません。

仕事を覚えていきながら、長期間かけて経験を培うことを心がけましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートに肉体労働はおすすめ?肉体労働系の仕事、職種一覧と仕事内容の紹介

ニートは普段体を動かす機会が少ないため、体力が低下しがちです。 そのため、肉体労働に対して非常にハードルが高いと感じているニートの方も多いのではないでしょうか? 一般的に肉体労働というと、 「体力がな …

ニートに引越し業はおすすめ?業務内容や向いている人を紹介

引越し業に興味を持っているニートの方もいらっしゃると思います。 実際に私もニートを抜け出した時、バイトではありますが引越し業を行っていました。 本記事では引越し業の業務内容や待遇、向いている人について …

社会復帰はもう目前!ニートでもできる仕事5選

ニートの中には、ニートでも簡単にできる仕事さえあれば、すぐにでも働きだすのに、と考えている人が多いのではないでしょうか。 しかし、簡単な仕事はなかなか見つかりませんので、諦めてしまっているかもしれませ …

ニート脱出には人手不足の業界を狙うのがおすすめ

多くのニートの方は、どうにかニートから脱却しようと考えていると思います。 しかし、どうやって就職活動をすればよいのか、特にどんな業界ならニートでも受け入れてもらえるのかわからず、結局何もせずに日々を過 …

ニートはコールセンターのアルバイトがおすすめ?業務内容や待遇

    コールセンターは電話を通して人と話すので、コミュニケーションが苦手なことが多いニートには向いていない、と思っていませんか? 実は、コールセンターのバイトは、ニートにこそ合っているものと言えるの …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。 専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。 そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートで …

工場勤務から転職する人へのアドバイス!異業種への転職と工場への転職

現在で工場で働いていらっしゃる方で転職を考えている方は多いと思います。 実際工場勤務を得て、SEになった方やライターのなった方など様々な職種に転職された方は多くいます。 また、工場から違う工場へ転職さ …

ニートから証券会社に就職できる?必要な資格、年収や待遇

ニートの中には証券会社に興味を持っている人もいると思います。 証券会社は主に株式の売買の窓口となったり、証券会社自身が株式の売買を行うことで、経済学、金融学の知識をフル活用して、グローバルな活躍をする …

人と接することが苦手なヒキニートに最適なアルバイト4つ

引きこもりニートをしている人の多くは、人と関わることを苦手としており、そのせいでなかなかニートから抜け出すことができません。 かといって、働く意思がないわけではなく、人と接することがない、あるいは少な …