ニートの就活のやり方

ニートが話しやすい職場の3つの特徴と探し方

投稿日:2017年10月1日 更新日:

どんな仕事でも少なからずコミュニケーションを取らなくてはいけません。

しかし、多くのニートはコミュニケーションを取るのが苦手であり、コミュニケーションが就職によるニート脱出の障壁になっています。

ですので、ニートでも馴染みやすい職場、話をしやすい職場であれば、安心して就職することができるはずです。

そこで本記事では、ニートが馴染みやすい、話をしやすい職場の特徴や探し方をご紹介します。

ニートでも馴染みやすい職場の3つの特徴

どの職場でもニートが馴染みにくいわけではありません。

コミュニケーションが苦手と感じるニートでも自然と話ができる職場も世の中には数多くあります。

そうした職場の特徴を3つご紹介します。

1つ目の特徴は、元ニートが多い職場です。

職場でニートが馴染みにくいのは、ニート自身だけが原因ではなく、周囲の人にも原因があります。

周囲の人たちもコミュニケーションに不安を覚えていることが多く、ニートをどう扱ってよいかわからず困っています。

ニートも周囲の人も適切な距離感を掴めないので、コミュニケーション不全に陥るのです。

しかし、元ニートが多い職場であれば、元ニートの人はもちろん、ずっと働いてきた人でもニートに慣れていますので、悪い意味での特別扱いはしません。

普通の人として扱ってくれるので、ニートも職場に馴染みやすくなります。

2つ目の特徴は、年齢層が高い職場です。

社会人経験の長さがものを言う世界だとはわかっていても、年下の上司にこき使われるのは気持ちの良いものではありません。

ニート自身はそのように考えていますが、年下の上司も扱いづらさを感じています。

その結果、ギクシャクとした職場環境になってしまい、コミュニケーションがうまくいかなくなってしまいます。

年齢層の高い職場では、立場も年齢も一番下であることも多いです。

そのため、立場と年齢が逆転することが少なく、余計な気遣いをしなくても済みます。

3つ目の特徴は、同じ趣味を持つ職場です。

コミュニケーションが苦手な人の特徴として、何を話してよいかわからず困ってしまうことがあります。

共通の話題がないために、軽い世間話なんかもできずに気まずい時間を過ごすことも少なくありません。

普通の職場には、様々な年齢層、趣味趣向、バックグラウンドを持つ人たちが集まりますので、ニートにはなかなかハードルが高いのです。

しかし、同じ趣味の人たちが集まる職場であれば、話題に事欠きません。

なかなか同じ趣味の人たちが集まることはありませんが、趣味と仕事内容が一致していれば、必然的に同じ趣味の人たちが集まることになります。

ニートでも馴染みやすい職場の探し方

職場にどんな人がいるのかを就職前に知るのは難しいので、こればかりは入ってみないとわからない、とよく言われています。

たしかにその通りなのですが、ある程度絞り込むことによって、馴染みやすい職場に入る可能性を高めることは可能です。

上述した3つの特徴のどれか、あるいは複数に合致した職場を探しましょう。

年齢層が高い職場を探すのが一番簡単です。

求人票には社員の平均年齢が掲載されています。

それを確認するだけなので、誰でも簡単に行うことができます。

同じ趣味の人たちが集まる職場、つまり趣味=仕事の職場は見つけること自体は簡単ですが、求人があるかは運次第です。

こまめに求人を確認して、そういった職場の求人を逃さないようにしましょう。

一番難しいのはニートが多い職場を探すことです。

まれにニートも歓迎といった謳い文句で元ニートがいることをアピールする会社はありますが、基本的には元ニートの比率や人数を出している会社はありません。

これに関しては、ハローワークの職員や転職サイトのエージェントであれば、情報を持っている可能性がありますので、そうした人達に聞いてみるしかありません。

まとめ

ニートでも馴染みやすい職場であれば、案外気楽に働くことができて、簡単にニートを脱出することができるものです。

ぜひ本記事を参考にして、馴染みやすい職場を探してみましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

転職活動時でのIT系ブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、主に、労働基準法を守っていない会社のことをいいます。 せっかく転職するのであれば、無給労働やパワハラが横行しているような会社には、入社したくないですよね。 しかし、求人には時期的な縁 …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

新卒で退職するときに知っておきたいポイントをまとめて解説!

厳しい入社試験を突破してせっかく就職が決まっても、数か月~数年内に退職する新卒者は少なくありません。退職の原因は人間関係、給与、仕事内容などさまざまです。 もし新卒で入社した会社の退職を考えている人は …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …

無駄な時間をなくす!カラ求人の見分け方。

せっかく就職する気になったのに、カラ求人に騙されて出鼻をくじかれたニートの方も多いと思います。 履歴書作成などにはかなりの時間がかかりますし、やる気も削がれてしまいます。 そうならないためにも、カラ求 …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …