ニートの就職体験談

なんとなく入った会社はブラック。3年間の引きこもりと簿記取得を経て26歳でIT会社の経理として再就職!

投稿日:2019年9月25日 更新日:

私は現在40代の男性です。

高校大学と音楽活動にすべてを捧げて、勉強をほとんどしてこなかったので、大学卒業が近くなり、周りの友達が就職活動を始めていた時期でさえも毎日、一人で酒を飲む日々を過ごしていました。

大学卒業後、就職した会社はブラック企業。入社2ヶ月で辞める

そんな私も親からの執拗な圧力で大学卒業と同時(22歳)に従業員が30名くらいの包装資材の会社に何とか就職することができました。

自分のやりたいこともわからず、何となく就職してしまったこの会社、勤務時間も長く残業代も出ないという、今でいう「ブラック企業」なのですが、その当時はそんな言葉もなく毎日泣きながら会社に行っていたのを覚えています。

もちろん、興味の無い分野の職種、興味のない営業という仕事なわけですから、営業実績が上がるわけがありません。

営業実績が上がらないと、上司に付き添われ、いわゆる「飛び込み営業」をさせられるわけですが、そこでも上司からの「お前みたいな営業できないやつはじめて見た。」や「営業成績が上がらないなら給料をもらうな」など、ひどい言葉を浴びせられ、入社2か月ほどで出社できなくなりました。

3年の引きこもり生活。父の入院で再就職を決意

幸いにして実家に住んでいたこと、父や母が仕事をしていたので、生活に困らなかったことで私は22歳から25歳まで約3年間を引きこもって生活していました。

1週間に1度ハローワークの仕事紹介のサイトを見るくらいで、後はゲームをして、酒を飲んでテレビを見て過ごしていました。

そんな私が再度就職しようと思ったきっかけが、父が原因不明のめまいで救急車で運ばれ入院することになった時です。

いつものように部屋で酒を飲んで、酔いつぶれていると、母が私の部屋をノックして、父が倒れているから手伝ってほしい、と言いました。

比較的、健康な父が急に倒れて救急車で運ばれるなんて、私には信じがたいことでした。

その時、私は考えたのです。「今は実家なので、住むところ、食べ物などに何も苦労していないけど、この状態は長くは続かないんだな~」と。

そして、誰のためでもなく、本当に自分がやりたいことを考え始めました。

ネットで見つけた日商簿記に興味を持って取得してみる

学生時代に打ち込んだ音楽活動は、自分に実力が無いことをわかっていましたし、営業の仕事は自分には合わないという事もわかりました。

自分は、小さな細かい仕事をコツコツと積み上げるような仕事が向いているのではないかと考えた私は、ネットで他人とあまり会話することなく、コツコツと地道にできる仕事は無いかと検索しました。

その時見つけたのが「日商簿記」の資格です。

はじめは簿記って何?というところから始めましたが、日商簿記3級から初めて2級の資格を取ることができました。(この時はまだ引きこもり中です。)

そしてハローワークのサイトで必要資格「日商簿記2級」で検索して片っ端から応募書類を郵送し始めました。(このころから家とハローワークだけ外出できるようになりました。)

応募した会社の反応と言えば、ほとんどが「残念ですが・・」という反応でした。

しかし、私は何かわからないけど、良い就職先が見つかるような気がしていました。

自分の経歴から見れば、3流大学卒で入社した会社を2か月で退職して、その後3年間引きこもりで経理の経験がゼロですから、人事担当者としては採用しようと思うはずがないのですが、その時はうまくいくような気がしていました。

すべて面接で正直に話した結果、26歳でIT会社の経理に再就職!

そのうち1社だけ、面接をしてもいいよ、という会社がありました。

そこは、実家から通勤するのには遠すぎて、その会社に就職するには一人暮らしをするしかありませんでした。

そこで、私は実家を出る決意をしました。

その会社で面接を受けた際に、大学で音楽に打ち込み、勉強をほとんどしなかったこと、就職先をよく考えないで就職した結果、2か月で退職したこと、3年間引きこもっていたことなどをすべて面接官に正直に話しました。

正直に話したのが良かったのか、私は26歳でIT会社の経理の仕事に再就職することができました。

現在もその会社でお世話になっているのですが、この年になって思うのは、みんなどこかで挫折を味わってきているんだという事です。

他人から見ると、うまくいってるように見える人でも、よくよく話を聴くと、大学入試に失敗して、とか、親の離婚で親戚の家で育てられて、などそういった話が出てくるものです。

今は引きこもっていて辛いかもしれませんが、まずは自分の出来ることを始めてみてはいかがでしょうか。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

「就職が決まらない」が一転!34歳女性が転職エージェントで正社員として再就職できた話

女子大学を卒業し新卒でフィットネスクラブに就職をしました。 サービス業なので変則シフトの週休2日制。 営業時間の短い7時~23時位までの店舗は基本的に2交代制。 24時間営業の店舗は3交代制と言う勤務 …

100社応募するも採用されなかった。26歳無職女が紹介予定派遣を使い未経験の事務職に就職できた話

私は26歳の時に、前職を勢いで退職し、無職になりました。女性です。 前職はNPO法人の事務職員で、事務仕事をしていましたが介護の仕事も多く、事務の経験は無いに等しい状態でした。 そんな私が、紹介予定派 …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …