ニートの就職体験談

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

投稿日:2017年10月2日 更新日:

27歳、女性です。

退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。

なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか?についてお話します。

男性社会の社風に限界を感じ退職を決意

前職の仕事がハードで体調を崩してしまったこと、また前業界で自分がプロフェッショナルになってずっと働くのは難しいと考えたのが、退職の主な理由でした。

男性社会で営業として働いていましたが、男性社会ならではのルールや、女性活躍推進とは言いながら、女性をおもてなし要員として扱う会社の風土に限界を感じていました。

それでも、男性と同じように仕事は任されていたので、連日続く残業に体が参ってしまい、ストレスで心臓や胃に不調をきたすようになりました。

さらに、理系の業界だったこともあり、この仕事で文系の自分がプロフェッショナルになれるかと言われた時に、そこまでモチベーションを保ちきれない部分があり、このような状況なら仕事を変えた方がいいのかもしれないと思って仕事を退職することを決断しました。

失業保険をもらいながら自分を見つめ直す

無職になってしばらくは、失業保険での生活をしていました。

今までできなかった旅行や勉強をしながら、自分自身を見つめなおし、自分に向いていることは何か、自分がもっと学びたいことは何かということを改めて考え直すようになりました。

仕事をはじめてから感じることのなかった季節ごとの自然の美しさや、人のやさしさに改めて感動を受けるようになり、自分の感情が正常に戻ってきたことを感じました。

この時初めて、仕事をしていた時、どれだけ自分が追い詰められて生活をしていたのかということに気づいたのです。

無職になって3カ月後、失業保険をもらえる範囲で派遣の仕事を始めました。

仕事がないと生活が余計に不規則になってしまうことがあったため、生活のリズムを取り戻して、時間を有効に使えるようにというのが一番の理由でした。

女性の多いこじんまりとした職場でしたが、とても居心地がよく、こういう働き方もあるんだということを感じながら過ごしました。

その中で、以前から興味のあった金融の資格を取ることもしました。

自分に合っていた金融業界で正社員として再就職に成功

派遣の仕事を始めて半年たったころ、失業保険ももらえなくなるタイミングで、仕事探しを始めました。

資格の勉強をしたり、自分と向き合う中で、自分が興味があり向いているのは金融の仕事かもしれないと思うようになり、金融業界での仕事を探すようになりました。

金融で正社員というのはとても門が狭く、保険や証券の営業がほとんどでしたが、営業ではなくバックオフィスで働きたいという思いが強かったので、そういう仕事を探し続けました。

そして結局、金融業界のカスタマーサービス職で正社員の枠を見つけることができ、未経験ではありましたが、今までの業務経験や資格取得をアピールして、無事、正社員として雇用していただくことができるようになりました。

無職期間があるというのは、一般的にはあまりよく思われませんが、私は全く無駄だったとは思いません。

逆に自分の人生にとって、この年齢で自由な時間を持てるというのはとても有意義な時間でした。

無職期間は転職活動で指摘されがちですが、私はフルタイムではありませんが派遣で働いていたため、完全な無職ではなかったのが、就活においてもとてもよかったと感じたところです。

また、資格をとっていたことも有利に影響しました。

無職期間を過ごすとはいえ、そこで何か資格をとったり、勉強したり、自分を磨いたりすることが大事だと感じます。

まとめ

自分の人生、後悔したくないというのが、すべての人の思いだと思います。

無職期間は思い切り楽しみ、だけど、その中でも、自分のスキルや知識を磨いておくことで、再就職は必ずできるものだということを感じます。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

自動車系の3社を経験後、30歳無職から全く未経験の携帯電話販売会社へ就職できるまでの道のり

私は26歳~29歳の間、中古車販売の会社で働いていました。もともと自動車が好きで自動車関係の仕事に就きたいと思い、新車ディーラーを約4年程経験した後、中古車販売の会社に転職しました。ちなみに整備士では …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

私は現在35歳の男性です。 現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。 私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から その後27歳で再就職することになった、 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …