ニートの就職体験談

きっかけは家に来た保険担当者!27歳職歴なし女が保険会社の営業に就職できた話

投稿日:2017年6月7日 更新日:

私が職歴なし状態から保険会社に就職したときのエピソードを書こうと思います。

当時の私は27歳無職。

女といえども、フリーターではそろそろ厳しい年齢です。

女だったら結婚して専業主婦という手もあるかもしれません。

しかし、それがうまくいくのはおそらくほんの一部の話。

無職という負い目もあり、新しい集団の中に入っていくことに対してとてつもない恐怖感を抱いていました。

きっかけは家に訪問した母の保険担当者

過去にはアルバイトをしたこともありました。

しかし、どんな仕事をしても覚えが悪く、また精神疾患を持っていました。

そのため、仕事を始めると悪化して、1年どころか半年も経たないうちに辞めてしまうということばかり。

そのようなこともあり、絶望して時には死んでしまいたいと思ったり、鬱々とした日々を過ごしていました。

そんな私にチャンスが舞い込んだのは、ほんのふとしたことでした。

家に母の保険の担当者がやってきたのです。

話を聞くと、

営業所に人手が足りないので新しく入ってくれる人を探している

とのこと。

職種は未経験の営業なので不安はありました。

でも、もしかしたらこれはネガティブな自分を変えるチャンスかもしれない。

そして何より職歴がつく!

私は、清水の舞台から飛び降りる思いで入社することにしました。

保険の営業員になるための最初の壁

その後、営業所の所長と母の担当者が家に来て面談をしたり、こちらが営業所に直接足を運んで営業所のイベントに参加しました。(保険会社では営業員を希望する人向けに見学を兼ねたイベントがあるのです)

しかし、保険の営業員になるためにはいくつかの大きな関門が待ち受けていました。

まずは面接です。

保険会社には地域ごとに支社があり、まずはそこで簡単な学科試験、そして支社長との面接がありました。

支社にはいくつかの営業所が傘下にあり、各営業所の希望者が集まっていました。

学科試験は簡単な一般常識や計算能力を問うもので、そこまで難しくはありませんでしたが、問題は面接です。

職歴の空白を突っ込まれたときはひやっとしましたが、後日、無事合格することができました。

合格した暁に、営業所長と母の担当者(のちの私の先輩です)から食事をご馳走になりました。

こういうの正社員の世界って感じだなぁ…と思った記憶があります。

資格試験に合格するための勉強漬けの日々

そしてもう一つ、最大の壁となったのが資格試験です。

保険の営業員になるには専門の知識がなくてはいけません。

その資格を取るために約1週間の勉強生活が始まりました。

勉強は支社で行われ、別々の営業所から集まった同期(もとい営業員候補者)は10人以上。

聞いた話によるとこの人数は過去最高で、ここまでの人数が集まるのは稀だそうです。

こうして候補者が机を並べて勉強漬けの日々が始まりました。

いわゆるコミュ障な私は、自分からはなかなか溶け込めなかったものの、仲がいい人もできて一安心。

このときの生活は今振り返っても、とても楽しい思い出です。

それにしても、若くして子供がいる人(シングルマザー)が多い多い…。

何だかとてつもない格差を感じてしまいました。

私は物覚えが悪いので苦労しました。

しかし、紆余曲折を経て何とか試験合格圏内に。

ちなみに試験は100点中90点以上で合格になりますが、しっかり勉強していれば大丈夫です。

先生の熱意ある授業や周囲の協力、そして必死で自習した甲斐もあって、無事満点で合格することができました。

他の同期もみんな合格。

こうして私は、晴れて保険の営業員となったわけです。

ちなみにこの間、私が所属する営業所からは挨拶も兼ねて何人かの先輩たちが励ましに来てくれました。

所長や私を連れてきてくれた担当者(営業所内では「参与」というポジションについています)、そして次長や私が所属することになるチームのマネージャー。

後にも先にも、あれほどたくさんの名刺をいただいたのはあのときが初めてです(笑)

まとめ

結局その後、仕事内容が合わずに保険の営業は辞めてしまいました。

ですが、社会人の経験ができたのはとても良かったと思います。

尊敬する上司や同期にも恵まれましたし、良い人生の糧になりました。

保険の営業員は基本女性だけになってしまうのですが、もし人と接するのが苦ではないのなら、挑戦する意義はあると思いますよ。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

自動車系の3社を経験後、30歳無職から全く未経験の携帯電話販売会社へ就職できるまでの道のり

私は26歳~29歳の間、中古車販売の会社で働いていました。もともと自動車が好きで自動車関係の仕事に就きたいと思い、新車ディーラーを約4年程経験した後、中古車販売の会社に転職しました。ちなみに整備士では …

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

私は28歳男性で、製造業で働いています。 高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。 ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。 目次化学系 …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …