ニートの就職体験談

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

投稿日:2017年10月16日 更新日:

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。

これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。

将来安泰だと思った大企業の社員

元々公務員になりたかった私は、縁に恵まれずに民間企業での就職活動を経てとある大企業に入社。

周りからも祝福され、順風満帆なスタートを切った、という思いはわずか1ヶ月程度で崩れ去ります。

入った会社は毎月時間外労働が100時間を超え、さらに屋外労働という過酷な労働環境。

100時間分全て残業代がつくわけではなく、そのおよそ半分がサービス残業サービス出勤。

だんだんと仕事のために生きているような状態になり、寝つきが悪くなり、休みの日はずっとぐったりして動かない。

あるとき「自分はもうここまでだ」と冷静になった瞬間があり、それを機に病院に行った結果、鬱病と診断されました。

非常に気分が重かった家族への告白の日のことは、いまでもよく覚えています。

入社からわずか半年で、病気を抱えて無職になり、実家に帰りました。

無気力で、見えない何かに怯える日々

病気ということもあり、しばらくはベッドの上でほとんど寝たきりになってしまい、完全に引きこもってしまっていました。

過労が原因だったので、仕事をしなくなってしばらくしたらベッドから出るようにはなりましたが、やはり家にこもったまま。

病気になってしまったから、仕方がない。

あのまま続けても遅かれ早かれこの事態を招いていたと自分に言い聞かせてはいましたが、新卒で半年で辞めてしまい、もう同じ業界に戻りたくなかった私は、「この先一体どうすればいいんだ?」と自問自答を続ける日々が続きました。

未来のことを考えないといけないのはわかってはいましたが、考えられる未来がすべて最悪の未来でした。

あのまま人生リタイアしてしまえば楽だったのにと、何度も思いました。

実際問題、入社半年で辞めてしまった人間が他業種、それも労働環境が悪いことを「人手不足」と誤魔化している業界以外の業界に入っていけるのでしょうか。

実際、完治後に始めた職探しで出てくる求人はITや飲食ばかり。

全てがそうだとは思いませんが、業界のイメージ的に拘束時間が長いイメージ。

過労で病んだ私が飛び込んで行くには、あまりにもハードルが高すぎました。

第二の人生の夏休みで痛感した「キャリア」の重要性

大学生活は人生の夏休みと呼ばれることがありますが、それならば私の無職期間は第二の人生の夏休みと呼ぶことができるでしょう。

社会人経験が一切ない大学生の時では、まったく考えられなかった視点から今後の生き方を考える機会になりました。

大学生的な職探しは、そこそこお金がもらえるとか、休みが取れるとか、なんとなく興味があるとか、だいたいそんなところがメインになってくると思います。

無職期間中に私が痛烈に感じたのは、キャリアというものの重要さです。

私は業界と決別する覚悟で前者を辞めたので、半年という短い期間とはいえ、その期間のキャリアを完全に捨てました。

同じ年に就職した友人たちは、その会社でその仕事のキャリアを積んでいるのに、私のキャリアはきれいさっぱり消え去ってしまったわけです。

キャリアを積んで、業界人として高い能力を持ち、会社に欲しがられるような人材となり、独立も視野に入れられることを重視し、ずっと理系でやってきた私はここに来て士業という道を選びました。

法律なんて未知の領域でしたが、無職期間中に考えに考えて考え抜いた将来のビジョンや、貪欲に学んで能力を高めていきたいという姿勢が評価されたのか、士業事務所に潜り込むことができました。

まとめ

仕事はそれなりに大変ですが、知識と経験の吸収に夢中になって毎日過ごしています。

稼ぎが少なく正直辛いですが、資格を取って経験を積んで、待遇を上げてもらうなりいいところに移籍するなり、独立するなりするための下積み時代だと考えて乗り切っています。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

タイミングはきっとくる!24歳で新卒で入った銀行を退職して団体職員に再就職できた話

現在無職の37歳女性です。 新卒で入った銀行をわずか1年で辞め、翌月には団体職員として再就職。 勤続7年で寿退社し、現在は子育てに専念しています。 苦労して入った銀行を辞めた経緯と、次の就職先を見つけ …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

専門学校中退で薄毛ストレスも。30歳職歴なしの私でもプラスチック工場で正社員として就職できた話

私は人付き合いが苦手で、高校を卒業した後に行った医療系の専門学校では、人間関係が辛く、3ヶ月ほどで中退してしまいました。 ストレスで薄毛になった事もあり、余計に人と関わるのが苦手になった私は引きこもり …

事故を起こし配達員をクビに。32歳無職が自動車部品設計の会社に就職できるまでの道のり

はじめましてマサと申します。 自分は、27歳からずっと無職のままで家に引きこもって毎日ゲームをする生活をしてきましたが、32歳の時に無職生活から抜け出し今は正社員として充実した生活を送っています。 し …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。 当時26歳の男性です。 最終的には介護施設に入社することが出来ました。 ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてし …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …