ニートの就職体験談

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

投稿日:2017年10月15日 更新日:

当時の私は18歳・女性。

高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。

思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてしまったからでした。

せっかくの就職活動や研修も残念な形となり、その後の就職活動の時にはなかなか正社員として雇ってもらえず、30も40も面接を受けても落ち続け、現実の厳しさに後から気づいても遅く、すっかり無職になってしまいました。

無職になってからの生活は身も心も貧しい状態に

会社を辞めてから、3か月は失業保険をもらいながら生活していました。少ないお金でも無いよりマシだったので、まだ心には余裕がありました。

職業安定所で仕事を探せば、すぐにでも次の仕事が見つかるだろうと安易な気持ちでいました。

私の中では働く気はマンマンにあったので誰よりも真面目に就職活動をし、熱心に仕事を探している方でした。しかし、いざ、面接を受けても就職した経験も少なくなかなか雇ってもらえず日に日に焦っていました。

家に帰ると家族に「いい加減、早く働いてもらわないと困る」と言われてしまい、気持ち的にもどんどん焦っていきました。

失業保険の給付が終わったころに、次の就職先が決まるだろうと思っていたのに、現実はまったく決まらず無職のまま月日が流れました。

初めの勢いはすっかり衰えて、このままずっと就職できない状態だったらどうしようと気持ちも落ち込んでいきました。

就職しよう!と思ったきっかけは知り合いのオバサン

毎日、就職活動をすると家族に伝えて、朝から家を出て、職安で仕事探ししてもなかなかいいところが決まらず、プラプラと歩いていたら、たまたま昔の知り合いのオバサンに出会いました。

今、何をしているのかと聞かれ、現状を説明したところ、急にスイッチが入ったように説教になりました。

何度と家族からも説教を受けていたので、またかと思いながら聞き流していたのですが、そのオバサンは「人間は働かないとダメになる」と言ったのです。

働かないといけないことは頭では分かっていたのですが、イマイチ理由がピンときていなかったのですが、その言葉は私の心に突き刺さるものがありました。

そうか、人間は働かないとダメになるのか!

すごく納得できる言葉に、やっと落ち込んで後ろ向きになっていた気持ちが動き始めました。

正社員への道に近づくためのバイト

オバサンの話を聞いて、自分は何としてでも働かないと!と思い、作戦を立てることにしました。

とにかく、休むより働き始めた方がいいと思い、最初から正社員を狙うのではなく、とりあえずはアルバイトから始めよう!と思い、受かるバイトをなんでもいいから探しました。

その時のアルバイトは飲食で、正社員とはまったく関係ないクレ-プやたこ焼きなどの販売のアルバイトでした。

アルバイトでも10件ほど面接を受け、やっと決まったのが飲食でしたが、選んでいる暇はなかったのでとりあえずそのバイトを続けました。

仕事を続けているうちに、自分は本当は何の仕事がしたいのか、今の現状に納得いかない部分はなにかなどを考えているうちに、おのずとしたいことが浮かんできました。

私が求めたものは、長く仕事を続けられるもの、給料が安定していること、アルバイトではなく正社員がいいこと、サ-ビス業が好きなこと、勉強ができるところがいい、などでした。

そうやって考えているうちに資格を取りたいという流れになり、アルバイトをしながら資格を取れる医療事務の学校に半年通うことになり、そこでしっかりと試験を受けて一発合格で資格を取らせてもらいました。

無職から正社員になって気づいた大切だったこと

私は正社員から無職になり、また無職から正社員になりましたが、その道のりがとても長く、日にちもすごくかかりました。

高校卒業してなにも経験のない自分を会社は雇ってくれていたのに、その時は自分の自力で受かったのだからとおごりがあったのだと思います。

実際に働いても、まだ未経験の無力な自分にお金を払ってもらっていたのに、1年も我慢できずに辞めてしまった自分を、再就職ができた時にやっと未熟だったことに気づきました。

実際に無職から就職活動して、どの会社にも「なぜ辞めましたか」や「経験が少ないからね~」など言われました。

当時の私は何も考えることができませんでしたが、今思うと、実務経験は再就職に本当に大切だなと思います。

そして、せっかく入った会社を安易にやめてしまったことにも、今思うと我慢が足りない人間だったなと反省します。

もう少し実務経験を積む意味で我慢すれば、もっとスム-ズに再就職できていたのでは?と思います。

まとめ

自分が無職から正社員になるために苦労がかかった経験から、再就職するためにも実務経験が大切だったなと思います。

その時はそれなりに理由があって会社を辞めたいと思っても、次の再就職のための計画はまったく考えず、失業保険が終わるまでに決まっているだろうと安易に考えすぎていました。

人を雇う側の人間の気持ちを考えて動けば、もっとスム-ズに転職できていたのではと思いました。

また、就職ナビサイトの評価などの意見はすごく参考になるので、目を通しておくと今後の役に立つ重要なサイトだなと思いました。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

事故を起こし配達員をクビに。32歳無職が自動車部品設計の会社に就職できるまでの道のり

はじめましてマサと申します。 自分は、27歳からずっと無職のままで家に引きこもって毎日ゲームをする生活をしてきましたが、32歳の時に無職生活から抜け出し今は正社員として充実した生活を送っています。 し …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …