ニートの就職体験談

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

投稿日:2017年5月26日 更新日:

私は現在、30代の女性です。

当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務

高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。

学校の先生は「看護がだめなら医療事務があるよ」と教えてくれ、在学中からいくつかの面接を受けました。

しかし、就職難もあり見事にどれも不採用

そのまま卒業を迎えました。

4月から学校にもいかず、バイトも辞めてすごく中途半端な生活を送ることに。

自宅から近い会社に勤めなさいという親の意見もありましたが、親のレールに敷かれた環境が嫌で反抗期もかさなり、職にはつきませんでした。

働くことも嫌でしたので家に引きこもっていました。

しびれを切らした親が一言「資格のひとつやふたつとって働いたらどうなの?」と。

確かに、当時の私は資格といえば自動車免許くらいしか持っておらず、将来の為になるような資格は取得しておかなきゃな、と感じていました。

まず医療関係の職種に就くためには資格が必要だと直感で感じた私。

すぐに、資格を取得できる学校に申し込みました。

「医療事務の資格を取得して医療事務として働く。」

それがいつしか夢に変わっていたのです。

医療事務の資格を取るために週2ペースで学校へ

通信教育もありましたが、通学にしないと勉強をしなくなると感じたため、週に2回のペースで学校に通いました。

毎日授業があるわけでは無かったので、学校以外の日は基本的に就活をすることもなく、家にいました。

約3ヶ月かけて授業が終わり、試験があります。

さすがにこの時は必死になって勉強をしました。

学校に通っている間は新しい友達もでき、楽しかったです。

試験は学科、実技とあり合格率は60%と言われていました。

試験の結果、なんとか資格は取得することができ、ひと安心しました。

実際に資格を取得できると自分に自信がつきます。

もし自信がない方は、資格取得からチャレンジするのがおすすめです。

ハローワークを通さず病院に電話をかけ続けた

最初は、ハローワークを通さず、自分で働きたいと思う職場に直接電話をかけて

事務員は募集していませんか?

と聞いていました。

医療関係は年齢関係なく経験が重視される世界

返事はどこも「即戦力になれる人材を探しているので未経験者は…ちょっと…」と言ったもの。

やはり自分一人では限界があると感じ、はじめてハローワークに行きました。

昔は今と違って職員さんも愛想が悪かったのを覚えています。

役所といった感じの対応でした。

若者向けハローワーク「若者しごと館」

若年層を対象とした「若者しごと館」と言うハローワークにも行きました。

若い人の就職を支援してくれるハローワークで、一般のハローワークよりも通いやすかったです。

どちらも同じハローワークですが、一般の方とは違って「いかにも仕事を探しています!」感がないので気軽に入れますし、気楽に職業相談できました。

さらに、きちんと隣の人との会話が聞こえないように配慮などもしてあり、当時の私にとって感動した場所でもあります。

21歳高卒職歴なし。書類選考がやっと通った4社目で採用!

医療事務は何社か履歴書を送りましたが、書類選考で不採用が続きました

そして4社目、書類選考が唯一通過した職場から面接の連絡が来ました。

当日、面接の会場までは電車で行くことにしました。

行きの電車の中で私は座っていたのですが、とある駅でおばあさんが乗車してきました。

車内は満員です。

だれも席を譲ろうとしません。

そこで、私はおばあさんに席を譲りました。

最初はおばあさんも遠慮していましたが、最後は「ありがとう」と席に座りました。

そのまま私は面接に行き、後日、見事採用され内定が決まりました。

まとめ

そこから内定を頂いた病院に13年勤務しました。

よく、あの時電車で席を譲ったごほうびなんじゃないの?と言われます。

だれでも働きたくないものだと思います。

ですが、働くことにより、人に親切にできたり、コミュニケーションが増えたり、その結果採用と良いことが起きたり…生きる上で大切なことを学べると思うのです。

嫌なことを始めるのですから、せめて好きなことを職にしたらどうでしょうか?

私はそれで13年医療事務をしています。

資格を取得し経験を積んだことで転職にも強くなったと思います。

人間、一人では生きていけず、誰かに支えられて生きていくものです。

ニートから卒業して挫折したとしても、あとで、あのとき行動しておいて良かったなと思える日が来ます。

諦めないで前に進みましょう。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

事故を起こし配達員をクビに。32歳無職が自動車部品設計の会社に就職できるまでの道のり

はじめましてマサと申します。 自分は、27歳からずっと無職のままで家に引きこもって毎日ゲームをする生活をしてきましたが、32歳の時に無職生活から抜け出し今は正社員として充実した生活を送っています。 し …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …