ニートの就職体験談

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

投稿日:

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。

しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。

最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職することができ、

めでたく正社員へなることができた道のりを詳しく書いていきたいと思います。

残業、休日出勤…精神と体調が限界に達し退職

5年間勤めていた会社を退職した理由は、毎日の残業と度重なる休日出勤、そして業績悪化による賞与の打ち切り…

仕事がとてもハードでイライラすることもしばしば…楽な仕事に就きたい…と毎日思いながら出勤していました。

事務という枠で就職したにも関わらず、倉庫の作業や重い荷物の運搬、現場の管理などホコリまみれになりながら働き取引先からのクレーム対応など、精神面が限界に達したときに体調を崩したことがきっかけで、しばらくは、何も仕事をせずに気をゆるめて毎日を送りたい!と強く思うようになったことが、退職した理由でした。

退職するには、無職になったあとの不安もあり、苦労して手に入れた正社員の枠を手放すことに迷いもありました。

でも体調の心配もあったため、こんな機会もないとおもいっきり休むことはできないだろうと思い退職届を提出し、引継ぎを終え念願の無職の日々へ。

最初は楽しかった無職生活も1週間たつと苦痛に…

時間に最初は縛られていない生活が、本当に楽しく精神的なゆとりができて、物事も大らかな目でみることができて、何といっても平日に出かけられる特別感がとても嬉しかったです。

家でテレビを見てゆっくり過ごし、このままずっと働きたくないなぁと思ったのも束の間でした。

一週間を過ぎるころから、遊んでいても何かこれでいいのかなと思うようになり、心から無職の日々を満喫できないようになりました。

ハローワークに通い求人欄を見ながら、応募してみよう!と思う職種もなかなか見つからず、だんだんと焦るようになりました。

どこかに、いつか良い職種があるだろう!と適当な求人があるにも関わらず、職種を選び行動することはなかったです。

お金もなくなっていき、出かけることもなくなり、家でテレビやネット、ゲームをして時間をつぶしていました。

医療事務の資格を取るために短期の学校に通う

このままでは、いけない!と思い、資格取得をして再就職しやすい状態を作ろう!と思い医療事務の資格取得のため、短期で学校へ通うことにしました。

幸い私の選んだ学校では、地域の病院へ卒業生を就職援助してくれる制度があり、医療事務の資格さえ取ることができれば地域の病院への就職は確実だろうという安心があったため、医療事務を選びました。

学校のコースは短期コースでも週3回から4回ほどで、自由な時間も確保できて、ただ何もしない日々よりも目的に向かって進んでいる感じが、自分を安心させることができて、休日の過ごし方も心地よく過ごせるようになりました!

学びながら求人欄を見ていると、医療事務の募集があり面接してもらえることになり、まだ医療事務の試験に合格していなかったにも関わらず、採用が決定しました。

今まで一般事務での面接は何十社も受け、落とされ続けていたのに即採用が決まったので、資格を持っていたり、取得見込みという状態は面接に有利なのだと思いました。

その後、実際に医療事務の試験は無事合格し、胸を張って病院へ合格出来て就職し、32歳無職から正社員へとなることができました。

ちょっとでも興味ある分野があれば学んでみること

最後に、私は医療事務の仕事がしたかったわけでもなく、ただ無職になったときに、再就職に有利ではないかと思い資格取得しましたが、今後一生使えるので、少しでも興味のある分野であれば学んでみることは良いと思いました。

私は無職になったのは、単なる自分の休みたい!という思いだけで簡単に、正社員のポジションを捨ててしまったことが原因ですが、今思えば粘り強く辛抱し、自主退職を避けていればよかったな、と思うこともあります。

無職の期間も半年ほどでしたが、自由な時間を味わえたことは今でも楽しい思い出でしたが、不安定な休日はもう嫌だと思いました。

様々な職種があるので、手あたり次第、まずは一歩と行動をすることがとても大事だと思いました。

私は学歴もないので、今まで面接は散々落ちて、落ち込むこともたくさんありましたが、諦めず嫌でも何社もトライし続けると、意外と簡単にタイミングよく、就職先が見つかるような気がしました。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。 今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。 目次26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に2年間の …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

30件応募で連絡ゼロ!25歳完全な無職状態から総務事務の正社員へ就職を成し遂げた方法

僕が25歳で一度も正社員経験が無く無職の時に正社員(業種はサービス業で職種は総務事務職・総務部配属)として就職できた話を明記していきます。 目次大学4年時点で内定0。肩身の狭い実家暮らしリクナビNEX …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …