ニートの就職体験談

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

投稿日:2017年5月20日 更新日:

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。

本日は、そんな無職であった私が就職できた経緯についてお話したいと思います。

似た境遇の方の参考になれば幸いです。

22歳で大学卒業後、ニート生活へ突入

大阪で楽しく4年制大学生活を送っていましたが、3年の時に就職活動が本格的に始まりました。

当時は就職が厳しい、いわゆる就職氷河期と呼ばれる時代。

まず、大学で合同説明会が開かれ、今後の進め方等についての説明がありました。

その時は厳しい社会情勢とは聞いていました。

しかし、心のどこかで就職が出来るだろうと根拠のない余裕のようなものがあったのです。

就職するために必要な自己分析の仕方やエントリーシートの書き方といった講座の紹介もあり、何となく準備は行っていました。

本格的に就職活動が解禁となった頃、会社説明会へ応募したり、合同の企業セミナーに参加してみたりといった形で最初の内は積極的に動いていました。

ただ、予想以上に就職活動は厳しく、なかなか内定はもらえません。

最初の内は、まだ次があるという気持ちの余裕がありました。

しかし、周りの友人が内定をもらったという話を聞いていくうちに焦りの気持ちが出始めてきました。

面接に向けても色々と準備を整えて望むのですが、内定を得ることができませんでした。

不採用の通知をもらうことが続くと、気持ちの面でも段々落ち込んできてモチベーションも下がり活動する気力も衰えるように。

気がつくと結局大学卒業時に就職ができずに、ニートの生活を送っていました。

1年半の無職の後、市のサポートを受け再度活動開始

ニート生活を送っていた頃は特に何をすることもなく、家に引きこもる毎日。

家では本を読むかテレビを見るかといった生活で、ほとんど外出することもありませんでした。

心の中では「このままではいけない。何とかしなければ」という思いはあるのですが、体が動かず結局1日を寝て過ごす。

こんな生活を続けて1年ほど経った頃、何気なく外を見るとスーツを着た会社員の方が忙しく歩く姿や仕事をしている様子が目に映りました。

この時、「このままでは本当に駄目になる」という気持ちが芽生え始めたのです。

その時はまだ小さなものだったのですが、日を追うごとに大きくなり危機感を持ち始めるようになりました。

そして、ニート生活が1年半を過ぎた頃から、就職活動を開始することを決意しました。

ついに念願のダンボール製造会社への就職を果たす

就職活動を始めるといっても、それまでずっとニートをしていたので、何から始めたらいいのか分かりませんでした。

手探りの状態の中、色々と調べてみるとジョブパークと呼ばれるところで若年者の再就職をサポートしているとのこと。

ジョブパークでは当時、35歳未満の方を対象として就職に向けてアドバイザーの方に話を聞いてもらったり、面接に向けてのアドバイスをもらうといったサポートをして頂くことができました。

最初は不安も多く、面接でも上手くいかず、もどかしい気持ちばかりでした。

しかし、粘り強く続けるうちに、徐々に面接でも進んでいけるようになりました。

そしてついに小規模ではありますが、ダンボールの製造会社に就職することが出来たのです。

現在は転職をして別会社に移っていますが、あの時に前を向いて頑張ったからこそ今があると思っています。

まとめ

今、現在ニート生活を送っていて、抜け出せずに苦しんでいる方もおられると思います。

私の経験から言えることは、ニート期間は苦しい時期だと思いますが、頑張っていれば必ず状況は上向いてくるということです。

諦めずに就職に向けて前を向いて進んでもらいたいと思います。

皆様のご健闘をお祈りしております。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

私は27歳でホワイト企業の一般事務として正社員採用されました。ですが前職はブラックバイトで塾講師をしていました…。 今回はそんな私が無職になるきっかけ、無職の間の暗い生活、そんな中で活路を見出した求職 …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

人のためになる仕事がしたい!27歳で無職から障害児支援の福祉施設に初めて正社員として就職できるまで

社会学部の4年制大学を卒業した女です。これから大学を卒業してからフリーターとなり、正社員として働くまでの経緯を書きたいと思います。 大学を卒業する際に就職活動はしたものの、正社員として内定をもらうこと …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …