ニートの就職体験談

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

投稿日:

現在、42歳男性。

あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。

飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう

40歳手前で、支える妻や子はなく、ある程度の預貯金を蓄えることもできたため、思い切って自営業を始めました。

それまでは、会社の事務員として主に書類とにらめっこをしていた日々でしたが、前々から飲食業に興味があり、開業しました。

しかし、考えていたのと実際実行してするのとでは大きな違いがあり、2年そこそこで限界を感じて閉店しました。

大した資格もなく就職が決まらない貧乏無職生活

借金こそ作りませんでしたが、無一文のような状態。自営業のため失業保険も貰えず、収入がゼロという状態に陥りました。

早くどこかに就職しなければという気持ちは、誰よりも強かったと思うのですが、自分には就職するための武器がありませんでした。

大した資格も持っておらず、以前培った会社の事務と言っても、担当していたのは一般企業では特殊の部類に入るもの(債権回収)であり、そうそう就職口はありませんでした。

かといって、飲食経験を活かそうにも、こちらも家庭料理に毛が生えたようなものであり、雇う側が「欲しい」と言えるほどのスキルは持ち合わせていませんでした。

閉店してからは、自宅にこもるような日々が続きます。

ハローワークの求人サイトとクラウドワークスによる内職のような収入。

1人暮らしだったため(実家に戻ることも考えましたが、田舎すぎて就職口がないため断念)、節約できるところは節約して、再就職を狙っていました。

しかし、何社か応募してみるも、書類選考で落とされたり、面接で落とされたりと結果は着いてきませんでした。

再就職に向けて光明が差す

とある日に、ハローワークの求人を見ていると、求職者支援金というものを見つけました。「資格を勉強しながら給付金が貰える」という制度でしたので、さっそく申し込みました。

この資格の勉強をしている(学校に通学するような形式なので時間は余裕が持てる)のと同時進行で、国家試験の受験を狙いました。事務系の資格です。

それからは、昼は学校。学校が終われば図書館へ行き勉強(光熱費の節約)という毎日でした。土日祝日などは、家事などの用事が済めば図書館へ直行していました。

苦労の甲斐もあり、学校で習っていたPC系の資格、独学で勉強していた国家試験共に合格しました。

取得した資格を生かして再就職へ

学校も終業し、自信での就職活動が再開したわけですが、今度は前回と違い武器があります。

それも、1つは国家資格です。

学校に通っていた時に紹介された、地元の就職エージェントのようなものに登録していたのですが、その資格を取ったことを担当に伝えると、逆オファーが来るようになりました。

その中でも、待遇が良く、見学に伺ったときに雰囲気のよさそうな、現在の職場に就職させてもらいました。

現在の年収は、自営業を始める前の収入に匹敵するような給与を得ておりますし、働き方(残業や休日など)も、仕事が前ほど忙しくないという最高の状況になっています。

まとめ

無職になって再就職をする際に特に感じたことは、この40代を過ぎてからの就職となると、何かしらかの武器が必要ということを感じました。

40代ですので、コミュニケーション能力は並み以上で当たり前。そういう部分では他社との比較は行われません。

ではどこで差が付くかというと、今までの経験と蓄えてきた知識となります。

そして、それを書面上に書き表すためにも、資格というものが重要だと感じました。

面接でパソコンができるといっても、どこまでできるのかは、解りようがありません。

しかし、「MOSを持っています」や「日商PCの〇級を持っています」となれば、採用側もどの程度のレベルまでできるのかが見極めやすく、採用に一歩近づくのではないかと思います。

無職になり、自由な時間が多くなることを逆手に取り、高度な資格を取得し、単なる再就職ではなく、キャリアアップに繋げることができます。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

私は、25歳の女です。 この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。 私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人 …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …