ニートの就職体験談

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

投稿日:2017年9月18日 更新日:

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。

この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っても、同じ境遇の方の参考に少しでもなればと思います。

仕事に対する間違った基本姿勢

私の若い頃はバブル全盛期で、何度か転職した際の就職試験でも不採用になったこともなく、転職に困ることはありませんでした。

それゆえに、この頃は仕事についてあまり深く考えず、休日や給与を中心に考え、適当に会社選びもしていました。

正直いいますと、仕事というのを甘く考えていて、「嫌になれば、また転職すればいい」くらいに思っていて、今思えば、これら全ての考えが、長続きしなかった理由だったと思います。

20代の後半、自身がおかれた状況から仕事への考え方を変え始める

20代の終盤辺りから、自分の対年齢の仕事の実績や、経験値の少ない自分自身に焦りを感じ始め、将来に対する漠然とした不安が時々感じるようになってきました。

そこで初めて仕事に対する考え方を今更ながら一から真剣に考え直し、思いついたことが、自分が好きで得意なことと職種を少しでも結びつける事ができれば、やりがいが持てるのではないかということでした。

そして、何よりも「自分らしく長く続けていく」ということが一番大切ではないのか、長く続けていくことで、給与などは必ず後から付いてくるという考えに至りました。

機械関連の中堅会社へ入社、充実した仕事、そして結婚

私も30代となり、以前より興味があり、少し得意な分野でもあった機械メンテナンスの職種に携える、中堅企業に入社することができました。

この会社は、基本的な給与面や手当もかなり良く、通勤時間に難はあったものの、やっと理想に近い場所にたどり着いたような気持ちで、今度こそは何があってもしがみ付いていく思いで入社しました

業務の方は難しいのですが、それだけにやりがいや達成感もありました。

尚且つ残業、休日出勤が異常に多かったため、本給残業代を合わせると、びっくりするくらいの給与となり、あっという間に貯蓄もできたので、これを機会に結婚することになりました。

上司とうまくいかず、辞職に追い込まれる

入社当時から、直属のリーダーとの折り合いは悪かったのですが、私も割り合い気は強い方でした。

なので、あまり気にせず、半分無視して聞き流すようにしていました。

ところがある時点から、その上司の私に対する対応がより乱雑になり、私を辞めさせようという意図がはっきり分かる態度や言動が増えてきました。

数年間耐えたのですが、どうしてもその上司に仕事では勝てず、結局辞職に追い込まれました。

そして、取り敢えず地元の建築関連会社に再就職したのですが、前給料の5,6割しか稼げず、それを境に夫婦仲もおかしくなり、あっさり離婚となりました。

大不況と重なった長く辛い停滞期

私の30代半ば頃には、世界的な経済不況が始まりました。

日本においては、円高影響もあって、大手企業の事業縮小や、相次ぐ中小企業の連鎖倒産などが重なり、かつてないほどの就職難、異常な買い手市場の時代となりました。

そこに加えて、家族内での事情で実家である地方の田舎に住む必要性があったため、さらに社員募集が少なかったのです。

アルバイトをしながら職業安定所に通いましたが、二年間通い続けた末、力尽き諦めてしまいました。

過去の経験をもとに、芝生総合管理会社に採用される

そこで私は過去を思い返して、ふと気付きました。

一つだけ、年齢や経歴を気にせず、それなりの会社の社員になる方法があることに。

それは、元々数々のアルバイトを経験していた時に身に着けた手法でした。

町中の会社を見て回り、ここぞと思った会社に、募集が無くても飛び込みで交渉し、何度か興味ある仕事先に雇っていただいたことがあったということです。

これを今度はアルバイトから入り込んで、そこで目に留まるくらい仕事に打ち込み、社員に昇格するといった、シンプルな方法です。

その結果として、私は業界では中堅クラスに位置する芝生総合管理会社で二年間アルバイトに従事し、その後社員として採用していただくこととなりました。

少しでも興味が持てる職種であれば、どんな小さく細い入口に見えても、まずはトライするべきです、そこがダメなら何度も探しだしてトライしてみるのです。

どうせ諦めるなら、やるだけやって諦めた方が、自分自身に納得いくと思いますよ。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

私は現在39歳の男性です。 大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。 ここでは、その体験談を書きたいと思います。 目次大学の時に病んで …