ニートの就職体験談

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

投稿日:2017年9月18日 更新日:

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。

この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っても、同じ境遇の方の参考に少しでもなればと思います。

仕事に対する間違った基本姿勢

私の若い頃はバブル全盛期で、何度か転職した際の就職試験でも不採用になったこともなく、転職に困ることはありませんでした。

それゆえに、この頃は仕事についてあまり深く考えず、休日や給与を中心に考え、適当に会社選びもしていました。

正直いいますと、仕事というのを甘く考えていて、「嫌になれば、また転職すればいい」くらいに思っていて、今思えば、これら全ての考えが、長続きしなかった理由だったと思います。

20代の後半、自身がおかれた状況から仕事への考え方を変え始める

20代の終盤辺りから、自分の対年齢の仕事の実績や、経験値の少ない自分自身に焦りを感じ始め、将来に対する漠然とした不安が時々感じるようになってきました。

そこで初めて仕事に対する考え方を今更ながら一から真剣に考え直し、思いついたことが、自分が好きで得意なことと職種を少しでも結びつける事ができれば、やりがいが持てるのではないかということでした。

そして、何よりも「自分らしく長く続けていく」ということが一番大切ではないのか、長く続けていくことで、給与などは必ず後から付いてくるという考えに至りました。

機械関連の中堅会社へ入社、充実した仕事、そして結婚

私も30代となり、以前より興味があり、少し得意な分野でもあった機械メンテナンスの職種に携える、中堅企業に入社することができました。

この会社は、基本的な給与面や手当もかなり良く、通勤時間に難はあったものの、やっと理想に近い場所にたどり着いたような気持ちで、今度こそは何があってもしがみ付いていく思いで入社しました

業務の方は難しいのですが、それだけにやりがいや達成感もありました。

尚且つ残業、休日出勤が異常に多かったため、本給残業代を合わせると、びっくりするくらいの給与となり、あっという間に貯蓄もできたので、これを機会に結婚することになりました。

上司とうまくいかず、辞職に追い込まれる

入社当時から、直属のリーダーとの折り合いは悪かったのですが、私も割り合い気は強い方でした。

なので、あまり気にせず、半分無視して聞き流すようにしていました。

ところがある時点から、その上司の私に対する対応がより乱雑になり、私を辞めさせようという意図がはっきり分かる態度や言動が増えてきました。

数年間耐えたのですが、どうしてもその上司に仕事では勝てず、結局辞職に追い込まれました。

そして、取り敢えず地元の建築関連会社に再就職したのですが、前給料の5,6割しか稼げず、それを境に夫婦仲もおかしくなり、あっさり離婚となりました。

大不況と重なった長く辛い停滞期

私の30代半ば頃には、世界的な経済不況が始まりました。

日本においては、円高影響もあって、大手企業の事業縮小や、相次ぐ中小企業の連鎖倒産などが重なり、かつてないほどの就職難、異常な買い手市場の時代となりました。

そこに加えて、家族内での事情で実家である地方の田舎に住む必要性があったため、さらに社員募集が少なかったのです。

アルバイトをしながら職業安定所に通いましたが、二年間通い続けた末、力尽き諦めてしまいました。

過去の経験をもとに、芝生総合管理会社に採用される

そこで私は過去を思い返して、ふと気付きました。

一つだけ、年齢や経歴を気にせず、それなりの会社の社員になる方法があることに。

それは、元々数々のアルバイトを経験していた時に身に着けた手法でした。

町中の会社を見て回り、ここぞと思った会社に、募集が無くても飛び込みで交渉し、何度か興味ある仕事先に雇っていただいたことがあったということです。

これを今度はアルバイトから入り込んで、そこで目に留まるくらい仕事に打ち込み、社員に昇格するといった、シンプルな方法です。

その結果として、私は業界では中堅クラスに位置する芝生総合管理会社で二年間アルバイトに従事し、その後社員として採用していただくこととなりました。

少しでも興味が持てる職種であれば、どんな小さく細い入口に見えても、まずはトライするべきです、そこがダメなら何度も探しだしてトライしてみるのです。

どうせ諦めるなら、やるだけやって諦めた方が、自分自身に納得いくと思いますよ。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

35歳になる女性です。 氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。 一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。 しかしそこは強烈な …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

私は、25歳の女です。 この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。 私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人 …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

きっかけは家に来た保険担当者!27歳職歴なし女が保険会社の営業に就職できた話

私が職歴なし状態から保険会社に就職したときのエピソードを書こうと思います。 当時の私は27歳無職。 女といえども、フリーターではそろそろ厳しい年齢です。 女だったら結婚して専業主婦という手もあるかもし …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …