ニートの就職体験談

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

投稿日:2017年5月20日 更新日:

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。

ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。

2年留年し24歳で大学を卒業後、無職になる

私は大学に18歳で入学し、24歳で卒業しました。

といっても医学部のような6年制ではありません。

単位が足らず、普通の4年制大学で2年留年したのです。

実は4年生の時に内定を貰った企業がありました。

しかし、いざ卒業間近になって単位が足りないことが確定し、就職できませんでした。

その後5年生の時にはバイトに明け暮れ卒業できず、結局6年生になってやっと卒業できたという訳です。

しかも卒業した時期が9月。

半期で単位が足りたから、という理由で秋に卒業しました。

もちろん内定先もありません。

秋に卒業して内定を貰える所などありませんが、一刻も早く卒業したかったので取りあえずなんとかなるかと思っての行動です。

こうして私は無職になりました。

約1年半、農家の実家で無職として過ごす

私の実家は岩手の田舎になります。

そこで私の親は、米を作りながら左官をやるという、兼業農家をしています。

無職で帰ってきた子を、親は当然手伝わせようとします。

そのため無職とはいいながら、ちょこちょこ農業なり左官なりの親の手伝いはしていました。

ただこの頃は「働く」ということに責任感がなく、2~3日手伝っては寝坊で休み、2~3日手伝っては休みの繰り返しで、はっきり言ってダメ人間でした。

更にはスロットにはまっていたので、勝った負けたで働く意思などありませんでした。

親にキレられ25歳でやっと就職活動へ

その後だらだらと過ごしながら実家にいると、親は当然怒ります。

さっさと仕事見つけてこい!!

跡を継いでもらおうとしていたようですが、あまりの体たらくっぷりに外で仕事を見つけさせようという気に変わったようです。

しようがないので職安へ…。

何がいいのか分からない状態で仕事を探すことになりました。

営業の募集が多めだから営業職にしようかな?

などと安易に考えていたのですが、何個か適当にピックアップした中から当時付き合っていた彼女が選んだのが「工場総務課員の募集」です。

聞いてみるとその理由は、

①募集資格が「短大卒以上」で、大学を卒業した甲斐がある仕事

②給料が総務課員にしてはマシ(ボーナスが基本給の5か月分でした)

③有名な企業の子会社である

ことでした。

言われるままに応募してみると、筆記・面接ともに難なくクリア

どうやら筆記テストの結果がよく(後で聞きました)、国立大卒ということが大きなプラス要素になったようです。

まさかの内定取り消しの危機!?

その後、「○月○日からきてください」と言われ、準備していました。

しかし、その日近くになっても音沙汰がありません。

痺れを切らして電話をしてみると、本社から「4年制の大学卒なんかいるのか?」と言われ、稟議が通らないとのこと。

しかしこちらも就職準備をして待っていたので、「今頃になって断られても困ります。なんなら訴えます。」と、今考えると恐ろしい位の強気の態度で挑みました。

結果的には稟議が通り、就職できることになりました。

私が採用担当者だったら、「訴える」と言ってくる人は、一度入れてもなんとか辞めてもらおうとしますが、実際そのような嫌がらせはなかったので、よかったです。

まとめ

こうして無事無職職歴なしから就職できたのです。

こんな私からのアドバイスとしては、

①職歴がなくてもなんとかなる

②それよりも働きたいというやる気が大事

③何となしに入った大学が、学歴社会の世の中評価された

④つまりその時はムダかと思っても、経歴を埋めるためにやれることはやっておいたほうがいい

⑤親は泣かさない

です。

特に①は、下手に他の同業者で働いてきた人よりも、まっさらな人の方が教えやすいので、ある意味有利かもしれません。

ですので職歴がないということはあまり気にせず、やる気を持って就職活動に挑んでほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

20歳で結婚して正社員経験0だった私が29歳から歯科助手として正社員になることができるまでの奮闘

私は、20歳で結婚し21才の時子供を産んだため家事と子育てに追われ、正社員で働いた事がありませんでした。 パートで病院の受付をしてましたが、子育てとの両立で体調を崩し入院し、それから中々復帰できず、無 …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …