ニートの就職体験談

介護職に嫌気がさし28歳で無職に…29歳で就職フェスタをきっかけに正社員採用される!

投稿日:2019年4月19日 更新日:

私は大学を卒業して就職をしたのですが、人間関係や会社の組織体制に不満があり20代の頃に転職を多く経験してきました。

一度は無職の時代も経験することになり、その頃から無事に正社員として就職できた経緯などを記していきます。

目次

最低基準の給料…介護職に嫌気がさし、28歳で無職になる

私は28歳の時に介護の仕事をしていました。

介護施設で働いていたため仕事内容は利用者の排泄介助・食事介助・入浴介助等、生活に必要なことを介助するというものです。

年中無休のため固定休みはなく、又、時間も早番・遅番・夜勤などといった変則的なシフトでした。介護は正直、心身ともに疲弊していくのですが、もらえる給料は本当に安く当時は自治体で定める最低基準の賃金で働いていました。

そういうようなことに嫌気がさし、28歳の時に退職をしました。

普通でしたら次の就職先に面接をして辞めたと同時に次の職場に就職する流れだと思うのですが、働くことに疲れてしまい一度お休みすることにしました。

辞めた後は韓国に1ヶ月間旅行に行きました。韓国は日本と隣なので行きやすい事と、何かあってもすぐに日本に戻って来られる等の理由からこの国を選び日本を一度離れました。

その間に私は1つ歳を取り29歳になっていました。1ヶ月ほどでお金がつき始めてしまったため、日本に帰国し生活のために仕方ないと思い再び就職活動を始めます。

生活相談員に興味を持ち、カイゴジョブフェスタに参加する

就職活動を始めるにあたり、今度はどういう仕事を行うのか悩んでいました。以前のように介護現場を中心とする仕事は疲労がすごいので候補からは外しましたが、培ってきた介護の知識や技術を違う形で活用できないかと考え、行き着いた先が生活相談員という道でした。

私はカイゴジョブというサイトに登録しサイト内を閲覧していたところ、カイゴジョブフェスタというイベントがある事を発見しました。

いわゆる就職フェスタみたいなもので、幾つかの企業の人事担当者が同じ場所に集まりブースを構え、そこで直接お話ができるというものでした。イベント会場に足を運び、そこで目にしたものは十数社にも及ぶ企業のブースでした。

私はそこで行きたい企業を4~5社までに絞り、採用担当の方とお話を重ねていきました。その中の1つの会社と今でもご縁があり働かせていただく事になります。

職種はもちろん相談員です。

最後の1社に絞って就職したいと伝えたところ、いきなり正社員で採用!

人事担当者の方とお話しさせていただいた中で、一つの企業に的を絞り就職したい希望を伝えるとあっさりとOKを頂きました。

それも正社員での採用に決まったのです。

理由としてはまだ29歳と若い世代なので将来を期待されこの待遇にしてもらえる事になりました。

又、私は福祉に関わる国家資格を大学時代に取得していたためそのことも評価対象になっているというふうに推測をしています。

最初は生活に関する相談員として入りましたが、現在は運営責任者まで任される事になりました。無職から正社員、正社員から責任者までステップアップする事ができました。

まとめ

一度は無職という状態を経験しましたが、そこから状況は変化し現在に至っています。29歳という年齢は20代最後というふうにネガティブに捉えがちですが、実はまだまだ若手世代にあたります。

企業を採用する側は20代~30代はまだまだ将来を有望できる若手扱いとする企業が多く見られているように感じます。

又、今の時代は無職をすることをある意味良しと捉える人事担当者もいます。仕事が辛いので等の理由ではなく、休みの期間自分はこういうことをしていました等、前向きな理由を付け加えるだけでまだまだ許される年代でもあります。

ぜひ、若い世代だという特徴をしっかりと掴んでいただいた上で、就職活動などにのぞんでいただければと思います。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次 バンドマンから無職になるまで 私は学生時代ず …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

震災で転職の話が白紙に。完全未経験の工場職に正社員として30歳で再就職できるまで

私は現在36歳男です。 私は29歳の時それまで勤めていた会社を自己都合で退職しました。 退職理由は残業が多く、残業代もまともに払われない事と、ボーナスが10万円以下という事が原因です。 当時、私は結婚 …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次 危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職 以前は、社会福祉法人(老人介護施設)に勤務しておりました。少ない休み(年間95日程度)と少 …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次 「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にする 「な …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …