ニートの就職体験談

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

投稿日:2017年5月20日 更新日:

私は、25歳の女です。

この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。

私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人間です。

しかし、そんな私でも自分の力でなんとか立ち上がる事ができました。そんな私の経験を書こうと思います。

学生時代から引きこもり、ニートになってしまった自分

私は中学生の時から不登校でした。

次に入った高校でもあまりしっかりと通えず、10代のうちから引きこもりとして、暗い時期を過ごしていました。

それから卒業し成人してもずっと働く事ができず、一人家で自己嫌悪に陥るという無駄な日々を送っていました。

中学から不登校の自分には、働く事ができるなどとは微塵も思えなかったんです。

完全なニート生活は実は楽なものでもない

ニートは家からも出ず働かず、好きにお金が使えて好きな物を食べれて贅沢できる、精神的ストレスもない、などと思われているかもしれません。

実際は案外そうでもないのです。

まず毎日常にやる事がないと嫌な事しか考えられなくなります。

毎日毎日自己嫌悪の嵐で、ストレスが溜まると暴飲暴食に走ることもありましたし、夜だって寝たくても眠れなかったりします。

結果、昼夜逆転になって自律神経もおかしくなりました。

別に好きにパソコンやゲームをしているわけでもないのに、です。

とりあえずハローワークなどに通ってみたこともありました。

しかし、こんな自分がまた働けるとも到底思えなく、怖気づいて何もしないで帰ってしまう、という事を繰り返していました。

再び動き出す力をくれた彼氏の存在

そんな精神的に楽しくも無い自堕落なニート生活を4年程続けた頃、なんと奇跡的に恋人ができました。

相手はこんなダメダメな状態の自分をも受け入れてくれて、甘やかしすぎず厳しすぎない助言と応援をくれました。

恋愛なんか一生する事もないと思っていた私には衝撃的な出来事でした。

そこで「こんな状態の自分を見守ってくれている家族、そして新たに応援してくれる人が私にはいる。とりあえずもう一回やってみよう」と思えるようになりました。

まずは生活の改善からと決意しました。

具体的には、眠れなくても朝はとりあえず起きて、朝食を食べる。

精神的に辛くとも、家にいる限りは家事も積極的に行う。

昼間に外を散歩し、なるべく動く。

など、なるべく自室に引きこもらないように努めました。

結果、昼夜逆転は治まりなんとか普通の生活に戻る事ができました。

ニート脱出のきっかけは新聞にはさんであった求人広告

ニートにしては健康的な生活を送れるようになった頃、ハローワークにも積極的に通うようになりました。

一週間に一度は必ず通い求人を見ていました。

ですが、働くキッカケになったのはハローワークではなく、家の新聞にはさんであった一枚の求人広告でした。

その求人広告を祖父が見つけ、私に「お前にはここがいいんじゃないか?」と渡してくれたのです。

その求人は工場でのお仕事で、ライン作業を主にするものでした。

祖父も私の事をずっと心配してくれ、良さそうな求人があるとよく私に教えてくれていたんです。

いつもなら怖気づいてしまう私ですが、その求人には何か惹かれるものがあり、すぐさまその工場に決めました。

25歳職歴なし女が、ついに工場のパートとして社会復帰

その工場には履歴書を送り、そのまま面接の電話をいただきました。

後日、面接をしていただき、その場で採用していただける事になりました。

自分が思っていたより、あまりにすんなりと事が進んだのでとても驚いています。

不安も沢山あって、面接当日なんて腹痛が酷かったのですが、今こうしてなんとか仕事を続けることができています。

半年が過ぎましたので、自己目標の三カ月を突破しました。

自分でも信じられませんが、親や恋人も本当に喜んでくれています。

まとめ

まったく勇気を出さないまま何事もうまくいくことはありません。

ですが、焦りすぎて空回りして自滅する必要もないと思います。

ほんの少しだけ、「やってやるぜ!」と強気で挑む日を作ってみてください。

まずいきなり仕事を見つけるのではなく、自分の生活習慣をちょっとずつ変えていくだけでかなり変わると私は思いました。

私のような学生時代から引きこもりのニートでもできたんです。

何も難しい事はしていません。

家族や恋人、友人にたまには頼り、職場を選り好みしすぎず自己嫌悪に陥りすぎる前にちょっとだけ勇気を出してみる、という事をしただけです。

私と同じような境遇の皆さんも、焦りすぎや無茶はいけませんがほんの少しだけ身近な事で勇気を出してみませんか?

きっと何かは変わるはずです。

どんなに小さな事でも。

 

この記事もオススメ

>> 24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

ブラックSEを何度も経験するも、34歳で大手SIer企業に正社員として再就職できた話

私は文系の大学を卒業した34歳の男性です。 現在の仕事はIT企業のSIerとして、ネットワークエンジニアとして、仕事をしています。 文系の学校を卒業したのにネットワークエンジニアとして就職できた理由は …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …

アルバイト全員辞める。飲食店を26歳で退職し28歳で上場企業子会社に再就職成功!現在は個人事業主として生きる

私は大学生の時に一人暮らしをしており、生活のために居酒屋でアルバイトを始めました。 初めてのアルバイトだったこともあり、居酒屋で働くことが非常に楽しく、仲間もたくさんできました。 当時の店長はほぼ毎日 …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

ハロワより転職サイト!24歳新卒を2年で辞めた私が、土日祝休みの事務職に正社員で就職できた話

24歳、新卒で就職した会社を2年で辞めた私が、26歳で土日祝日お休みの事務職に正社員としてつくことができた話をします。 目次新上司に嫌気が差し、新卒で就職した会社を2年で辞めてしまう6社中すべて不採用 …