ニートの就職体験談

専門学校中退で薄毛ストレスも。30歳職歴なしの私でもプラスチック工場で正社員として就職できた話

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は人付き合いが苦手で、高校を卒業した後に行った医療系の専門学校では、人間関係が辛く、3ヶ月ほどで中退してしまいました。

ストレスで薄毛になった事もあり、余計に人と関わるのが苦手になった私は引きこもりのようになりました。

ですが、30代になった頃、これからの人生を考えるとさすがに就職をしなくてはいけないと思い始めたのです。

ここでは、私が18歳から引きこもり、どのようにして30歳で就職できたのかの話をしたいと思います。

18歳から引きこもり生活がずっと続いた

私は18歳で専門学校を中退すると、M字型脱毛症というタイプの薄毛になり、ますます引きこもりになりました。

当時はネットが普及したころで、チャットをしたりオンラインゲームをしたりして遊んでいました。

一人だけ家に訪ねてくれる友達がいて、たまにその友達とカラオケに行くことはありました。

恋人がほしいなとか考える事もありましたが、薄毛に悩んでいたことと、もともと人間関係が苦手なことから、ずっと部屋に居つづけました。

20代後半から少しずつバイトに行く

引きこもり生活も、20代前半までは結構それなりに楽しかったのです。

ネットで見るサイトはどれも新鮮でしたし、お笑いが好きだったので、お笑い動画などを見ていても飽きませんでした。

ですが、20代後半になってくると大体の趣味に飽きて、引きこもり生活も辛くなってきました。

そしてその頃、何とか薄毛治療もうまく行き、社会復帰のリハビリとして日雇いのアルバイトにいくようになりました。

日雇いのアルバイトは結構雑な扱われ方をされますし、力仕事だったので大変でした。

しかし、バイト先で友達になれた人もいて、そんなに世の中で働くのも悪くないなと感じるようになりました。

いまさら恋人ができるかどうかはわからないと思いつつも、少し恋愛などにも興味を持つようになり、たまにバイトへ行く生活が続くように。

あるときは、コールセンターのお仕事に行く事もありました。

結構女性の方が多く、最初は緊張しましたが、数人の女性と仲良くなる事ができ、仕事が楽しくなりました。

コールセンターのバイトは結構時給は良かったですし、人間関係も良い感じで働けていました。

電話で営業するような仕事内容で、それが精神的に辛くて数ヶ月ほどしか続きませんでした。

ですが、いろいろなバイトをしてるうちに、働く事に慣れてくる感覚はありました。

働けば好きなゲームが買えたりパソコンを買えたので、働くのも悪くないと考えるようになりました。

30歳でプラスチック工場の作業員(正社員)として就職

30歳になったころ、もうそろそろちゃんとした仕事に就かなければ、という焦りはありました。

まずは兄に勧められて、ハローワークにいきました。

さまざまなお仕事があり、自分がどれに向いてるかも分かりませんでした。

しかし、そんな私に相談員の方がお勧めしてくれた仕事は、

プラスチック工場の作業員でした。

正社員としての募集をしていたので、若干プレッシャーでしたが、チャレンジしてみる事にしました。

面接の予約はハローワークからしてくれました。

面接当日は、スーツを着て行きました。

面接担当の工場長の方は優しい雰囲気で接してくれたので、安心して面接を受ける事ができました。

軽く数学の筆記テストのような事もしましたが、普通に高校に通ってた人なら簡単に解ける位のテストなので問題ないとありませんでした。

そして意外にもあっさり採用されることに!

職歴もたいした学歴もなかった私ですが、工場勤務の正社員になる事ができたのです。

実際働いてみると、優しい人が多くて、働いてても苦ではありません。

むしろ楽しいくらいです。

休憩時間は趣味の話をしたり、楽しく過ごせていますし、仕事もちょうど良いくらいのしんどさで続けていけるので良かったです。

私は現在も、そのプラスチック工場の作業員として働いています。

職歴がない人でも工場なら受かりやすいと思うのでおすすめです。

まとめ

職歴がない無職の人はとりあえず日雇いのアルバイトなどで働くのが良いと思います。

日雇いの力仕事でしたら、試験もないところがほとんどだと思うので採用してくれやすいでしょう。

そして仕事、社会生活に慣れてきたら、ハローワークやネットの求人サイトで就職先を探すのが良いと思います。

30代くらいでも、就職できるところはありますので、あきらめないで頑張る事が大切だと思います。

特に工場系なら30代以上の無職の方でも受かりやすいのでおすすめします。

-ニートの就職体験談
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

新卒で入った不動産会社を24歳で退職し、沖縄の旅行会社に再就職した体験談

はじめまして。 現在34歳、ちょうど来月で、今の職場で働き始めて10年目の、旅行会社社員の男です。 時にはバスツアーの企画をしたり、時には修学旅行でこの地を訪れる高校生のバスに乗り添乗員をしたりと、日 …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …