ニートの就職体験談

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

投稿日:2017年10月2日 更新日:

40代後半になる男です。

約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。

当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中

募集案件は非常に少なく厳しい状況でした。

そんな中、何とか今の会社にお世話になることができました。

その時期のお話をさせていただきたいと思います。

「働き過ぎで疲れた!」大企業に見切りをつけ自営を目指す

新卒で入社したのは某メーカーで業界トップの大企業

当時はまだジョブローテーションが盛んに行なわれており、総務系、企画、営業、物流管理など、あらゆる職種を体験させてもらいました。

順調な会社生活を送っておりましたが、バブル崩壊以降徐々に業績が落ち、社内で大規模なリストラが実施された結果、従業員数が最盛期の半分に減少。

必然、残された者の業務は2倍近くに増加しました。

当時総務系の仕事をしておりましたが、毎日深夜まで残業し、休日出勤も日常茶飯事でした。

それでも使命感から、その状態で5年以上頑張りました。

そして大きなプロジェクトがひと段落したところで退職を決断

退職の直接の理由は、決して「忙しさに堪えられなくなった」というものではなく、むしろこういった生活が今後も続くのかと思うと不安を感じずにはいられなかったというのが本当のところです。

幸い実家が田舎で自営業をしていたので、そこで親を手伝っていこうと決めました。

そちらの経営状態も厳しかったのですが、私が食べていけるくらいの利益はギリギリでありましたので退職したときは不安はありませんでした。

退職直後に計算が狂い自営を断念

ところが退職して本当にすぐのことでした。

リーマンショックの影響で大口の得意先が倒産することになり経営状況は急変します。

結局小さな自営業なので、私が居なくても会社は回るが、私に出す給料はないという結論に至り、私は改めて就職先を探すことになってしまったのです。

最初は余裕だったが次第に「ヤバイ」に

年齢も37歳で、しかもこのリーマン不況です。

厳しい就職活動になるとは思いましたが、実のところそれほど身が入っていませんでした。

「自分は大企業でバリバリやってきた」という自負から、それが驕りとなっていたようです。

「typeエージェント」さんに支援をお願いしたものの、当初は自分に甘い条件ばかり主張して担当の方を困らせてしいました。

typeさんは一生懸命支援してくださったのですが、私の不真面目さのせいで進展はほとんどありませんでした。

自分がいかにノースキルだったかを思い知らされる

退職後2~3ヶ月くらいすると、さすがに焦りが出てきます。

職安に失業保険を受け取りに行くと「これが切れたらもう無収入だ」というプレッシャーに襲われるようになりました。

この辺から、さすがに自分でも意中の企業に中途採用の打診の手紙を送ったり、積極的に動き出しましたが、不況のせいか反応はほぼありませんでした。

半年の就職活動中に面接や採用試験は7~8回受けに行きました。

これが多いか少ないかはご判断はお任せしますが、どこに行っても思い知らされたのは「自分がいかにノースキルか」ということです。

ひたすら真面目に仕事を15年近く続けてきましたが、どこに出ても通用する汎用的なスキルは何一つ身についていなかったのです。

面接のたびに「これは出来ますか?」「いえ、出来ません」というやり取りが繰り返されました。

リクナビNEXTで思わぬ業界に目をつける

退職し5ヶ月を過ぎ、さすがに滅入ってきました。

お金を切り詰めた生活にも耐えられなくなりつつあった頃に、転職サイトのリクナビNEXTを何気なく覗いていたところ、今の会社の求人画面に出くわしたのです。

まったく経験のない業界でしたが、自分は総務系やシステム系の仕事もしてきたのだから、業界を限定する必要はなかったと、その時気付いたのです。

早速応募してみると、今までになくよい感触でした。

あとから伺った話ですと、役員の方が私の前の会社のことをよくご存知で、面接を受けられるように取り計らってくださったとのことです。

まとめ

こうした不思議な縁で採用してもらいましたが、縁ばかりに頼らず、今度は実力を上げてお返ししなければと今では自己啓発も意欲的に取り組んでいます。

私は最初のうち、見通しの甘さから辛い状況を自ら招いてしまいました。

しかしこの厳しい状況が「自分には何が足りないか」をわからせてくれたのだと思っています。

真摯な態度で努力を怠らずに進めていけば、思わぬ縁が舞い降りてくるかもしれません。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

無職期間のPCスキルで採用!26歳無職が就活して2社目でSEとして就職できました

私は現在30歳のSEです。26歳までは無職で特になにもしない生活を送っていました。 私が無職になった理由は大学での挫折です。高校までは比較的優等生として生きてきた私は大学までは順調に進みました。 しか …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

100社応募するも採用されなかった。26歳無職女が紹介予定派遣を使い未経験の事務職に就職できた話

私は26歳の時に、前職を勢いで退職し、無職になりました。女性です。 前職はNPO法人の事務職員で、事務仕事をしていましたが介護の仕事も多く、事務の経験は無いに等しい状態でした。 そんな私が、紹介予定派 …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …