ニートの就職体験談

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

投稿日:2017年10月21日 更新日:

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。

私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。

父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるためには働くしかありませんでした。

そんななかでも夜間の大学に行くという選択肢もあったかもしれませんが、その時の自分の考えでは「無理だ」と思いました。

その時、勤めていたのは金属加工の小さな会社でしたが、残業は当たり前で、とても仕事と勉強の両立は無理だと考えたのです。

「落ち着いたらいつか大学に」と思って働いてきましたが、状況が安定してくると、次第にそういった志が失せてきました。

日々、無理なく過ごせればいいと、思うようになりました。

14年勤めた会社の突然の倒産

その金属加工の会社が突然、倒産したのは、私が働き始めて14年がたったころでした。

社長が亡くなって、息子が継いだのですが、その人がいい加減極まりない人で、不安定だった会社はますます傾いていきました。

会社は倒産し、私は33歳で無職となってしまいました。

その時、付き合っていた彼女がいて、結婚も考えていたので、次の仕事を探しましたが、なかなか見つかりません。

適当な条件の会社ならありましたが、結婚して家族を養うには物足りないところばかりでした。

その時初めて、学歴というものの大事さを思い知らされました。

「大卒」と「高卒」の差が、これほどまでにあるのかということを痛感しました。

あの頃、無理をしてでも大学に通っておけばと思いました。

その後、職探しを続けましたが、次第に私は心を病んでいきました。

引きこもり生活と見捨てなかった彼女

「うつ病」とまではいかないまでも、人と会うのが億劫になり、家族と食事をするのも嫌になり、いつも一人で自分の部屋で買ってきたものを食べるようになっていました。

月日だけが過ぎていき、私は「引きこもり」のような状態になりました。

友だちも離れていき、頼りになるのは、それでも私を見捨てなかった彼女ぐらいになりました。

不眠が続き、いっそのこと、死んでしまったら楽になるのではという思いが浮かび、それを彼女に話して叱咤激励されるという繰り返しでした。

少しでも社会に貢献できる喜びを知ったバザー

ある時、体の調子がよかったときに、住んでいるマンションでバザーがあり、隣人の人から、「手伝ってほしい」との打診があり、体調は優れなかったのですが、手伝うことにしました。

住人がさまざまな不要となったものを出品し、それをマンションの住人のみならず、近隣の人たちが買いに来るというものでした。

収益金は福祉施設に寄付することになっていました。

私は、一日、出品されたものを買いにくる人と接しました。

「これ欲しかったんだ」と品々を手に取り、お金を払っていく人々に触れる中で、経済活動に参加することの喜びを初めて感じた気がしました。

さらに、それで得られたお金が身寄りのない子どものために寄付されるということを考えたときに、自分の微力が少しでもだれかの役に立てると思い、もう一度頑張ってみようかなという思いが湧いてきました。

それを隣人の人に話したら、「仕事に復帰して頑張ってみたら」と言われました。

それまで自信を失い、後ろ向きな考えにとらわれていた私でしたが、自分というちっぽけな存在であり、力であっても、世の中のため、人のために役立てるということを感じたのでした。

転職サイトに登録し、就職活動を開始

勇気を出して、転職サイトを頼りに仕事を探しました。

どんな仕事をしたいというより、どんな仕事でも自分の存在を発揮したいという思いでした。

ある先輩からは「学歴とかは関係ない。本人のやる気次第だ。希望をもって頑張れ」と励まされました。

さまざな職種のさまざまな会社の面接に行きましたが、待遇とか給料とか、福利厚生について訊く前に、「社会の役に立ちたい、という思いで来ました。」と前置きして話しました。

そうしたところ、面接を受けた多くの会社から採用通知の話をいただきました。

結果的に、自分の希望する条件に最も見合っていた今の印刷会社に入ることができました。

社長を始め、社員の方々は皆いい方ばかりで、のびのびとやりがいをもって働いています。

まとめ

これまでを振り返るに、学歴とか、能力とか、経験とか、いろいろとその人その人の差はありますが、それをも凌駕するのは、本人の志であると思います。

自分の生活を守る為だけに働くのか、そうではなくて社会のため、人のために働こうという壮大な志をもっているのか。

仰々しい考え方かもしれませんが、今の時代、働く人に求められるのは、そういったダイナミックな精神性だと思っています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …