ニートの就職体験談

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

投稿日:2019年4月21日 更新日:

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。

お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。

カラオケ屋でアルバイトしながら2年ほどして一緒にやっていた友人は田舎に帰り、自分は夢を捨てきれず一人残って活動をつづけました。

バイトも転々としてレンタルビデオ屋からパチンコ屋と最初は勉強のためと毎日ビデオやCDを借りて研究していましたが、そのうち、シフトの自由さと金銭的な面でパチンコ屋で働きました。

音楽活動もようやく少しだけ芽がでてきたのか、イベントに呼ばれたり、当時は珍しかったインターネットテレビの番組をやりはじめました。

友人とのツーリング帰りに山で人身事故を起こしてしまう

ある日、インターネット番組とパチンコ屋とイベントの合間に友人にツーリングに誘われ、疲れが溜まっていたのに、出かけました。

帰り道、暗い山の道でおじいさんを轢いてしまいました。すぐに救急車を呼び、自分も転倒して怪我をしました。

おじいさんは一命を取り留めましまが、歩くことが出来ずに病院のベットに寝たきりになりました。

3回ほど謝りにいきました。

3回目でおじいさんに仕事は?と聞かれて

パチンコ屋で働いている

と答えて、

パチンコ屋はいかん、もっとまともな仕事につきなさいと

もうここには来るな、

パチンコ屋の仕事をやめて、バイクを処分して、音楽活動もインターネットテレビも1度すべて辞めました。

事故を起こしてから、ずっと上の空で仕事もまともに出来ていなかったと思います。

社員に怒鳴られたり、なんだか逃げるように辞めました。

スーパーのアルバイト募集から、まさかの鮮魚コーナーで働くことになる

ぼーとアパートで過ごしました。

近所の野良猫に餌をあげたり、花を買ってきてアパートの庭に植えたり、お金もすぐなくなってきて、近所のスーパーでアルバイト募集の張り紙を見て、応募しました。

家から近いし、仕事もジュースを並べたり、お菓子並べたり、そのくらいなら楽だし、自分でも出来ると思ったからです。

面接に行って、自分では想定外の魚、鮮魚部門に配属が決まりました。

仕事も自分が想像していた内容と180度違いました。

魚の仕事は朝から晩まで忙しく、大変でした。

魚の捌き方から値段のつけ方、ポップや売り込みまで

人間関係も自分には厳しかったです。

パワハラする正社員に、一癖も二癖もあるパートのオバちゃんたち、

ただ自分は一生懸命、仕事しました。

頭のどこかでおじいさんの言葉が響いていたからだと思います。

2年経って、会社から社員になるように薦められました。

仕事も一通り覚えて、慣れてきた頃だったのですぐにOKしました。

社員になって今まで以上に仕事は大変になって、上司ともケンカしたり、パートのオバちゃんに頭を悩ませたり、売り上げ、利益と大変でしたがなんとか地に足がついた生活をおくれました。

今はその会社は辞めて、別の会社で魚関係の仕事をしています。

無職からの就活に大切なことは「とにかくアルバイトからでも始めること」

自分が思う無職からの就活に大切なことは、たとえアルバイトでもいいから働き始めてみる。

もしそのバイトが自分に合っていると思えたら続けてみる。合っていないと思ったら違う仕事を探せばいい。

合いそうな仕事なら、自分に向いている職種が分かるから転職や就職活動に役に立つと思います。

経験上転職する時、就職活動する時に気をつけることは世の中にはブラック企業が沢山あるということ。

職安やネットの求人は企業にとって都合のいいことしか書いていない、都合が悪いことはまるで全く無いというような募集がおおい。

良い会社は間口が狭いので入るのは大変だけれどチャレンジしてみる価値はあります。

一度ブラック企業でも、働いてみると普通の企業がいかに社員に対して愛情深いかわかります。

いい会社はきっと見つかる。いい職場はみんなで作っていく。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

28歳でリストラされ無職に。50社以上の不採用を乗り越え29歳で熱処理の会社に就職!

私が29歳の時、熱処理株式会社に正社員として働きだした話をします。 それまでの経緯も合わせて話をします。 目次28歳で退職し、8ヶ月の無職生活前会社からの支援でリクルートキャリアコンサルティングで求人 …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …