ニートの就職体験談

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

投稿日:2017年8月1日 更新日:

私は39歳の男性です。

25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。

無職になるまでの経緯。

私は大学時代にになってしまいました。

そのため大学を卒業して無職の状態でいました。

無職になってからの心境や生活状況。

私は無職になってからの心境はかなり憂鬱でした。

周りの友達は就職して楽しく働いていて、収入を得て車を購入したり合コンをして遊んでいる姿をみてかなり自己嫌悪になってしまいました。

自宅にいても家族とあまり会わないように昼夜逆転の生活。

自宅にいるときの生活は、昼間に起きて昼食を食べてからテレビを観ながらネットをするという感じです。

たまにテレビを観ていて同世代の人が活躍していたらテレビを消して観ないようにしていました。

無職だから街に出て遊ぶお金もないし、誰かと会おうという気持ちにはなりませんでした。

就職しようとしたきっかけは?

就職しようとしたきっかけは、そろそろ働かないと社会から外れてしまう焦りと、お金が欲しいのと恋人が欲しいと思ったからです。

就職活動の際に役立ったこと

就職活動の時に役立ったことは、友達です。

私は鬱というメンタルの病気があったので、人に役立つ仕事がしたいと考え、介護職員を選びました。

たまたま友達が介護職員をしていて、介護の仕事を聞こうと電話して実際に会い介護職の話を聞きました。

友達はかなり優しい男性なので、親身に介護職の話をしてくれました。

私は友達が働いていている職場で働きたいと伝え、友達から職場に私が働きたいという話を振ってくれました。

最初の一週間はボランティアとして経験して、私は介護職員として採用してくれることになりました。

ボランティアで真面目にやっている姿と友達のコネがあったから働けるようになったのだと思います。

無職からの就活に大切なこと。

無職から就活に大切なことは、高望みしすぎないこととやりたいことを明確にする事です。

高望みをしすぎるとなかなか採用されません。

今は終身雇用の時代ではないですから、働いてみて経験を積んでから待遇が良い会社に転職する事は十分可能です。

また、やりたいことが明確だと、面接の時に志望動機をアピールすることができ採用されやすいです。

無職から就職活動して私が感じたこと。

無職からの就活は確かに大変ですが、しっかり対策を立ててやればきっと採用されます。

今はハローワークや転職サイトや転職アプリ等がたくさんありますからどんどん活用してくださいね。

就職アドバイザーに無職から正社員になりたいこともしっかり伝えてくださいね。

私は介護職員として正社員で働きはじめて、仕事が楽しいことに気づき、介護福祉士と介護支援専門員の資格を取得しました。

人助けの仕事をして給料も安定し、結婚もできました。

無職で悩んでいる人はたくさんいますが、私は鬱になりながらも見事正社員に就けて楽しく働けていますから、諦めないで就職活動をどんどんしてくださいね。

無職で引きこもってしまいますとマイナス思考になりますから、就職活動をしたいと思ったらすぐに行動することが大切になりますよ。

まとめ

就職活動は大変ですが、諦めないで就職活動をし続けることが大切です。

就職活動して疲れたらリフレッシュする事も大切ですから、たまには息抜きも忘れないでくださいね。

また一人で就職活動して行き詰まりを感じたら周りの助けをどんどん借りましょう。

面接を受ける時は、自分が働いていて活躍しているイメージをもって面接を受けると採用されやすくなります。

無職になった経緯は人それぞれかもしれませんが、自分を責めないで自分はできるんだという気持ちをもって就職活動に取り組んでくださいね。

頑張ってください、応援しています。

-ニートの就職体験談
-, , , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

28歳無職のPC未経験者がIT企業にシステムエンジニアとして就職するまで

私は現在28歳のシステムエンジニアの卵です。 以前は卵ですらない無職でした。無職になった経緯としては、前職の営業職で無理をしたため精神的な病気になってしまいました。 その後は精神的な病気と付き合いつつ …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …