ニートの就職体験談

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

投稿日:2017年5月19日 更新日:

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。

今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。

目次

大学を卒業し、無職ニートになるまで

私は大学に通っていましたが、就職活動もろくにせずダラダラと過ごしていました。

もちろん、だからといってバイトをしていたわけでもありません。

そもそも、バイトをしたことがありませんでした。

あっという間に卒業が迫り、さすがに就職はした方がよいのかと2~3社だけ駆け込みで受けましたが、当然のように落ち無職が確定しました。

表向きは司法試験受験生、実質はニート

無職が確定してからは、何もしてません。

毎日昼まで寝て、ボッーとして、ゲームをやったり好きな本を読んだり気のむくままの生活。

親から文句は特に言われませんでした。

表向きは司法試験を受けるということになってました。

毎年、受かるわけのない試験に出掛けるというのが唯一の遠出でした。

28歳を過ぎ親に怒鳴られる

28歳になり、さすがに「いつまでやってんだ」と言われる時がきました。

いつかは言われるだろうと恐れていた言葉です。

もう就職しろ、半年以内に出ていけということになりました。

ついに快適なニート生活からおさらばしないといけないことになったわけです。

28歳職歴なしでとりあえず派遣会社を探す

28歳職歴無しバイト経験無しの自分がまともな会社を受けても受からないだろうと思い悩んでいました。

この歳で学生経験しかない自分ができるのは、業種的に塾講師くらいしか思いつきませんでした。

しかし、塾といえども会社、しかも正社員となるとやはりハードルが高い。

そんなとき、教育業界専門の派遣会社をみつけました。

特に試験らしい試験もなく、職歴が無くても紹介してくれるとのことで気軽に面接に行ってみることに。

紹介予定派遣という制度

実際に行ってみると、面接らしい面接はなく、とりあえず授業が出来ないと塾に紹介出来ないということで模擬授業をさせられました。

まあ、当然ですね。

3時間くらいやりOKが出たところで、具体的な紹介の話に入りました。

「出来れば正社員でいきなり入りたい」という希望を伝えると、それはハードルが高いので、紹介予定派遣で入るのはどうかと提案されました。

紹介予定派遣というのは、一定期間勤務したあとは正社員契約をするのが前提で派遣される制度のことです。

これだとうちを通せば、面接一発で入り込める確率が高いといわれました。

それでお願いしますということで紹介してもらうことにしました。

この時は、大したところはないだろうなと思いましたが、提案される塾はCMでもやっているような大手の塾ばかりでした。

そのなかでも上場しているところを選び、試しに紹介してもらうことにしました。

面接後翌日から勤務、そして3ヶ月後、上場企業正社員へ

聞いていた通り面接のみでした。

筆記でこちらの学力を調べなくて良いのか?と逆に不安でしたが、派遣会社を通すと大体そのようです。

面接は派遣会社の人も同行でした。

社長と何人かの取締役との面接でした。

知識もなにもないので、とりあえず元気いっぱいに受け答えしただけで、まともなことは何一つ言えませんでした。

面接の質問では、大学卒業してから何をしていたのか?というキツイものもありました。

司法試験受けてました、とはいっても実際はニートでしたから。

面接はダメだと思いましたが、数時間後に派遣会社の人から連絡が入り、紹介予定派遣で合格とのことでした。

さっそく翌日から勤務してくれとの話で、心の準備が出来ていないので不安でしたが、逆に良かったのかも知れません。

変に期間が空くと怖くなって、やっぱりやめますともなりかねませんからね。

そして派遣期間は3ヶ月で問題なければその後正社員ということで、なんとか3ヶ月を乗り切り、28歳職歴無しバイト経験無しの私がいっぱしの上場企業の社員になってしまったわけです。

まとめ

その後、8年間その塾に勤務しました。

塾というのは聞いていたよりも激務で、休みがほとんどありませんでしたが充実した8年間でした。

その会社の教育方針に思うところがあったので、今は独立して自分で塾を開いて経営しています。

大手塾に勤めてたというのが売りになったのか、ぼちぼちやっていけています。

職歴が無くバイト経験無しとなると就職出来ないのでは、と悩むこともあると思います。

ですが、とりあえず一歩踏み出すことで何らかの道は開けるものです。

私も気軽に試してみようというノリでしたが、今ではあの時一歩踏み出して良かったと思っています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

20代の引きこもりから就職できた成功体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代で引きこもりから脱出して就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 いま現在引きこもりで悩んでいる方に少しでも役に立てば嬉しいです。   …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

ブラックSEを何度も経験するも、34歳で大手SIer企業に正社員として再就職できた話

私は文系の大学を卒業した34歳の男性です。 現在の仕事はIT企業のSIerとして、ネットワークエンジニアとして、仕事をしています。 文系の学校を卒業したのにネットワークエンジニアとして就職できた理由は …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次 バンドマンから無職になるまで 私は学生時代ず …