ニートの就職体験談

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

投稿日:

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。

大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職

大学在学中にバブルが弾けて、私が卒業後する頃には就職氷河期。特に大卒女子は、企業から敬遠されていました。

入社して2,3年経って、ようやく仕事を覚えた頃に寿退社されるようなら、同じ新卒でも基本給の安い高卒女子を雇ったほうが、人件費を節約できる。という考えが当時の企業間では根強くありました。

それでも、どうにか自力で販売職の仕事の内定に漕ぎつけ、晴れて新卒で就職することができました。

サービス業とあって、毎日が残業で当たり前。休みの日は1日中寝てばかり。

都市部に就職したので、田舎育ちの私は都会の慣れないサービス業の環境に順応できず、体を壊してしまいました。

入社してわずか2年。

会社を辞めて実家で静養することになりました。

最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活

実家に帰れば、家賃や食費はかからないし家事も親がやってくれる。最初は至れり尽くせりでじっくり静養できました。

体が回復すると共に、学生時代の友人達と食事に行ったり同窓会に参加したりと地元での交流も深まりました。

当時、20代。

周りの友人達は、多方面で活躍して忙しいながらも充実した毎日を過ごしているようでした。

みんなそれぞれの人生を切り開いて、キラキラ輝いていました。

無職の私には、友人達の会社の愚痴すらも羨ましく感じました。

私には愚痴を言う会社もないのだ。

自分一人だけが、社会から取り残されたような虚しい気持ちになりました。

色んな人から遊びや食事に誘われたりもしましたが、外出する度に親にお金をもらう自分が情けなくなって、次第に友人達の誘いを断るようになっていきました。

新聞広告で見たアルバイト募集から正社員の道へ

職を失って、引きこもりに近いような日々が続き、お金がないとこんなにも気持ちが滅入るものなんだと、収入がない事の辛さを痛感しました。

まだ20代で独身。

仕事を探すなら正社員。と焦っていました。

そんな中、新聞広告で物産展の単発のアルバイト募集のチラシを見つけました。

とりあえず就職活動中だけど、短期間だけお金を稼ぐつもりで応募しました。

ところが履歴書を持っていくと、物産展ではなく靴売り場でアルバイトをして欲しい。と言われました。

ちょうど欠員が出たので、アルバイトを探していたそうです。

私が2年だけ販売職に就いていた事と、在職中に取った販売職関連の資格が役に立ったようでした。

靴売り場で、私は一生懸命働きました。

仕事をして、社員の方に認められたりお客様から感謝されることにやりがいを感じていきました。

アルバイトではあるけれど、頑張れば売上にもつながるし、その他在庫の補充や顧客管理など、販売の仕事以外も任せられるようになりました。

仕事が楽しくて毎日活き活きと過ごせるようになりました。

その頑張りが評価されたのか、靴売り場と同じフロアに新しくアパレルブランドがオープンすることになり、新規正社員として勤務してはどうかと、人事課から声がかかりました。

新しいショップで一から正社員として実績が積める。私は迷わず、そのアパレルブランドで働くことを決めました。

それから結婚、出産を経て15年間、周囲の人の助けもあって正社員として頑張ることができました。

出産後、子供が小学校に上がるタイミングで退職しましたが、色んな経験を積むことができ私の財産となりました。

最初から正社員を目指す他にも、アルバイトとして採用されて実力をつけてから正社員登用という道もあります。

今、無職で悩んだり落ち込んだりしている人がいれば、私のような就職の仕方も身を結ぶことがある。

という事をお伝えしたいです。

正社員にこだわらず、自分の興味のある仕事を広い目で探してみてください。

そこから人生が開けてくることも、大いに可能性があると思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

100社応募するも採用されなかった。26歳無職女が紹介予定派遣を使い未経験の事務職に就職できた話

私は26歳の時に、前職を勢いで退職し、無職になりました。女性です。 前職はNPO法人の事務職員で、事務仕事をしていましたが介護の仕事も多く、事務の経験は無いに等しい状態でした。 そんな私が、紹介予定派 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …