ニートの就職体験談

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は現在33歳の男です。

自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。

今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。

18歳で工業高校卒業後、ニート生活に突入

私は中学卒業後、地元の工業高校に進学しました。

毎年、募集人数に対して進学希望者の数が定員割れしていて、自分の名前さえきちんと書ければ合格するという、そんな学校です。

もともと勉強が嫌いだった私に、せめて高校だけは行ってくれと親がなかば強引に決めた進路でした。

しかし高校生活はそれなりに楽しいものでした。

友人にも恵まれ、充実した高校生活を送れました。

ただ高校三年時、周りが就職活動に精を出していた時も、私はキリギリスのように遊んで過ごしていました。

結局、高校卒業後の私は、就職するわけでもなく何をするでもなく、自宅でひたすら自堕落な生活を送っていたのです。

ただお金は欲しかったので、近隣のコンビニエンスストアの深夜アルバイトをすることにしました。

そこには高校時代の友人も居たので、何かと気安いものがありました。

しかし、アルバイト当日、肥満体型の私が着られる制服がなかったのです。

そのことが要因で店長といざこざがあり、結局そのまま仕事を辞めてしまいました。

今振り返ると、あの時堪えて辛抱していれば、その後の何年かを無為に浪費することもなかったかもしれないなあ、と思う時があります。

アルバイトを辞めてからの私は、ひたすら自宅でゴロゴロしていました。

無職の私は恥ずかしながら、同居していたおばあちゃんから年金が支給されるたびに、お小遣いをもらっていました。

そのお金で友人と遊んだり、パチンコをしたり、テレビゲームをして過ごしていました。

母親が口うるさく仕事しろと言ってきていたのですが、おばあちゃんがいつも庇ってくれました。

25歳、暗黒のニート生活、初めての身近な死

20歳も過ぎ、25歳になる頃には段々と一緒に遊ぶ友人が居なくなって行きました。

結婚したり、仕事が軌道に乗り始めたりと皆それぞれの理由で忙しくなっていきました。

いつまでも変わらず暇なのは私だけでした。

寂しさと焦り、常にある虚無感から、私はそれまで以上に暴飲暴食をするようになって行きました。

体重はみるみる増え、徐々に外出するのも億劫に。

そして30歳を前にする頃には、近所のコンビニエンスストアに行く以外、外出することがなくなっていました。

親も諦め始めているようでした。

その頃には口うるさく何かを言うことなくなっていました。

私が30歳になった春、あのいつも私の味方をしてくれていたおばあちゃんが亡くなりました

高齢ではあったのですが、私は大変なショックを受けました。

それは私にとって、初めて経験する身近な人間の死でした。

このままではいけないかもしれない、そんなことを考え始めていました。

突然の高校時代の友人からの連絡

ちょうどその頃、地元の市役所内にハローワークが新設されました。

これも何かのタイミングだと思った私は、何度かハローワークを訪れるように。

しかし長年ニート生活を送っていた私が出来そうな仕事は見つかりません。

少なくとも自分自身はそう思っていました。

あの時のアルバイトを思い出すと、自分に仕事が務まる自信がなかったのです。

ネットや新聞に折り込まれる求人広告にも目を通しました。

しかしそれも答えは一緒。

務まる自信がないのです。

諦めかけていました。というよりもはや諦めていました。

そんな時、久しぶりに高校時代の友人から連絡がありました。

なんでも、彼が勤めている警備会社が事業拡大の一環として、BARをオープンさせるというのです。

そこで「店長兼バーテンダー」を募集するという話でした。

風の噂で、私が就活していることを耳にした友人はそんなちょっと面白そうな話を持ってきてくれたのです。

このときは嬉しかったですね。

32歳にして初めての就職はBARのマスター

結局、その友人の口添えもあり、私は晴れてBARのマスター兼バーテンダーとして就職することになりました。

最初は右も左もわからない状態でしたが、友人・知人、そしてお客様に教わりながら、どうにかこうにかやってこれています。

給料は決して良くはありません。

しかし、社長の「ニート生活のリハビリだと思って、頑張れよ!」という言葉を胸に日々精進しています。

私の場合、職歴なしからの就活においては本当に友人に助けられました。

持つべきものは良き友人だなと思います。

感謝しています。

また家族の支えもありがたいものでした。

優しかったおばあちゃん、見守ってくれた母親、どちらも私にとって大切な存在です。

みんなに感謝ですね。

私の体験談が皆さんの就職活動の励みになればと思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

21歳で退職し2年のブランクを経て23歳で大手企業、営業事務の正社員として再就職した話

私は49歳の女性で、現在の仕事はフリーライターです。 私が無職から正社員になったのはかなり前のことです。 私が通っていた高校は進学校でしたが、経済的理由などから進学を諦め、地元の企業に就職しました。 …

新卒で入った会社がブラック!?25歳無職から過去のバイト経験を活かして塾講師の正社員に就職できた

僕が25歳で塾講師として正社員に就くことができた時の話をします。 今になって考えてみると、僕は学歴もそれほどなかったので、いきなり正社員に採用されるというのも難しかったと思います。 しかし、大学時代に …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …