ニートの就職体験談

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

投稿日:2019年9月24日 更新日:

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。

その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思います。

職場の人間関係に悩み26歳で退職

 以前働いていた職場は人間関係がけっして良好ではなかったので、仕事を間違えたりするといつも怒られていました。

とくに仲もよくなかったので会話もあまりなく、いつも疲れだけが残るような職場でした。

そんな時に私が間違えたわけではないのに私のせいになってしまい、その時に心がおれいっそのこと仕事やめるかとなりました。

ただゴロゴロする無職生活に1ヶ月で飽きる

 失業してから失業保険をもらってしばらく自分の好きなことでもしようと思ったのですが、失業保険は失業してからしばらくしてからしかもらえないことを知って、失業保険をもらわないで何かしら働かないといけないと思いました。働かないと貯金は減っていくだけですし、私は一か月程休養したらそれ以上のんびりできませんでした。

好きなことができると思って無職になってよかったと思いましたが、私は働いてから好きなことをした方が楽しいということに気づきました。

 無職の時の生活は朝10時頃起きてゴロゴロしてごはん食べて、ネットサーフィン。そのあと夕方になりごはん買いに行って食べてゴロゴロして、風呂はいってゴロゴロして23時頃寝る、という何とも意味のない一日を過ごしていました。さすがにこの生活はやばいと思ってきました。

友達に勧められてハローワークで就職活動を開始

 まずはハローワークにいきひたすら求人を探しました。転職サイトも興味はあったのですが、友達が転職サイトよりはハローワークで探したほうがいいよといわれハローワークで探しました。転職サイトもいろいろな求人があり、便利だと思いますが、ハローワークは親切に対応してくれるのでハローワークの方がいいのかもしれません。

求人を探していたら、販売業の求人があり、私は人と話すのが好きなので販売業をしてみたいと思いました。ハローワークに紹介してもらい、すぐに履歴書を書いて面接対策をしました。

販売業に就職!働くからこそ休日が貴重になることに気づいた

 無事に販売業の仕事に就職でき、仕事に慣れるまでは苦労しましたが、仕事に慣れコツをつかんでからは仕事が楽しくなりました。やはり仕事をした方が人として成長できるものだと思いますし、仕事をしてからの休日に好きなことをする方がリフレッシュできます。毎日が休みだとゴロゴロしていました。

毎日が休日だからいつかすればいいやと思っていました。仕事をしてからの休日だと休日が貴重になり、何かしないといけないと思うようになりました。

まとめ

 私は無職になってから就職先が決まるまで約三か月くらいでした。無職の期間もゆっくり出来てそれなりに楽しかったのですが、やっぱり仕事をしていたほうが充実できると思います。

ただ私は人間関係が嫌で前職を辞めてしまったので、今の職場が何かしらの理由で嫌ならば思い切って辞めてみるのもいいかと思います。

今の世の中いろいろな仕事があり、いろいろな人がいるので無理をして仕事を続けなくてもいいと思います。

仕事を辞めて自宅でゴロゴロしとくのはあまりおすすめできませんが、旅にでることや登山に行くことはやってもいいかと思います。

20後半で無職になっても再就職はあまり難しくはないので今の仕事が嫌ならば無職になってみるのも面白いかもです。

精神を病んでしまったら元も子もないので、辞めてみて視野を広げるのも一つのてかもしれません。

私はそれでうまくいき、人生楽しんでいます。無職の方も焦らずに自分がしたいことを見つけてゆっくりと探して生きていくのもいいかもしれません。とにかく体調、精神を壊さずに生きていってもらいたいです。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

妥協しないことが大事!25歳無職が3年のニート期間を経て就職できたわけ

私は現在39歳の男性です。 3年間の実家生活ではまるで犯罪者のような扱いを受けていました。 ハローワークで妥協して探した仕事も面接で落ち、絶望していた私が最終的に就職できたきっかけは風俗でした。 ここ …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …