ニートの就職体験談

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

投稿日:2019年9月24日 更新日:

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。

その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思います。

目次

職場の人間関係に悩み26歳で退職

 以前働いていた職場は人間関係がけっして良好ではなかったので、仕事を間違えたりするといつも怒られていました。

とくに仲もよくなかったので会話もあまりなく、いつも疲れだけが残るような職場でした。

そんな時に私が間違えたわけではないのに私のせいになってしまい、その時に心がおれいっそのこと仕事やめるかとなりました。

ただゴロゴロする無職生活に1ヶ月で飽きる

 失業してから失業保険をもらってしばらく自分の好きなことでもしようと思ったのですが、失業保険は失業してからしばらくしてからしかもらえないことを知って、失業保険をもらわないで何かしら働かないといけないと思いました。働かないと貯金は減っていくだけですし、私は一か月程休養したらそれ以上のんびりできませんでした。

好きなことができると思って無職になってよかったと思いましたが、私は働いてから好きなことをした方が楽しいということに気づきました。

 無職の時の生活は朝10時頃起きてゴロゴロしてごはん食べて、ネットサーフィン。そのあと夕方になりごはん買いに行って食べてゴロゴロして、風呂はいってゴロゴロして23時頃寝る、という何とも意味のない一日を過ごしていました。さすがにこの生活はやばいと思ってきました。

友達に勧められてハローワークで就職活動を開始

 まずはハローワークにいきひたすら求人を探しました。転職サイトも興味はあったのですが、友達が転職サイトよりはハローワークで探したほうがいいよといわれハローワークで探しました。転職サイトもいろいろな求人があり、便利だと思いますが、ハローワークは親切に対応してくれるのでハローワークの方がいいのかもしれません。

求人を探していたら、販売業の求人があり、私は人と話すのが好きなので販売業をしてみたいと思いました。ハローワークに紹介してもらい、すぐに履歴書を書いて面接対策をしました。

販売業に就職!働くからこそ休日が貴重になることに気づいた

 無事に販売業の仕事に就職でき、仕事に慣れるまでは苦労しましたが、仕事に慣れコツをつかんでからは仕事が楽しくなりました。やはり仕事をした方が人として成長できるものだと思いますし、仕事をしてからの休日に好きなことをする方がリフレッシュできます。毎日が休みだとゴロゴロしていました。

毎日が休日だからいつかすればいいやと思っていました。仕事をしてからの休日だと休日が貴重になり、何かしないといけないと思うようになりました。

まとめ

 私は無職になってから就職先が決まるまで約三か月くらいでした。無職の期間もゆっくり出来てそれなりに楽しかったのですが、やっぱり仕事をしていたほうが充実できると思います。

ただ私は人間関係が嫌で前職を辞めてしまったので、今の職場が何かしらの理由で嫌ならば思い切って辞めてみるのもいいかと思います。

今の世の中いろいろな仕事があり、いろいろな人がいるので無理をして仕事を続けなくてもいいと思います。

仕事を辞めて自宅でゴロゴロしとくのはあまりおすすめできませんが、旅にでることや登山に行くことはやってもいいかと思います。

20後半で無職になっても再就職はあまり難しくはないので今の仕事が嫌ならば無職になってみるのも面白いかもです。

精神を病んでしまったら元も子もないので、辞めてみて視野を広げるのも一つのてかもしれません。

私はそれでうまくいき、人生楽しんでいます。無職の方も焦らずに自分がしたいことを見つけてゆっくりと探して生きていくのもいいかもしれません。とにかく体調、精神を壊さずに生きていってもらいたいです。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次 18歳で工業高 …

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

こんにちは。 これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。 …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …