ニートの就職体験談

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

投稿日:2019年10月28日 更新日:

初めまして、私は30代男性です。

これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。

26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる

私はこれまで高校生の頃、不登校となってしまい、高卒認定を受けたのが22歳のときでした。

そこから一念発起し大学へ入学し、ストレートで卒業は出来たのですが、当時の不景気もあり新卒の年齢ではない私は100社近くから採用試験を落とされてしまい、無職という形で26歳となってしまいました。

卒業後ハローワークに通い、いくつのか面接を受けましたが、やはり年齢を理由に落とされてしまい、先が見えない状況で、正直自殺も考えました。

母子家庭であり、経済的でも豊かでない為、最後の手段として活用してみようと思ったのが民間の転職サイトであり、私はその中でもマイナビエージェントを使用させて頂きました。

1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉施設の求人と出会う

マイナビエージェントではエージェントの方がまめに対応をして下さり、私の本来の適性にあった職場を勧めて下さりました。そこで出会ったのが福祉施設の相談員の求人でした。

私は元々、福祉に興味がなく、就職活動においても、福祉業界を考えたことなく、ただ一般企業の事務や公務員という形で考えていたので、エージェントの提案は衝撃でした。

福祉施設といえば介護員の印象が非常に強いですが、そこでは運営する以上、事務や相談員といったスタッフも必ずいるとのことでした。

実際そうした事に気付く学生は当時は少なく、いくつもの施設で事務員や相談員の求人を出していました。エージェントの勧めに応じ、私はいくつかの施設様を見学させて頂きました。その中で聞ける部分は自ら確認し、聞きにくい待遇面等はエージェントを通すことで先方と軋轢を生むことなく、条件面を整理して求人を絞ることができました。

求人を絞ったら、次は履歴書や面接の練習を行いました。福祉施設では企業と異なり、ヤル気や経営ビジョンより、暖かな人間性理念に基づいて利用者に相対することができる心を重視されるとエージェントから教えられ、それを元にこれまでと異なった形で履歴書を書き、それに基づいて面接の練習も行いました。

小論文も同様な観点で練り直し、テーマをいくつか絞りました。そして、準備が整った上で、先方に連絡をして履歴書を提出し、面接の日程が決まりました。

面接と小論文を無事通過し、27歳無職がついに就職!

試験は面接と小論文でした。会場に通されると、まず個室で小論文を一時間書きました。テーマは「高齢者を支援するにあたって大切にしていることは何か」という内容で600字程度で時間は一時間でした。事前に準備をしていた為、つまることはなく、書くことはできました。

その後は昼休憩を挟んで、面接となりました。面接は理事長、施設長、事務長の3人と相対する個人面接でした。軽い雑談ののち、志望動機、自己PR、高齢者と接したことがあるか、家族のことをいくつか聴かれ、30分程度で終了しました。企業の面接と異なり、圧迫した空気や奇をてらった質問はほとんどなく、正直拍子抜けした気分でした。

面接終了後3日程度で書面にて採用の通知を頂き、晴れて正職員として次の月から採用されることになりました。私はこの施設の一社のみを受け内定を頂いたので、その時点で就職活動は終了しました。

まとめ

私はエージェントに薦められ、業界を変更したことによって内定を得ることが出来ました。学生の中には印象が悪い業界は最初から外してしまい、端から考えることもないといった傾向があります。そういった業界の中でも新卒を大事に育てて、待遇も悪くない職も決して少なくないので、幅広く就職活動をして頂ければと思います。

また、私のように既卒ですと情報収集の場が限られる為、転職のエージェントは活用するべきといえます。私はマイナビエージェントを使用しましたが、他にも多くの転職サイトがありますので、ご検討頂ければと思います。

業界を絞り過ぎず、活用できるものは遠慮なく活用することが正職員として就職することができる近道かと私は思いました。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …