ニートの就職体験談

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

投稿日:2019年10月28日 更新日:

初めまして、私は30代男性です。

これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。

26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる

私はこれまで高校生の頃、不登校となってしまい、高卒認定を受けたのが22歳のときでした。

そこから一念発起し大学へ入学し、ストレートで卒業は出来たのですが、当時の不景気もあり新卒の年齢ではない私は100社近くから採用試験を落とされてしまい、無職という形で26歳となってしまいました。

卒業後ハローワークに通い、いくつのか面接を受けましたが、やはり年齢を理由に落とされてしまい、先が見えない状況で、正直自殺も考えました。

母子家庭であり、経済的でも豊かでない為、最後の手段として活用してみようと思ったのが民間の転職サイトであり、私はその中でもマイナビエージェントを使用させて頂きました。

1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉施設の求人と出会う

マイナビエージェントではエージェントの方がまめに対応をして下さり、私の本来の適性にあった職場を勧めて下さりました。そこで出会ったのが福祉施設の相談員の求人でした。

私は元々、福祉に興味がなく、就職活動においても、福祉業界を考えたことなく、ただ一般企業の事務や公務員という形で考えていたので、エージェントの提案は衝撃でした。

福祉施設といえば介護員の印象が非常に強いですが、そこでは運営する以上、事務や相談員といったスタッフも必ずいるとのことでした。

実際そうした事に気付く学生は当時は少なく、いくつもの施設で事務員や相談員の求人を出していました。エージェントの勧めに応じ、私はいくつかの施設様を見学させて頂きました。その中で聞ける部分は自ら確認し、聞きにくい待遇面等はエージェントを通すことで先方と軋轢を生むことなく、条件面を整理して求人を絞ることができました。

求人を絞ったら、次は履歴書や面接の練習を行いました。福祉施設では企業と異なり、ヤル気や経営ビジョンより、暖かな人間性理念に基づいて利用者に相対することができる心を重視されるとエージェントから教えられ、それを元にこれまでと異なった形で履歴書を書き、それに基づいて面接の練習も行いました。

小論文も同様な観点で練り直し、テーマをいくつか絞りました。そして、準備が整った上で、先方に連絡をして履歴書を提出し、面接の日程が決まりました。

面接と小論文を無事通過し、27歳無職がついに就職!

試験は面接と小論文でした。会場に通されると、まず個室で小論文を一時間書きました。テーマは「高齢者を支援するにあたって大切にしていることは何か」という内容で600字程度で時間は一時間でした。事前に準備をしていた為、つまることはなく、書くことはできました。

その後は昼休憩を挟んで、面接となりました。面接は理事長、施設長、事務長の3人と相対する個人面接でした。軽い雑談ののち、志望動機、自己PR、高齢者と接したことがあるか、家族のことをいくつか聴かれ、30分程度で終了しました。企業の面接と異なり、圧迫した空気や奇をてらった質問はほとんどなく、正直拍子抜けした気分でした。

面接終了後3日程度で書面にて採用の通知を頂き、晴れて正職員として次の月から採用されることになりました。私はこの施設の一社のみを受け内定を頂いたので、その時点で就職活動は終了しました。

まとめ

私はエージェントに薦められ、業界を変更したことによって内定を得ることが出来ました。学生の中には印象が悪い業界は最初から外してしまい、端から考えることもないといった傾向があります。そういった業界の中でも新卒を大事に育てて、待遇も悪くない職も決して少なくないので、幅広く就職活動をして頂ければと思います。

また、私のように既卒ですと情報収集の場が限られる為、転職のエージェントは活用するべきといえます。私はマイナビエージェントを使用しましたが、他にも多くの転職サイトがありますので、ご検討頂ければと思います。

業界を絞り過ぎず、活用できるものは遠慮なく活用することが正職員として就職することができる近道かと私は思いました。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

パワハラで34歳無職になり絶望!転職サイトで給与・人間関係共に良い営業職に再就職できるまで

私は、34歳のときに1年間無職をしていました。無職になったきっかけは、前職の営業でパワハラを受けたことです。 挙句の果てに、配置転換という名のいわば左遷のような仕打ちを受けました。 印刷業界で営業マン …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

31歳職歴無しニートがパソコン入力のバイトから会計事務所の正社員になった話

私は現在37歳の男性ですが、31歳まで職歴が無くニート状態でした。 私の家は、とても裕福といえるほどではありませんでした。 しかし、両親共働きで、どちらかというとお金には不自由していない家庭だったと思 …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …