未分類

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

投稿日:

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。

なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。

しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。

 そこで、アルバイトと派遣の違いやそれぞれのメリット、デメリットをお伝えしていきます。

アルバイトと派遣の違い

 アルバイトは、働く会社に直接雇用されることを言います。

アルバイトはフルタイムで働く場合や、短時間勤務の場合があります。

それに対して派遣とは、派遣会社に雇用され、働く会社に一定期間派遣されて仕事をすることを言います。

 派遣には他にも、派遣会社に正社員として雇用され、様々な会社に派遣されて仕事を行う常用型派遣や、一定期間を過ぎると働いている会社に直接雇用される紹介型派遣というのもあります。

アルバイトのメリット

 アルバイトのメリットとして、自分で働く時間や曜日を選べるということです。

事前に希望休の有無について確認するので、自分の用事に合わせて休みを取ることができます。

また、頑張り次第で正社員になることも可能です。

派遣のメリット

 派遣のメリットとして、自分で働ける場所を選べるということです。

例えば「家から近いところで働きたい」「土日休みのところで働きたい」などの要望に沿った仕事を紹介してくれます。

 加えて、定時で帰れる職場が多いというのも特徴です。

正社員やアルバイトの場合だと、仕事が終わらないと残業になってしまう場合もあります。

しかし派遣の場合は定時きっかりに上がれるので、仕事とプライベートを両立しやすいです。

アルバイトのデメリット

 アルバイトのデメリットとして、責任のある仕事を任せてもらえない場合があるということです。

アルバイトはあくまで補助的な役割なので、同じ仕事をしていても正社員の方が優位になってしまいます。

また、給料面でも正社員に比べて低いので、モチベーションの維持が難しいです。

派遣のデメリット

 派遣のデメリットとして、雇用期間が満了になると、契約を打ち切られるということが挙げられます。

また派遣は基本的に時給なので、長期間の休みに入ってしまうと、収入が少なくなってしまいます。

 加えて、派遣はボーナスがないです。

なので、突然の出費に対応できない場合があります。

アルバイトと派遣、どちらで働くのがよいか

 これまでアルバイトと派遣の特徴をお伝えしました。

その上で、どちらで働くのがを考える基準の1つとして、「今後自分はどんな生活を送りたいのか」を考えながら決めることがオススメです。

 例えば、「今後自立した生活を送りたい、でもすぐに働くのは不安」という人は、まずはアルバイトから始めてみましょう。

働きながら自分のやりたい仕事を見つけていくという方法もありますし、その会社で正社員として働いていくという方法もあります。

 また、「資格を取る為に学校に行きたい」と考えている人は、お金が貯まるまで派遣として働くという方法があります。

現在は定時制や通信制の学校が多くなっています。

なので、働きながら勉強するというやり方も可能です。

そんな人には、時間に融通がきく派遣という働き方がオススメです。

まとめ

 いかがでしょうか。

アルバイトや派遣にはそれぞれ特徴は異なれど、「仕事をしてお金をもらう」ということに変わりはありません。

なので、真面目に取り組む姿勢を心がけることが大切です。

 ニートの中には、「正社員として働いていなければ、仕事をしているとは言えないのではないか」と考えている人もいます。

しかし、自分の生活の為に仕方なく正社員をやっている人、他にやりたいことがあるから望んで非正規雇用を選んだ人と、世の中には様々な人がいます。

 重要なのは、「自分がやりたいことをやる」ということです。

仕事を探すときは、是非そのことを思い出してください。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

ニートの多くは、ホワイト企業へ就職できるのだったら働いてもよいと考えているのではないでしょうか。 しかし、ホワイト企業は、ニートに限らず人気の高い企業ですので、競争率が非常に高く、ニートには狭き門とな …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。 社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。 また、年齢が高くなればな …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

ニートが知っておくべき正しい会社選びの方法と意外と忘れがちな落とし穴

人生において就職活動を行っている時間はあまりにも短いです。 なので長い期間社会人として働いていても求人の情報を鵜呑みにしてしまい、失敗してしまう事も少なくありません。 ということで、今回の記事では就職 …