ニートの就活のやり方

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

投稿日:2017年5月31日 更新日:

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか?

ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑屈になってしまっているニートが数多くいます。

しかし、実際はニートから正社員になった人は数多くいます。

そこで、本記事では、ニートから正社員になるにはどうすればよいのかを20代、30代別にご紹介します。

20代ニートは若さで勝負

ニートから正社員になるにあたって、一番の武器は若さです。

たとえニート期間があったとしても、若ささえあれば、それだけで就職できる可能性があります。

若いと言えるのは、20代までです。

20代であれば、まだまだ伸びしろが大きく、新しい知識も貪欲に吸収できる、と企業は考えています。

また、年功序列の企業では、若ければ若いほど安い労働力として雇うことができますので、20代を魅力的に感じており、職歴なしのニートでも十分に正社員として採用される可能性があります。

若さだけでは不安かもしれませんが、20代では職歴が無い人はニートだけではありません。

資格試験の合格を目指して勉強を続けてきた人や、フリーターをし続けてきた人など、職歴が無い人はそれほど珍しくありません。

そうした事情もあり、若さだけで勝負できるのです。

30代ニートなら業界を絞る

30代以降のニートは、どの業界でも自由に行けるわけではありません。

職歴なしのニートには門戸を閉ざしている業界も多いです。

業界の選択肢を広げたいのであれば、アルバイトや契約社員といった非正規雇用からスタートするのが良いでしょう。

すぐにでも正社員になるのであれば、入りやすい業界を選ぶしかありません。

例を挙げれば、清掃員や工場のライン作業、インバウンドのコールセンターなど特別な技術が必要のない単純作業が主な仕事であったり、飲食業界やIT業界、介護業界に運送業界と人手不足に悩まされている業界であれば、正社員への道を開くことができます。

ニートの就活はひたすら応募し続けることが大事

20代にしろ、30代以降にしろ、苦労するのは書類選考です。

ニートでも正社員での採用は可能ですが、職歴のある人と比べられてしまえば、やはり負けてしまいます。

資格取得などで履歴書を充実させれば書類選考を通る確率は上がるものの、それでも確実とは言えません。

ですので、ひたすら応募し続けることが大切になっていきます。

気に入った求人を見つけ次第応募し、その結果が出る前に次の求人の応募をしていくといった風に、どんどん応募していく日々が続きます。

ニートの就職活動は長期化することが多く、一年以上かかることも珍しくあります。

それだけの期間、応募し続けるだけのバイタリティが必要となります。

リクナビNEXTで求人を探そう

ニートが正社員として就職するには、とにかくたくさんの求人に応募していかなくてはなりません。

ハローワークの求人は玉石混交であり、カラ求人も多く含まれているので、時間を無駄にする可能性が高く、おすすめできません。

ニートであっても、求人サイトに登録することをおすすめします。

数ある求人サイトの中でも、おすすめはリクナビNEXTです。

リクナビNEXTが掲載している求人数は業界トップですので、数多くの求人に応募する必要のあるニートには最適と言えるでしょう。

また、未経験者を歓迎する求人も数多く掲載されていることも嬉しいところです。

スカウト機能があることもおすすめできる理由の一つです。

スカウト機能とは、企業側が登録された経歴や希望条件を確認して、オファーのメールを出す機能です。

企業側はニートであることを分かった上でアプローチしてくるので、内定をもらえる可能性が格段に高くなります。

また、自分の想定していなかった業界とも出会えるので、選択の幅が広がります。

リクナビNEXTは登録無料ですので、すぐにでも登録することをおすすめします。

>> リクナビNEXT

まとめ

ニートが正社員になる事は決して不可能ではありません。

根気強く就職活動を続ければ、必ずや結果が出ますので、諦めずに頑張りましょう。

-ニートの就活のやり方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。 そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。 しかしどのように就職 …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …

30代から楽な仕事に転職するためには?具体的な方法やコツを紹介

20代の頃はがむしゃらに働いて、30歳を過ぎた中堅になれば、どんどん給料も地位も上がっていって余裕も出てくる。 だから辛いこともあるけど頑張って働いていたのに、いざ30歳になってみると、給料は全然上が …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

新卒で退職するときに知っておきたいポイントをまとめて解説!

厳しい入社試験を突破してせっかく就職が決まっても、数か月~数年内に退職する新卒者は少なくありません。退職の原因は人間関係、給与、仕事内容などさまざまです。 もし新卒で入社した会社の退職を考えている人は …

仕事が見つからない20代の人への具体的な4つのアドバイス

仕事探しに難航しているという20代の人もいるでしょう。 就職というのは、社会的要素で重要な部分なので、不安が肩にのしかかっている状態の人も多いかと思います。 という訳で、仕事が見付からない20代の人に …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 「時代が俺に …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …