ニートの就活のやり方

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

投稿日:2017年5月31日 更新日:

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか?

ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑屈になってしまっているニートが数多くいます。

しかし、実際はニートから正社員になった人は数多くいます。

そこで、本記事では、ニートから正社員になるにはどうすればよいのかを20代、30代別にご紹介します。

20代ニートは若さで勝負

ニートから正社員になるにあたって、一番の武器は若さです。

たとえニート期間があったとしても、若ささえあれば、それだけで就職できる可能性があります。

若いと言えるのは、20代までです。

20代であれば、まだまだ伸びしろが大きく、新しい知識も貪欲に吸収できる、と企業は考えています。

また、年功序列の企業では、若ければ若いほど安い労働力として雇うことができますので、20代を魅力的に感じており、職歴なしのニートでも十分に正社員として採用される可能性があります。

若さだけでは不安かもしれませんが、20代では職歴が無い人はニートだけではありません。

資格試験の合格を目指して勉強を続けてきた人や、フリーターをし続けてきた人など、職歴が無い人はそれほど珍しくありません。

そうした事情もあり、若さだけで勝負できるのです。

30代ニートなら業界を絞る

30代以降のニートは、どの業界でも自由に行けるわけではありません。

職歴なしのニートには門戸を閉ざしている業界も多いです。

業界の選択肢を広げたいのであれば、アルバイトや契約社員といった非正規雇用からスタートするのが良いでしょう。

すぐにでも正社員になるのであれば、入りやすい業界を選ぶしかありません。

例を挙げれば、清掃員や工場のライン作業、インバウンドのコールセンターなど特別な技術が必要のない単純作業が主な仕事であったり、飲食業界やIT業界、介護業界に運送業界と人手不足に悩まされている業界であれば、正社員への道を開くことができます。

ニートの就活はひたすら応募し続けることが大事

20代にしろ、30代以降にしろ、苦労するのは書類選考です。

ニートでも正社員での採用は可能ですが、職歴のある人と比べられてしまえば、やはり負けてしまいます。

資格取得などで履歴書を充実させれば書類選考を通る確率は上がるものの、それでも確実とは言えません。

ですので、ひたすら応募し続けることが大切になっていきます。

気に入った求人を見つけ次第応募し、その結果が出る前に次の求人の応募をしていくといった風に、どんどん応募していく日々が続きます。

ニートの就職活動は長期化することが多く、一年以上かかることも珍しくあります。

それだけの期間、応募し続けるだけのバイタリティが必要となります。

リクナビNEXTで求人を探そう

ニートが正社員として就職するには、とにかくたくさんの求人に応募していかなくてはなりません。

ハローワークの求人は玉石混交であり、カラ求人も多く含まれているので、時間を無駄にする可能性が高く、おすすめできません。

ニートであっても、求人サイトに登録することをおすすめします。

数ある求人サイトの中でも、おすすめはリクナビNEXTです。

リクナビNEXTが掲載している求人数は業界トップですので、数多くの求人に応募する必要のあるニートには最適と言えるでしょう。

また、未経験者を歓迎する求人も数多く掲載されていることも嬉しいところです。

スカウト機能があることもおすすめできる理由の一つです。

スカウト機能とは、企業側が登録された経歴や希望条件を確認して、オファーのメールを出す機能です。

企業側はニートであることを分かった上でアプローチしてくるので、内定をもらえる可能性が格段に高くなります。

また、自分の想定していなかった業界とも出会えるので、選択の幅が広がります。

リクナビNEXTは登録無料ですので、すぐにでも登録することをおすすめします。

>> リクナビNEXT

まとめ

ニートが正社員になる事は決して不可能ではありません。

根気強く就職活動を続ければ、必ずや結果が出ますので、諦めずに頑張りましょう。

-ニートの就活のやり方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

20代ニートの主な退職理由と具体的な3つの背景

人によって好みや価値観も千差万別ですよね。 それと同様、ニートの人が、何故ニート生活を送っているのかという理由は千差万別なわけです。 なので多少人により異なってくる箇所はあるとは思いますが、ここでは2 …

中小、大手企業への転職それぞれのメリット・デメリットを紹介

転職を考える理由も様々ですが、中小企業から大手企業へ転職をしたいと考える人もいれば、大手企業から中小企業への転職をしたいと考える人もいると思います。転職理由の動機はそれぞれですが、大手企業と中小企業の …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

既卒1年目での失敗しない就職活動の始め方、受け入れやすい業界、求人サイトの紹介

近年の労働環境は少子高齢化が原因で若い働き手が足りず、転職市場は売り手市場などと言われています。 ですが実際のところ内定を貰えずに卒業を迎えてしまう学生さんや、内定を頂き働き始めたは良いものの、さまざ …

ニートがバイトに受からない4つの原因と対処方法

アルバイトを始めて社会復帰しようと考えているニートは数多くいると思います。 その中には、実際にアルバイトへ何度か応募したものの全て落ちてしまい、落ち込んでしまっている人もいることでしょう。 本記事では …

はじめの一歩!ニートの就活のやり方、手順

  ニートの時期を過ごしてきて、いよいよ就職活動をしようという気持ちや体調、状況になったときに大切となる心構えや、おすすめの手順・方法を具体的にみていきます。 目次自分の強みを知ろうあなたの得意なこと …

初めてハローワークに行くニートの人が知っておくべきこと

働く意欲が湧いてきたことを周りに告げたら、「ハローワークへ行ってみたら?」と言われた人もいるのではないでしょうか。 ハローワークへ行ってみようと考えているけれど、実際ハローワークってどんなところだろう …

ニートの復帰は無理?バイトと正社員はどっちからがいい?おすすめの仕事

ニート生活を経てからの社会復帰、となると「まずはアルバイトから肩慣らししたほうが良いのかな」など、様々な不安や疑問が頭をよぎると思います。 ニート生活で趣味として武道や格闘技をやっていたなど、何か力の …

転職活動時でのIT系ブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、主に、労働基準法を守っていない会社のことをいいます。 せっかく転職するのであれば、無給労働やパワハラが横行しているような会社には、入社したくないですよね。 しかし、求人には時期的な縁 …