ニートの就活のやり方 未分類

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

投稿日:2017年6月19日 更新日:

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。

しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。

本記事では、バイトが恐いニートは何から始めるべきか、についてご紹介していきます。

1. バイト体験談などを読んで具体的な仕事内容を知る

バイトが恐いニートは、バイトではどんな仕事をするのだろうか、自分にもできる仕事だろうかと心配に思っていることでしょう。

求人誌やネットのバイト求人を見ても、具体的にどんな仕事なのかは分からないので、不安に思って当然です。

しかし、ちゃんと仕事内容がわかれば、自分に向いているか判断できますので、不安も和らぐでしょう。

ネット上には、様々なバイト体験談が掲載されています。

求人票を見て興味を持ったバイトがあれば、その業界のバイト体験談を見てみましょう。

その際、仕事の内容だけを確認することにしましょう。

人間関係といった感情が絡む部分の体験談は個人によって感想が大きく異なりますので参考になりません。

具体的な仕事内容だけ読み取ることができれば十分です。

また、飲食店や小売店といった外からも仕事が見えるバイトに興味を持ったならば、実際に店舗に行って店員の動きを観察しましょう。

表に見える仕事が全てではありませんが、店員の仕事ぶりを見ることで実際に働くイメージが沸きやすくなります。

加えて、応募して面接をする段階では、店舗での仕事を見学したことは志望動機に成り得ます。

2. ニートからのバイト面接は落ちて当たり前だと考える

自分はニートだから応募してもどうせバイトには落ちてしまうだろうと悲観的に考えていませんか?

バイトに落ちると、人格を否定されているような気持ちになってしまいますよね。

そういうニートに知っておいて欲しいのは、バイトは落ちて当たり前ということです。

それはニートだからというわけではなく、高学歴でも同じことです。

もちろん、履歴書や面接の不備で落ちることもあります。

しかし、面接が上手くいったとしても、入れるシフトの頻度や曜日、男女比、年齢構成などで落ちてしまうことがよくあります。

自分のせいではなく、バイト先側の都合ということも多いのです。

ですので、落ちることを前提にバイトの応募をしましょう。

明らかに自分に不備があった場合は別として、落ちてしまっても運が無かったくらいに受け止めましょう。

3. 面接の対策をしっかりしよう

バイトの応募に不安を感じるニートの最大の壁は面接でしょう。

面接というのは自分を品定めされているように感じて、苦手に思う人がほとんどです。

どんな質問が来るのか、上手く受け答えできるだろうかと怯えてしまうことでしょう。

しかし、バイトの面接で聞かれる質問はそれほど多くありません。

それぞれの質問に対して、あらかじめどう答えるかを考えておけば、面接本番ではスムーズに答えることができます。

面接とは、その場で答えをひねり出すものではなく、事前に答えを考えておくものだと理解しておきましょう。

志望動機は簡単でOK

よく聞かれる質問の1つ目は志望動機です。

バイトの場合、堅苦しい答えは必要ありません。

家から近く通いやすいため、以前から利用しており興味を持ったので、このお店の商品が好きなので、といった簡単なもので十分です。

長所・短所は言い方を変える

2つ目は、自分の長所短所です。

長所はそのバイトで活かせるものを選ぶと良いです。

接客業であれば、明るい、我慢強い、工場であれば、集中力がある、手先が器用といったようなことが挙げられます。

短所は、長所の別の言い方で考えるとよいでしょう。

長所が気が利くであれば、短所はおせっかい。

集中力があるであれば、短所は周囲が見えなくなることがある、といったような形で話すと長所と短所が矛盾することがなく、理解されやすいです。

シフトは多ければ有利

3つ目は、シフトです。

店側からすると、週に何回入れるのか、どの時間帯に入れるのかということが一番知りたいことです。

ニートと言えども、家庭の事情や、資格勉強などで毎日働けるわけではないでしょう。

ちゃんと自分の都合を伝えることは大切ですが、多くのシフトに入る事ができることを示すと、バイトは合格しやすくなります。

まとめ

以上、バイトが恐いニートは何から始めるべきかについてご紹介しました。

ちゃんと準備すればバイトは怖いものではありません。

本記事を参考にして準備した上で、バイトにチャレンジしてみてください。

-ニートの就活のやり方, 未分類

執筆者:

関連記事

30代から楽な仕事に転職するためには?具体的な方法やコツを紹介

20代の頃はがむしゃらに働いて、30歳を過ぎた中堅になれば、どんどん給料も地位も上がっていって余裕も出てくる。 だから辛いこともあるけど頑張って働いていたのに、いざ30歳になってみると、給料は全然上が …

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

ニートから再就職時の履歴書の書き方、面接の自己PR方法

一度就職したものの、退職してニートになってしまった人は数多くいます。 やがて、再就職に向けて動き出すことがほとんどですが、その心中は不安なことばかりかと思われます。 履歴書の書き方や面接での受け答えな …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

ニートが就活で不採用になりやすい4つのケースと対処方法

 ニートから脱出しようと就職活動を行っても、不採用となるケースが多いですよね。 学生時代は就職をサポートしてくれる先生や相談できる友人がいますが、ニートになると交流も少なくなるので、相談できる人もいな …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

高学歴ニート女性の特徴2つとおすすめの仕事3選

ニートには男性が多いイメージがありますが、実際には男女比は1対1で、女性のニートも数多くいます。 さらに、大学進学率が上昇していくにつれて、高学歴のニートもどんどんと増えています。 女性も高学歴も世間 …