ニートの就職体験談

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

投稿日:2016年12月21日 更新日:

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたきっかけを書きたいと思います。

気持ちと体力の両方が整ったから

どれだけ焦ってもだめだった

 ニートである間に毎日を明るい気持ちで過ごしてきたという人は、おそらく少数派ではないかと感じています。

仕事をしていない自分に引け目を感じてしまい、社会や家庭に居場所があって年齢相応に活躍している友達や兄弟などに、置いて行かれたような気持ちに深く苛まれた人が多いのではないでしょうか。

私がそうでした。

そして、内面で自分を責めて、毎日焦っていました。

けれども、今振り返って思うのは、焦っても焦っても、その気持ちだけではニートから脱出できなかったということです。

きっかけは友達とのつながりから

 ニートであった毎日は、図書館に通ったり、自宅でDVDを観たりの孤独な毎日でした。

そういった日々が続く中、そういった気持ちでも会えるごく少数の友達と会ったり、家に手紙が届いたりということが、何か風穴を開けてくれたというか、世の中とのつながりを運んでくれたと思います。

孤立しないということは、大きなことだと今感じています。

体力と気持ちが整った

 そんなある日、自分の中から、誰に言われたわけでもなく、「外の世界と関わりを持ちたい」という気持ちが芽生えてきました。

体力と気持ちの両方が整った時期が、訪れたのだと思うのです。

ボランティアをはじめてみた

就活に焦る気持ちをひとまず置いて

ニートの状態を情けなく感じる気持ちをひとまず横に置けたのは、今思えば不思議です。

ですが、それは、就職しなければという焦る気持ちを横に置いておくステップが、実は本当にこのとき必要だったからだと思います。

社会に再び出て、お給料をもらって人と接することは、当時の私にはハードルが高く感じられました。

それでも、人と関わりたい!と感じた気持ちが、自分でとても嬉しかったのです。

社会福祉協議会へ行き、ボランティア登録

住まいの自治体に一つずつあるのが社会福祉協議会です。

図書館によく行っていた私は、社会福祉協議会の発行するチラシから、ボランティアという形によっての社会との関わり方があることを知りました。

そこで、社会福祉協議会の窓口へ行き、「今、自分は仕事をしていないけれども、ボランティアがしてみたいです」と素直に職員さんに話してみました。

このときの私の思いをそのまま受けとめてくださったスタッフの方のおかげで、私は人の中で、ボランティアを始めることができたのでした。

家族と友人の温かな存在が、いつも近くにありました

安心できる人に囲まれていることの、ありがたさと大事さ

再び私が外に出て人と関わり、そしてもう一度今のように仕事ができるようになるまで、両親が信じて待ってくれたことが、何よりこの頃の私を励ましてくれました。

友人についても同じで、これは言葉はおかしいですが、生涯交際のできる友人を自分ではもちろん意図せず、運命がふるいにかけているような時期でもありました。

ニートであるが、私である

私という人間の、ニートという社会的におかれた状況でなく、私という人間そのものを、この時期に私の周りにいてくれた人々は、いつでも見てくれていたのです。

日々、社会の中で大変なことは、彼らにもそれぞれきっといつだってあっただろうに優しく、ただ何も求めず責めず私のそばにいてくれた人々の存在と温かさがあったからこそ、今の私があると思っています。

お伝えしたいのは、「仕事をしなければ!」という、焦る気持ちを時には脇に置いて、今、自分が無理なくできそうなことから、人との関わりをスタート、あるいは再スタートすることには大きな意義があるということです。

長い人生から見れば、準備の整わない自分に鞭打って仕事を始めることよりも、人との信頼というものを自分の中に取り戻すことのほうが、実は意味は深いと言えることがあると思います。

どうか焦らないで、そしてあきらめないでほしいと、今読んでいらっしゃるすべての方に、心からお伝えしたい思いです。

-ニートの就職体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

私は、25歳の女です。 この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。 私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人 …